fc2ブログ

堀藤十郎 子孫

15代堀藤十郎(銅山王)家系・子供


父:堀伴成
弟:昌造(しょうぞう)


親戚:西郷隆盛


■堀氏は、近世初期から近代にかけて、笹ヶ谷銅山などの採掘に従事した銅山師の家系である

■特に、第9代堀藤十郎伴義(1739年~1806年)は笹ヶ谷銅山の経営における堀氏の主導的な地位を築き、津和野の白石川沿いに主屋をはじめ堀氏住宅の主要建築群を建造した

■また、第15代堀藤十郎礼造(1853年~1924年)は近辺の鉱山を次々と購入して経営を拡大し、「楽山」と号して主屋の隣地に数寄屋建築や庭園を構えたほか、その近辺に鉱山開発に関わった労働者や住民のための病院などを整備した



略歴
■堀藤十郎(ほり・とうじゅうろう)
【1853年~1924年】日本の実業家。中国の銅山王。石見(いわみ)水力電気をおこすなど石見地方の発展につくした。石見(島根県)出身
スポンサーサイト



山折哲雄 家族

山折哲雄(宗教学)家系・子供


伯母:遠野市の曹洞宗の寺に嫁す
祖父:大垣市の農家
祖父:西本願寺派に属する末寺

父:時雄(僧侶)
母:いさむ(岩手県花巻市出身)
弟:昭麿(3歳下)
弟:
弟:

妻:信子(宮城学院女子大学出身)

長男:大


■1931年5月11日、サンフランシスコで生まれる

■父親が浄土真宗西本願寺派の海外開教使になりたての頃、母親と結婚。直後に3等船客として太平洋に渡った。そのため、サンフランシスコで生まれる

■父親は大垣市在の没落農家の7男

■母親の生家は西本願寺派に属する小さな末寺で3人姉妹のまん中


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■山折哲雄 (やまおり・てつお)
日本の宗教学者、評論家。専攻は宗教史・思想史。国際日本文化研究センター名誉教授。国立歴史民俗博物館名誉教授、21世紀高野山医療フォーラム副理事長、総合研究大学院大学名誉教授、平城遷都1300年記念事業評議員。教育改革国民会議委員。角川財団学芸賞、和辻哲郎文化賞、山本七平賞選考委員
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる