FC2ブログ

南方熊楠 子孫

南方熊楠(民俗学者)家系・子供


父:弥兵衛(世界一統(南方酒造)創業者)
母:すみ
兄:藤吉(家督を継ぎ弥兵衛を名乗る)
姉:くま(東京小石川の垣内家に嫁ぐ)
弟:常楠(世界一統第2代社長)
妹:藤枝(16歳で夭折)
弟:西村楠次郎

妻:松枝(闘鶏神社の社司・田村宗造の四女)

長男:熊弥
長女:文枝

※長男の熊弥、長女の文枝ともに子がいなかったため、熊楠直系の子孫は途絶えた

※熊楠の実弟である常楠の家系は、世界一統という造り酒屋として現在も続いている


■熊楠は子供の頃から、驚異的な記憶力を持つ神童だった

■また常軌を逸した読書家でもあり、蔵書家の家で100冊を超える本を見せてもらい、それを家に帰って記憶から書写するという卓抜した能力をもっていた

■英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語に長けていた他、漢文の読解力も高く、古今東西の文献を渉猟した



略歴
■南方熊楠(みなかた・くまぐす)
【1867年~1941年】日本の博物学者、生物学者、民俗学者。1867年5月18日、和歌山県に生まれ、東京での学生生活の後に渡米、さらにイギリスに渡って大英博物館で研究を進めた。多くの論文を著し、国内外で大学者として名を知られたが、生涯を在野で過ごした
スポンサーサイト



絢子 家族

絢子(皇族)家系


曽祖父:第123代大正天皇

父親:高円宮憲仁親王
母親:高円宮妃久子

姉:承子女王
姉:典子(出雲大社権宮司・千家国麿に嫁ぐ)


■第125代今上天皇の皇従姪にあたる

■2018年6月、日本郵船に勤務の守谷慧(もりや・けい)さんとの婚約を発表

■お二人は絢子さまの母、高円宮妃久子さまの紹介で知り合った

■久子さまは守谷さんの母親が専務理事を務め、途上国の子供たちを支援するNPO法人「国境なき子どもたち」の関連行事に毎年参加し、親交が深かった。守谷さんはその後、同NPO理事に就任

■久子さまは福祉を学ぶ絢子さまが国際的な福祉活動に興味を持つきっかけになればと、守谷さんを紹介した



略歴
■絢子女王(あやこじょおう)
日本の皇族。高円宮憲仁親王と同妃久子の第3女子。第123代大正天皇の皇曾孫。第125代今上天皇の皇従姪。姉に承子女王、千家典子がいる。1990年9月15日生まれ。松濤幼稚園に通い、学習院初等科、女子中等科を経て、2009年3月に学習院女子高等科を卒業。城西国際大学大学院の修士課程を修了

西野朗 家族

西野朗(サッカー)家系・子供





妻:美佐子(一般人)
子供:2人

親戚:久米宏(フリーアナウンサー)


■2018年6月23日、久米宏がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜・後1時)で、「西野朗という人は実はボクの親戚なんです」と発言。「ちょっと遠い親戚なんですけど。あまり会ったことないんですけど、親戚であることは間違いなくて、向こうもどうやら知っているんです」とのこと


■身長182cm


略歴
■西野朗(にしの・あきら)
日本のサッカー選手、サッカー指導者。1955年4月7日生まれ。埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。現役時代の主なポジションはミッドフィールダー(MF)。FIFAワールドカップロシア大会で日本代表を率いた。Jリーグ1部の監督として通算勝利数270は歴代1位である。著書『挑戦―ブラジルを破るまでの軌跡』『勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント』

穴見陽一 家族

穴見陽一(衆議院議員)家系・子供


叔母:児玉幸子(アメイズ副社長)

父:穴見保雄(ジョイフル創業者)
弟:穴見賢一(アメイズ社長)

妻:くるみ(2012年、ジョイフル社長)


■株式会社ジョイフルは、本社を大分県大分市に置き、九州を中心にファミリーレス
トラン「ジョイフル」をチェーン展開するチェーンストアを子会社に持つ持株会社である

■株式会社アメイズは、大分県大分市に本社を置くホテル運営会社である

■身長186cm

■血液型A型

■政治理念
「私は、楽をして生きていける道は存在しないと思っています。政治家もこれまで蓄積した負の遺産を、一朝に帳消しに出来る魔法が存在するかのごとき言葉を並べ立てています。しかし、私はもう一度、日本が堅実な生き方を取り戻すべきだと信じています」


略歴
■穴見陽一(あなみ・よういち)
日本の政治家。衆議院議員。ジョイフル社長歴任。1969年7月24日生まれ。大分県佐伯市出身。大分県立大分上野丘高等学校卒業、一浪後入学した法政大学経済学部を3年で中退。大学時代、幸福の科学の学生部に所属。1994年に父が経営するジョイフルに入社。2003年3月に父の後を継いでジョイフル社長に就任。2012年、衆議院議員選挙初当選

阿刀田高 家族

阿刀田高(小説家)家系・子供


大叔父:
伯父:阿刀田令造(西洋史学者。第二高等学校9代校長)

父:宮城県仙台市の出身
母:宮城県仙台市の出身

姉:肺結核で亡くなる
弟:早世

妻:慶子

子供:息子2人、娘1人
息子:阿刀田寛(日本経済新聞の記者)


■1935年1月13日、東京で男1人、女3人、その後に生まれた双子の兄として生まれる

■生後1年もたたないうちに阿刀田は風を引き、それが弟に移って弟は早世した


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■阿刀田高(あとうだ・たかし)
日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。1979年 『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞。1995年 『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞。2009年旭日中綬章受勲。著作:『冷蔵庫より愛をこめて』『ユーモア一日一言 笑いと教養のオアシス』『江戸ぽるの 古川柳と小咄の世界』『ミッドナイト物語』『安土城幻記』『佐保姫伝説』『甘い闇 阿刀田高傑作短編集』『アンブラッセ』など。1935年1月13日、東京で生まれる
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる