FC2ブログ

山東直砥 子孫

山東直砥(教育者)家系・子供


子孫:山東昭子(参議院議員。女優)


■山東直砥(さんとう・なおと)は紀伊出身の教育者・官僚で同郷の陸奥宗光の懐刀と呼ばれた

■山東は紀伊で生まれ、12歳の頃に高野山で仏門に入った後、学問に目覚める。その後、北の交易の玄関口だった函館で役人として勤務。ロシア語を勉強し、物産方として輸入業務にも携わる

■日本で初めて西洋バラを輸入したこともある

■函館に赴任したことを機に長崎に赴き、坂本龍馬と出会う。龍馬が立ち上げた『海援隊』の裏方として、連絡・調整役を担った

■龍馬との交流は5ケ月ほどであったが、山東は龍馬を通じて、後藤象二郎、陸奥宗光らに出会う

■山東は函館の役人を辞した後、東京で北門社新塾を運営、さらに神奈川県知事に就任した陸奥宗光の推薦で、横浜に役人として赴任

■横浜は最重要港湾の一つ。政府や外国との交渉・調整役を担う。神奈川県副知事に

■1875年、役人生活に見切りをつけ、出版にのめり込む。英語の辞書などを刊行

■陸奥宗光が亡くなったときには、葬儀を仕切った


略歴
■山東直砥(さんとう・なおと)
【1840年~1904年】幕末、明治時代の教育者。陸奥宗光の懐刀
スポンサーサイト



モフタル・リアディ 家族

モフタル・リアディ 家系・子供
(リッポー・グループ創業者)



先祖:木工職人

祖父:福建省に住んだ。大地主
祖母:賢かったので村人から一目置かれた

父:李亜美(布地店を経営)
母:一番下の娘を生んだ後に亡くなる
姉が4人(全員中国生まれ)
妹が3人

妻:李麗梅(華人)

子供:6人(男3人。娘3人)
次男:ジェームズ(李白)。リッポー銀行を経営
三男:スティーブン(李棕)。香港のリッポーGを経営

孫:ジョン・リアディ


■モフタル・リアディは1929年5月12日、オランダ領東インドのジャワ島で生まれた。そのころインドネシアという名前の国は存在していなかった。ジャワ島東部にある高原地帯のマラン地方が故郷になる。中国名は李文正

■インドネシアでリッポーという企業を創業し、アジアから米国に広がるグローバル企業に育て上げた

■リッポー・グループは土地開発事業と情報通信事業を中核に衣食住に関する、スーパー、百貨店、書店、コーヒーショップ、劇場、映画館、学校、病院などを手がける

■リッポーは漢字では『力宝』と書く


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■モフタル・リアディ
インドネシアの財閥、実業家。インドネシアのリッポー・グループの創業者。リッポー・グループはインドネシアの華人財閥では5指に入る。1929年5月12日、インドネシアで生まれる。リッポー・グループは中国・福建省にルーツを持つモフタル・リアディ氏が銀行を中核に創業した。1970年代から米国や中国に進出したが、アジア通貨危機で経営難に陥り、不動産に軸足を移した。以降、小売り通信事業、劇場、学校、病院など都市生活に欠かせないサービを行う
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる