fc2ブログ

田野啓子 家族

田野啓子(大口病院)家系


父:
母:
夫:
子供:


略歴・経歴(プロフィール)

■田野啓子(たの・けいこ)

■日本の医師

■大口病院

■日本内科学会総合内科専門医

■日本老年医学会専門医

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢歳(2016年)

■出身地:

■出身中学

■出身高校

■出身大学

■日本内科学会総合内科専門医

■日本老年医学会専門医

■大口病院でいている

■名称:特定医療法人財団 慈啓会 大口病院

■住所:〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通130

■院長:髙橋洋一

■診療科目:内科、整形外科、小児科、リハビリテーション科

■病床数:85床 (一般42床、療養43床)

■休診日:木、日、祝日、年末年始(12/30~1/3)

■内 科― 老年科・神経内科 ―

■当科では、主に老年期における慢性的疾病や長期進行性の神経難病等を対象としている

渋沢成一郎 子孫

渋沢成一郎(彰義隊頭取、実業家)家族・子供


父:渋沢文左衛門(文平)(武蔵国血洗島村(現埼玉県深谷市)の農民)
従兄:渋沢栄一(資本主義の父)

長男:渋沢作太郎
娘:千葉亀之助に嫁いだ

※イタリア文学者の野上素一は亀之助の娘婿なので、野上は成一郎の孫娘と結婚したことになる


■鳥羽・伏見の戦い後、彰義隊を結成し、頭取に就任。後に、副頭取の天野八郎と対立し、彰義隊を脱退する。維新後は実業家として名を馳せる。明治以降は渋沢喜作と改名

■明治時代は、小野組に入る。のちに相場師、実業家として手腕を発揮し、後に生糸貿易業、廻米問屋(「廻船問屋組合」の代表)などを経営するなど、明治時代の実業家として大きな成功を収めた


渋沢成一郎(しぶさわ・せいいちろう)略歴
【1838年~1912年】江戸時代の武士。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が起こると、鳥羽・伏見の戦いに参戦。江戸帰還後、将軍警護を主張し、自分と志を同じくする幕臣等を集め、彰義隊を結成し、頭取に就任する。徳川慶喜が謹慎場所を江戸から水戸へ移すと、上野からの撤退を主張するが、武闘派の副頭取・天野八郎との対立が発生し、彰義隊を脱退した。明治時代は、実業家として活躍した

天野八郎 子孫

天野八郎(彰義隊)家族・子供


実父:大井田吉五郎忠恕(上野国甘楽郡磐戸村の名主)
養父:広浜喜之進(江戸町火消し与力)

妻:つね

子供:1男1女


■上野国甘楽郡磐戸村の名主大井田吉五郎忠恕の次男として生まれる

■幼少時から学問や武道を修め、直心影流を学ぶ。1865年、江戸町火消し与力の広浜喜之進の養子となったが、翌1866年に離縁し、自ら旗本天野氏を称して天野八郎と名乗った

■鳥羽・伏見の戦い後、再起を目指す幕府急進派の一員として、渋沢成一郎らとともに彰義隊を結成。副頭取となる

■渋沢脱退後は頭取となり、大村益次郎率いる官軍を相手に上野戦争を起こした



天野八郎(あまの・はちろう)略歴
【1831年~1868年】江戸時代後期、幕末期の幕臣。1868年、京都において戊辰戦争の緒戦である鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗れ、江戸城では幕臣の間で恭順派と抗戦派が対立する。八郎は再起を目指す幕府急進派の一員となり、渋沢成一郎が結成した彰義隊の副頭取となった

栗山英樹 家族

栗山英樹(プロ野球)家系・子供


兄:野球好き
妻:なし。独身


■東京学芸大学教育学部卒業

■現役時代はヤクルトスワローズで活躍した

■日本のプロ野球の監督で、国立大学出身・大学教授の経歴を持つ人物は史上初めてである


栗山英樹(くりやま・ひでき)略歴
プロ野球選手(外野手)、監督、野球解説者・評論家、スポーツジャーナリスト・スポーツライター、大学教授。2012年から北海道日本ハムファイターズの監督を務める。1961年4月26日生まれ。東京都小平市出身。著書:『栗山英樹29歳:夢を追いかけて』『スポーツキッズのほうれん草:スポーツサイエンス・リポート』『忘れちゃいけないものがある:スポーツを愛する人たちへ』『栗の樹ファーム物語:栗山英樹、野球場をつくる:北の大地で育む"フィールド・オブ・ドリームス"』『はるかなる甲子園:もう一つの高校野球物語』など

大口病院院長高橋洋一 家族

高橋洋一(大口病院院長)家系


父:
母:
妻:
子供:


略歴・経歴(プロフィール)

■高橋洋一(たかはし・よういち)

■日本の医師

■大口病院 院長

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢歳(2016年)

■出身地:

■出身中学

■出身高校

■出身大学

■職業:医師

■日本神経学会指導医・専門医

■日本老年医学会指導医・専門医

■日本脳卒中学会専門医

■日本内科学会認定内科医

■大口病院 院長

■名称:特定医療法人財団 慈啓会 大口病院

■住所:〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通130

■診療科目:内科、整形外科、小児科、リハビリテーション科

■病床数:85床 (一般42床、療養43床)

■休診日:木、日、祝日、年末年始(12/30~1/3)

■院長:髙橋 洋一

■医療制度上の制約がありますが、苦しんでおられる患者さん・ご家族を各医療施設が競合することなく、地域全体で協力して支えていくという院内外でのより良いチーム医療システムが構築され、地域に貢献できることを願っております

前山亜杜武 家族

前山亜杜武(実業家)家系・子供


父:静岡で働いていたことがある
母: 
妻:
子供:


■経営理念
「事業は芸術である」の精神で、事業の一つ一つに丹精を込めて感動を与えるような芸術品としての企業を育てていくことを理念としている」

■グループに株式会社モーディア(モデルエージェンシー)、株式会社ATOMS(居酒屋チェーン)、株式会社日本スマートハウジング(ソーラーシステム事業)、株式会社ベインズ(不動産事業)、株式会社メビウス(メディカルサービス)、などがある

■2007年、竹田恒泰と共に「竹田研究会」を設立。竹田が代表、前山が幹事長を務める

■生年月日:1964年9月18日

■血液型O型


前山亜杜武(まえやま・あとむ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の実業家。1964年、父の仕事上の赴任先である静岡市で出生。1993年に29歳で札幌で独立し、株式会社京会を設立、代表取締役に就任。2000年、拠点を東京へ移転。札幌、仙台、千葉、名古屋、福岡に支社を設立

杉浦茂峰 子孫

杉浦茂峰(飛虎将軍廟)家族・子供





子供


■1944年台湾で日本海軍の兵曹長で茨城県水戸市出身の杉浦茂峰は、台湾沖航空戦に出撃。10月12日午前、台南上空でアメリカ空軍を迎え撃つも撃墜され畑の中に落ちて戦死した

■軍靴には「杉浦」と書かれていて、その後第二〇一海軍航空隊分隊長の森山敏夫大尉の協力で、この飛行士が「杉浦茂峰」と判明

■第二次世界大戦後、村のあちこちで不思議な夢を見たという噂が広まった

■白い帽子と服を着た日本の若い海軍士官が枕元に立っているという夢を見たという者が、皆に話したら、同じ夢を見たという者が数名名乗りでた。その後部落の有志が集まり、その海軍士官が部落を戦火から救うために、自分の生命を犠牲にしたことが判明

■そして1971年、杉浦茂峰を祀るためにこの廟を建設した



杉浦茂峰(すぎうら・しげみね)略歴
【1923年11月9日-1944年10月12日】茨城県水戸市出身。志願兵として乙種飛行予科練に入隊した。1944年10月12日に零戦32型で米軍機F6Fと交戦し、撃墜され戦死。死後、功6級金鵄勲章と勲7等青色桐葉章が授与された。飛虎将軍廟(ひこしょうぐんびょう、正式名称:鎮安堂飛虎将軍廟)は、台湾台南市安南区同安路127号にある民間信仰の廟で日本軍人(杉浦茂峰)が神として祀られている

大坂なおみ 家系図

大坂なおみ(プロテニス)家系


伯母:テニス
父:ハイチ出身
母:日本人
姉:大坂まり(プロテニス選手)


略歴・経歴(プロフィール)

■大坂なおみ(おおさか・なおみ)

■日本のプロテニス選手

■血液型

■身長180cm

■体重69kg

■スリーサイズ

■カップ

■生年月日:1997年10月16日

■出身地:大阪府大阪市で生まれる

■4歳時に一家でアメリカに移住し、実父の手ほどきでテニス競技を始める

■出身中学

■出身高校

■2013年にプロに転向し、ツアー下部大会を転戦した

■全豪オープンでは予選を突破し、グランドスラム初出場。本戦でも2回戦で第18シードのエリナ・スビトリナに勝利し3回戦に進出した。4大大会初出場で3回戦進出は小幡陽子以来52年ぶり

山田宗美 子孫

山田宗美(鍛金家)家族・子供


父:山田宗光(刀剣鍛冶)


■加賀市大聖寺鍛冶(かじ)町出身の工芸家

■「宗美の前に宗美なし、宗美の後に宗美なし」と呼ばれた

■1枚の鉄板から立体の花瓶や置物をうちだす独自の技術をあみだした

■熱した薄い鉄板を金鎚(かなづち)でたたいて形作る「鉄打出」の技法で優れた作品を創作した

■日本美術展覧会などで受賞し、最高の栄誉とされた「帝室技芸員」に内定したが、発表直前の46歳で急逝した


山田宗美(やまだ・そうび)略歴
【1871年~1916年】明治時代の鍛金家。パリ万博、セントルイス万国博覧会、日本美術協会展などで受賞。最高の栄誉とされた「帝室技芸員」に内定したが、発表直前の46歳で急逝した。加賀市大聖寺鍛冶(かじ)町出身。刀剣鍛冶の家に生まれた

大串博志 家族

大串博志(衆議院議員)家系・夫人


妻:佳子
子供:2人(一男一女)


■政治への思い
「政権交代がいつでもできるような、しっかりとした2大政党制を作りたい」

「今後もたゆまず地道な努力を続けて、国民の皆さんが安心して政権を託せるような、受け皿としての党を作れるよう、頑張っていきたいと思います」

■趣味は、テニス・ランニング・読書・漫才を見ること


■身長  ■体重  ■血液型


大串博志(おおぐし・ひろし)略歴
日本の政治家、衆議院議員。民進党政務調査会長。内閣総理大臣補佐官(野田第3次改造内閣)、内閣府大臣政務官(野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、復興大臣政務官(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、財務大臣政務官(鳩山由紀夫内閣・菅内閣)、民主党佐賀県連代表などを歴任。1965年8月31日、佐賀県杵島郡有明町(現:白石町)生まれ。東京大学法学部卒業。大学卒業後、大蔵省(現財務省)に入省。その後、政治家に転身した
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる