秋川リサ 家族

秋川リサ(女優)家系・子供


父親:ドイツ系アメリカ人(アメリカ軍の軍人)
母親:千代子(日本人。享年89)

元夫:一般男性。21歳で結婚。その後、離婚
元夫:立木三郎(写真家。女優写真の第一人者と言われる立木義浩の弟)。離婚

長男:1986年誕生
長女:伊藤麻里也(女優)


■母子家庭で育つ

■21歳で結婚。その後、離婚。32歳で再婚。1986年に男子、1987年に女子を出産。その後、離婚

■身長172cm  ■血液型B型


秋川リサ(あきかわ・リサ)略歴
日本のビーズ作家、女優、タレント。本名は伊藤リサ。1952年5月12日生まれ。東京都渋谷区笹塚出身。文化学院高等部英語科卒業。15歳でテイジンのモデルとしてデビュー。16歳でファッション月刊誌「服装」の専属モデルを2年間務める。17歳で資生堂専属モデルを4年間務める。1970年『anan』のレギュラーモデルとして活躍し、その名前が広く知られる
スポンサーサイト

赤坂大輔 家族

赤坂大輔(港区議会議員)家系・夫人


妻:あり
子供:長男と次男


略歴・経歴(プロフィール)

■赤坂大輔(あかさか・だいすけ)

■日本の政治家

■東京の港区議会議員

■港区自民党幹事長、自民党港区総支部政調会長を歴任

■議会運営委員長・区民文教委員・行財政等対策特別委員長

■都市計画審議会評議員

■趣味:野球、古戦場探訪、城郭探究

■血液型O型

■体重

■身長

■生年月日:昭和46年11月5日

■出身地:

■出身中学

■出身高校:京華高等学校卒業

■出身大学:武蔵大学経済学部経営学科卒業

■株式会社日本経済広告社

■株式会社学研 歴史群像編集部にて戦国、幕末時代等の日本史を執筆・編集

■平成19年初当選(1436票 13位)

■平成23年再選(1822票 4位) 

■平成27年再選(2359票 4位)

天野安喜子 家族

天野安喜子(鍵屋15代目)家系・夫・子供


父親:天野修(宗家花火鍵屋14代目)
姉と妹がいる


■1970年10月31日、鍵屋14代目・天野修(花火師・柔道七段)の次女として誕生

■1986年 福岡国際女子柔道選手権大会で銅メダルを獲得

■1990年 火薬類取扱保安責任者の免許取得

■1994年 火薬類製造保安責任者の免許取得

■2000年 宗家花火鍵屋15代目を襲名



天野安喜子(あまの・あきこ)略歴
女性花火師で鍵屋15代目宗家。元柔道選手で国際柔道連盟審判員の資格を持つ。段位は六段。1970年、東京都江戸川区に鍵屋14代目の次女として誕生。2000年、宗家花火鍵屋女性初の15代目を襲名。2008年には両国柔整鍼灸専門学校を卒業して柔道整復師の資格を得る。2008年、北京オリンピック柔道競技審判員(日本女性初)。2009年には日本大学芸術学部の大学院で「打ち上げ花火の『印象』 実験的研究による考察」という博士論文により、博士号を取得

大迫忍 家族

大迫忍(ゼンリン創業家)家系・子供


父:大迫正冨(ゼンリン創業者)
妻:大迫久美子
子供:息子(「同族経営は何れ弊害を生む」として、遺言により息子たちには継がせなかった)


■株式会社ゼンリンは、日本最大手の地図制作会社である

■国内外のカーナビゲーションにデータを提供し、日本国内市場の8割を占める

■大迫忍は中央大学文学部卒業後、すぐに父・正冨が創業した善隣出版社(のちの株式会社ゼンリン)に入社。父が1980年に在職のまま亡くなり、同年に跡を継いで代表取締役社長に就任

■高校時代は柔道部、大学時代は日本拳法に励み2段を取得。趣味は5段の腕前を持つ囲碁であった

■「長期政権は弊害を生む。55歳で引退する」との言葉を残し、2001年に21年間務めた社長を退任。その後は北九州経済の浮揚に奔走し、小倉そごう跡に小倉伊勢丹を誘致

■また北九州空港の運営会社、北九州エアターミナルの社長を引き受け、同空港就航を目指す新規航空会社スターフライヤーの立ち上げを支援するなど、北九州市内外の経済界でリーダーシップを発揮。多くの人望を集めた


大迫忍(おおさこ・しのぶ)略歴・経歴(プロフィール)
【1945年~2005年】日本の経営者。株式会社ゼンリン2代目社長。大分県出身。生後3日目に終戦を迎えた。中央大学文学部卒業後、すぐに父・正冨が創業した善隣出版社(のちの株式会社ゼンリン)に入社。父が1980年に在職のまま亡くなり、同年に跡を継いで代表取締役社長に就任

ケンブリッジ飛鳥 妹

ケンブリッジ 飛鳥(陸上)家族


父:ジョージ(ジャマイカ人)
母:景子(日本人)
妹:ケンブリッジ沙紗(さしゃ)。陸上のやり投げ種目で活躍した。銀座にあるショップに勤務


略歴・経歴(プロフィール)

■ケンブリッジ 飛鳥アントニオ(ケンブリッジあすか・アントニオ)

■日本の男子陸上競技選手

■専門は短距離走

■2016年リオデジャネイロオリンピック4×100mリレー銀メダリスト

■尊敬する選手はウサイン・ボルト

■血液型

■身長180cm

■体重76kg

■生年月日:1993年5月31日

■出生地:ジャマイカ生まれ

■出身地:大阪育ち

■出身中学:江東区立深川第三中学校

■出身高校:東京高等学校

■出身大学:日本大学文理学部卒業

■株式会社ドーム(江東区有明)に入社

■2014年2月にトレーニングの為に単身でジャマイカに渡り、18年ぶりに故郷ジャマイカの地を踏んだ。母の知人の紹介もあって、ウサイン・ボルトが所属するレーサーズトラッククラブで1週間ほど練習をした

■2016年、リオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーでは日本チーム(山縣亮太-飯塚翔太-桐生祥秀-ケンブリッジ飛鳥)のアンカーを務め、銀メダルを獲得した

平将明 家族

平将明(衆議院議員)家族・夫人


祖父:株式会社山邦の創業者で初代社長
父親:株式会社山邦の2代目社長

妻:

子供:2人


■サラリーマンとして就職した後、1991年に父の病気をきっかけに、祖父が創った大田市場の仲卸会社「山邦」に入社。モートラなどを操縦し下積みを経て、社長に就任。金融危機で資金繰りに奔走し、克服して、22億円だった売上を60億円にしたと述べている


■身長   ■体重   ■血液型  ■先祖



平将明(たいら・まさあき)略歴・経歴(プロフィール)
日本の政治家。衆議院議員。内閣府副大臣(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)、経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第2次安倍内閣)、自民党副幹事長を歴任。1967年2月21日、東京都で生まれる。早稲田大学法学部卒業。1991年 サラリーマン生活を経て、家業である大田青果市場の仲卸『山邦』に入社。1996年、3代目として後を継ぎ、社長就任。2005年、衆議院議員に初当選

山本七平 子孫

山本七平(評論家)家族・子供


父親:山本文之助(クリスチャン)
母親:八重(クリスチャン)
兄弟:姉2人と妹1
縁戚:父方のいとこおばの夫は玉置酉久(大石誠之助の次兄)


■1921年12月18日、東京府荏原郡三軒茶屋(現在の東京都世田谷区三軒茶屋)で、クリスチャンの両親(山本文之助、八重)の間に長男として生まれた

■1973年 第35回文藝春秋読者賞受賞

■1981年 第29回菊池寛賞受賞

■1989年 和歌山県文化表彰にて文化賞受賞


山本七平(やまもと・しちへい)略歴
【1921年~1991年】山本書店店主。評論家として、主に戦後の保守系マスメディアで活動した。東京で生まれる。ルソン島における戦闘に参加。1945年8月15日、ルソン島北端のアパリで終戦を迎える。同年9月16日、マニラの捕虜収容所に移送される。1956年 世田谷区の自宅で聖書学を専門とする出版社、山本書店株式会社を創業する。のち山本書店は新宿区市ヶ谷に移転。1970年、イザヤ・ベンダサン著『日本人とユダヤ人』を山本書店より発売する

いとうあさこ 家族

いとうあさこ(芸人)家系・妹


父:都市銀行の重役
母:
兄と妹(一歳下)がいる
夫:未婚


■門から玄関までかなりの距離がある大豪邸に住んでいたが、尾崎豊に憧れて家出をしたことがある

■実家が桁外れの大金持ちで、小・中・高と女子御三家の一つ雙葉に通った筋金入りのお嬢様。ナイツの塙宣之に「お屋敷みたいな家が実家」と暴露されている


略歴・経歴(プロフィール)

■いとうあさこ

■日本のピン芸人、お笑いタレント

■本名は伊藤麻子(いとう・あさこ)

■あだち充の野球漫画『タッチ』のヒロインのコスプレをすることが多い

■実家

■血液型AB型

■身長162cm

■体重62kg

■スリーサイズ

■カップ

■生年月日:1970年6月10日

■出身地:東京都渋谷区出身

■出身幼稚園:東郷幼稚園

■出身小学校:雙葉小学校

■出身中学:雙葉中学校

■出身高校:雙葉高等学校

■舞台芸術学院ミュージカル別科卒業

小林よしのり 家族

小林よしのり(漫画家)家系・夫人・子供


父:郵便局員。昭和天皇のものまねが隠し芸だった
母:真言宗(密教思想)寺院の娘。2013年10月に死去
妹:『逆噴射家族』のアイドル歌手と女子プロレスラー両方志望の少女は、妹がモデル
妻:小林が社長を務める会社の経理担当


■元々『サザエさん』の様な誰でも親しめるファミリーな漫画を目指していたが、賛否両論が激しい漫画家になってしまった


小林よしのり(こばやし・よしのり)略歴
日本の漫画家、評論家。「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主催。1953年8月31日生まれ。福岡県大野城市生まれ。福岡市出身。福岡大学人文学部フランス語学科卒業 、1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。1992年の『ゴーマニズム宣言』以降、ギャグ路線だけでなく思想的・政治思想路線などの、社会評論的な活動も行うようになる

高森明勅 家族

高森明勅(神道学者)家系・夫人


妻:あり
子供:2男1女
長男:昭勅(てるのり)
長女:由都(ゆつ)
次男:靖国神社崇敬奉賛会青年部「あさなぎ」に所属


■長男・昭勅(てるのり)と長女・由都(ゆつ)はモデルスクールなどを運営する株式会社GICONNECTを共同で経営している

■日本文化チャンネル桜で『報道ワイド日本』及び『桜プロジェクト』の司会を6年間務めた。長女の由都も同番組に出演したことがある



高森明勅(たかもり・あきのり)略歴
日本の評論家、神道学者、歴史家、皇室研究者。1957年生まれ。岡山県倉敷市出身。麗澤高等学校、國學院大學文学部を卒業。1989年 同大学院博士課程修了。自著に歴史的仮名遣を用いる文筆家として、また所功とともに皇室関係のコメンテーターとして知られる。國學院大学講師、麗澤大学外国語学部講師、防衛省統合幕僚学校「国家観・歴史観」部外講師を務める
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる