樋口一葉 家族

樋口一葉(女流小説家)家系・子供


祖父:八左衛門(学問を好み俳諧や狂歌、漢詩に親しんだ人物)

父:則義
母:たき

姉:藤(ふじ)
兄:泉太郎
兄:虎之助
妹:邦子
 

■樋口家は甲斐国山梨郡中萩原村(旧塩山市・現在は甲州市)に屋敷を持ち、代々農業を 生業としていた

■一葉に婚約者はいたが、破談となり独身のまま亡くなる

■24歳6ヶ月で肺結核により死去。没後に発表された『一葉日記』が高い評価を受ける

■墓は樋口家の菩提寺である築地本願寺別院で、のち杉並区永福の築地本願寺和田堀廟所へ移された


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
樋口一葉語録 http://bit.ly/18VLLTL


樋口一葉(ひぐち・いちよう)略歴
【1872年~1896年】明治期の女流小説家・歌人。東京生まれ。代表作『大つごもり』『ゆく雲』『にごりえ』『十三夜』『たけくらべ』など
スポンサーサイト

千代の富士 家族

千代の富士(九重親方)家系・夫人・子供


岳父:進藤龍生(玄洋社記念館館長、玄洋ビル社長を務めた)

妻:久美子(進藤喜平太(第2・5代玄洋社社長)の曾孫で、進藤一馬(第10代玄洋社社長、福岡市長)の姪孫)

子供:1男2女
次女:秋元梢(ファッションモデル)


■1955年に北海道松前郡福島町で漁師を営む家に生まれた

■第58代横綱

■身長183cm 体重127kg

■2016年7月、61歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
千代の富士語録http://goo.gl/UheBHV


千代の富士貢(ちよのふじ・みつぐ)略歴
【1955年~2016年】大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと・みつぐ)。北海道松前郡福島町出身。1970年秋場所初土俵。1975年秋新入幕。1981年秋から横綱に。通算1045勝。優勝31回。故郷の福島町には横綱千代の山・千代の富士記念館があり、千代の山と千代の富士の土俵入りの様子をモデルにした銅像がある

久保厚子 家族

久保厚子(手をつなぐ育成会連合会)旦那・子供


夫:
長男:重輔(じゅうすけ)


略歴・経歴(プロフィール)

■久保厚子(くぼ・あつこ)

■大津市内で重度の知的障害者施設を運営

■公益社団法人滋賀県手をつなぐ育成会 会長

■全国手をつなぐ育成会連合会 会長

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢64歳(2016年7月現在)

■出身地:

■出身中学

■出身高校

■出身大学

■久保厚子の名言・語録
「私たちの子どもは、どのような障害があっても一人ひとりの命を大切に、懸命に生きています」

「障害者も同じ命の重さ、人権を持っている」


■全国手をつなぐ育成会連合会
代表者:久保 厚子会長
発  足:2014年6月1日

■副会長
上原明子(社会福祉法人東京都知的障害者育成会 理事長)
小出隆司(静岡県手をつなぐ育成会 会長)
片桐宣嗣(一般社団法人新潟県手をつなぐ育成会 理事長)

椿康雄 家族

椿康雄(弁護士)家系・嫁・夫人・子供


元妻:ニュースキャスター。離婚する


略歴・経歴(プロフィール)

■椿康雄(つばき・やすお)

■性別:男性

■日本の弁護士

■第一東京弁護士会に所属した

■東京都港区の「椿総合法律事務所」の代表を務めた

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢62歳(2016年7月現在)

■出身地:

■出身中学

■出身高校

■出身大学

■1987年に弁護士登録

■外資系保険会社の日本進出に関与する

■2003年、港区六本木の森タワー34階に事務所をかまえる



■第一東京弁護士会(だいいちとうきょうべんごしかい)は、東京都にある日本の弁護士会の一つである。弁護士会館の11・12・13階に拠点を置く

■東京弁護士会、第二東京弁護士会と並ぶ東京都にある弁護士会。日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会に所属している

坂野惇子 (ファミリア)家族

坂野惇子(ファミリア創業者)家系・子供・子孫


父:佐々木八十八(やそはち)。現在の株式会社レナウンの創業者。貴族院議員
母:倆子(りょうこ)
姉:知恵子(のち三浦義次の妻)

夫:坂野通夫(大阪商船勤務などを経て、ファミリア2代目社長)

長  女:光子(一人娘)
義息子:岡崎晴彦(ファミリア3代目社長。神戸の岡崎財閥の御曹司)

孫:岡崎忠彦(光子、晴彦の息子。2011年からファミリア社長)


■坂野惇子(ばんの ・あつこ)は父・八十八と母・倆子の3男3女の末娘として、魚崎の別荘で生まれた


■坂野惇子はファミリア創業者のひとりであり、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン、「坂東すみれ」のモデルである


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
坂野惇子語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4133.html


坂野惇子(ばんの・あつこ)略歴
【1918年~2005年】神戸の女性実業家。子供服・子供向け用品・ベビー用品の取り扱いを専業とする、株式会社ファミリアの創業者。1918年4月11日、兵庫県神戸市で生まれる。甲南高女卒業。1948年12月、計4人の女性により、モトヤベビーショップを神戸市で創業。1950年4月、社名をモトヤからファミリアに改称し、株式会社に改組。同社を子供服の草分け的存在に育てあげた

植松聖 家族

植松聖(津久井やまゆり園)家系


父親:小学校教師


略歴・経歴(プロフィール)

■植松聖(うえまつ・さとし)

■性別:男性

■障害者施設の元職員

■神奈川県相模原市緑区千木良の障害者施設「津久井やまゆり園」の元職員

■自宅:神奈川県相模原市に在住

■血液型

■身長

■体重

■生年月日:

■年齢26歳(2016年7月現在)

■出身地:神奈川県相模原市

■出身小学校:相模原市の小学校

■出身中学

■出身高校

■大学卒業後、運輸業に従事

■神奈川県相模原市緑区千木良の障害者施設「津久井やまゆり園」に勤務

■2016年2月、津久井やまゆり園を退職



■津久井やまゆり園の所在地
・神奈川県相模原市緑区千木良476番地

■神奈川県が設置し、社会福祉法人の「かながわ共同体」が運営している障害者施設

■敷地面積は、3万890平方メートルで、園の北東側に正門があり、その南に事務所や診療所などが入っている管理棟がある

雨宮塔子 家族

雨宮塔子(アナウンサー)家系・旦那


父親:雨宮秀樹(『文學界』の編集長を務めた)
元夫:青木定治(愛知県名古屋市出身のパティシエ)。2015年に正式離婚
子供:長女(2003年誕生)。長男(2005年誕生)


略歴・経歴(プロフィール)

■雨宮塔子(あめみや・とうこ)

■日本のフリーアナウンサー

■TBSアナウンサー28期生

■エッセイスト

■血液型O型

■身長163cm

■体重

■スリーサイズ

■生年月日:1970年12月28日

■出身地:東京都杉並区荻窪出身

■出身中学

■出身高校:成城学園高等学校

■出身大学:成城大学文芸学部卒業

■高校時代はラグビー部のマネージャー、大学時代はスキー部の選手だった

■大学卒業後、TBSにアナウンサー28期生として入社(同期には初田啓介・宮澤祐介)。またTBSの面接にて、ピンクレディーのUFOを振り付け込みで披露した

近藤富枝 家族

近藤富枝(作家)家系・子供


祖父:水島辨治郎(日本橋の金襖問屋・増見屋の8代目水島三右衛門の次男)
父親:袋物問屋

夫:土門周平(軍事史研究家)

長男:龍太郎
娘:近藤陽子(講談社の編集者から「王朝継ぎ紙研究会」に参加して講師をつとめる)
姪:森まゆみ(作家)


■40代で女性雑誌などの執筆活動を始め、著作に「田端文士村」「服装から見た源氏物語」などがある。NHK朝の連続テレビ小説「本日も晴天なり」のモデルにもなった

■2016年7月、93歳で死去


近藤富枝(こんどう・とみえ)略歴・経歴(プロフィール)
【1922年8月19日~2016年7月24日】日本の作家、エッセイスト。旧名:水島富枝。初めは明治・大正の文学者について調査研究を行い、その後は着物や布についてのエッセイが多い。『宵待草殺人事件』『鹿鳴館殺人事件』というミステリ作品も発表。財団法人民族衣裳文化普及協会理事、王朝継ぎ紙研究会を主宰

山田喜代子

山田喜代子(キーボー)家系


父:静岡県浜松市に在住
母:静岡県浜松市に在住
夫:
子供:


略歴・経歴(プロフィール)

■山田喜代子(やまだ・きよこ)

■日本の歌手

■「ヒロシ&キーボー」の歌手

■1982年に、RCA(RVC)からリリースされたシングル曲 「3年目の浮気」のヒットで知られる

■日本有線大賞 最優秀新人賞

■全日本有線放送大賞 最優秀新人賞

■血液型

■身長

■生年月日:1958年1月18日

■出身地:静岡県浜松市出身

■出身中学

■出身高校

■出身大学

■上京後、レコードデビューまで6年。その間、アルバイトをしながらボイストレーニングに励む。OL生活を経てオーディションで選ばれる

■キーボーのお相手候補は最初、黒沢年男(当時の芸名)だった。ところが、『ニヒルな無頼漢キャラを傷つける』と断られ、実弟の黒沢博に決まる

児玉誉士夫 家族

児玉誉士夫(政財界の黒幕)家系・子供


祖父:山田兵太夫(明治維新後、二本松の副参事となった。※異説あり)

父親:酉四郎(旧姓は山田)
母親:7歳の時に亡くなる

長男:児玉博隆
三男:児玉守弘(TBSサービス社長)


■1960年、生前葬を行う。河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香している

■松本清張の小説『けものみち』に登場する人物「鬼頭洪太」は、児玉をモデルにしているとする説がある



児玉誉士夫(こだま・よしお)略歴・経歴(プロフィール)
【1911年~1984年】日本の右翼運動家。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。戸籍上は、福島県安達郡本宮町(現本宮市)中条45番地生まれ。村上春樹の小説『羊をめぐる冒険』に登場する「先生」と呼ばれる架空の人物は、児玉をモデルにしているとする説がある
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる