fc2ブログ

イザベラ・バード 子孫

イザベラ・バード(紀行作家)家族・子供



父:イギリスの牧師
妹:ヘニー

夫:ジョン•ビショップ(妹の侍医であった)

子供:


■イギリス・ヨークシャーで牧師の長女として生まれる

■1881年に妹の侍医であったジョン•ビショップと結婚


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
イザベラ・バード語録http://goo.gl/Bn1Y5I


イザベラ・バード経歴(プロフィール)
【1831年~1904年】イギリスの女性旅行家、紀行作家。明治時代の東北地方や北海道、関西などを旅行し、その旅行記『日本奥地紀行』『バード 日本紀行』を書いた。また4度にわたり李氏朝鮮を訪れて『朝鮮紀行』を書いたことでも知られる。日光滞在10日目に奥日光を訪れるが、梅雨時の豊かな水と日光に育まれた植生、コケ、シダ、木々の深緑と鮮やかに咲く花々が中禅寺湖、男体山、華厳滝、竜頭滝、戦場ヶ原、湯滝、湯元湖を彩る様を闊達に描写し絶賛した

堀内光雄 家族

堀内光雄(衆議院議員)家系・子供・子孫


祖父:堀内良平(富士急行創業者。山梨県議。衆議院議員)

実父:堀内一雄(陸軍軍人。衆議院議員5期。富士急行とテレビ山梨社長)
義父:辻政信(陸軍大佐。衆議院議員4期。参議院議員1期)
母親:初子(山梨田中銀行頭取の娘)

妻:英子(辻政信の娘)

長男:堀内光一郎(富士急行社長)
義娘:堀内詔子 (衆議院議員。長男の妻)


■清和源氏逸見氏堀内家の嫡流とされる

■2016年5月17日、86歳で死去


堀内光雄(ほりうち・みつお)略歴・経歴(プロフィール)
【1930年~2016年】日本の政治家、実業家。衆議院議員(10期)。労働大臣(第51代)、通産大臣(第62代)、自民党総務会長(第43代)、富士急行株式会社社長を歴任。山梨県東八代郡御坂町出身。富士急行創業者一族で祖父、父ともに衆議院議員を務めた政治家の家系でもある。慶應義塾大学経済学部卒業。血液型AB型

松本良順 子孫

松本良順(初代陸軍軍医総監)家族・子供



実父:佐藤泰然(佐倉藩藩医、順天堂開設者)
養父:松本良甫(幕医)
実弟:林董(外務大臣)

妻:

長男:銈太郎

子孫:松本和彦


■江戸麻布(東京都港区)に生まれる

■長野県湯田中温泉において、温泉入浴法を示し、湯田中温泉を長寿の湯と褒め称えた

■神奈川県大磯町を海水浴が最適な別荘地として開発した

■牛乳の摂取や海水浴などの普及も行う


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


松本良順(まつもと・りょうじゅん)略歴
【1832年~1907年】幕末から明治期の日本の医師(初代陸軍軍医総監、御典医)、西洋医学所頭取、将軍侍医。政治家。貴族院勅撰議員。爵位は男爵。江戸麻布(東京都港区)に生まれる。オランダ軍軍医のポンペに医学等の蘭学を学ぶ。奥詰医師となり、医学所頭取助を兼ねる

蜷川幸雄 家族

蜷川幸雄(演出家)家系・子供



祖父:富山の貧しい農家
父親:蜷川秀一(蜷川洋服店経営。川口オートのオーナーだったことがある)
母親:その子

妻:真山知子(女優・キルト作家。本名は蜷川宏子))

子供:娘が2人いる
長女:蜷川実花(女性写真家、映画監督)

姪:蜷川有紀(女優)
姪:蜷川みほ(女優)


■埼玉県川口市出身。生家は洋服店

■世界のニナガワとして国際的にも高く評価された舞台演出家で、文化勲章受章者

■劇場空間を埋め尽くす大胆で豊かな詩的イメージに満ちた視覚的な世界は、国境を超えて多くの観客を魅了

■2016年5月12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため死去。80歳没


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
蜷川幸雄語録http://bit.ly/11oV0TG


蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)略歴
【1935年~2016年】日本の演出家、映画監督、俳優。桐朋学園芸術短期大学名誉教授。1935年10月15日生まれ。埼玉県川口市出身。血液型A型。著書に「反逆とクリエイション」「千の目千のナイフ」など

真木蔵人 家族

真木蔵人(俳優)家系・子供


父:マイク眞木(俳優、フォーク歌手)
母:前田美波里(女優)
弟:真木勇人(プロサーファー)
弟:真木泰人(プロサーファー)

妻:女性モデルの山田明子と再婚するが、離婚
長女:2003年誕生


■2010年2月、真木が21歳のときに認知した男児で当時16歳の高校生、NOAH(ノア)の芸能界デビューが発表された


略歴・経歴(プロフィール)

■真木蔵人(まき・くろうど)

■日本の俳優、ヒップホップMC、プロサーファー

■牛と豚を食べないタイプのベジタリアンである

■血液型

■身長

■生年月日:1972年10月3日

■出身地:東京都立川市出身

■出身中学

■出身高校:堀越高等学校中退

■1988年、NHK大河ドラマ 『武田信玄』への出演で俳優デビューした

■1989年 第6回 ベストジーニスト(一般選出部門)

■1990年 第13回 日本アカデミー賞新人俳優賞『あ・うん』

■1998年 第20回 ヨコハマ映画祭主演男優賞『愚か者 傷だらけの天使』

大谷光瑞 子孫

大谷光瑞(宗教家)家族・子供



父:大谷光尊(明如上人)第21世法主
弟:木辺孝慈(真宗木辺派の本山錦織寺第20代法主)
弟:大谷尊由(浄土真宗本願寺派の僧侶、政治家)

妻:籌子(かずこ)。大正天皇の皇后・九条節子の姉


■1913年 孫文と会見したのを機に、孫文が率いていた中華民国政府の最高顧問に就任した

■法主としては教団の近代化に努め、日露戦争には多数の従軍布教使を派遣。海外伝道も積極的に進めた

■太平洋戦争中は近衞内閣で内閣参議、小磯内閣の顧問を務めた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


大谷光瑞(おおたに・こうずい)略歴
【1876年~1948年】日本の宗教家(僧)、探検家。浄土真宗本願寺派第22世法主、伯爵、国営競馬馬主。法主としては教団の近代化に努め、日露戦争には多数の従軍布教使を派遣。海外伝道も積極的に進めた。著書:『大谷光瑞全集(全13巻)』(大乗社)

小野寺信 子孫

小野寺信(陸軍軍人)家族・子供



父親:小野寺熊彦(町役場助役)
養父:小野寺三治(農家)

妻:小野寺百合子(翻訳家、一戸寛陸軍少佐の娘、一戸兵衛陸軍大将の孫)

子供
長女:瑞子
長男:小野寺駿一(運輸省港湾局長、日本港湾協会副会長を歴任)
次男:小野寺龍二(駐オーストリア大使。1992年在任中アルプスで遭難死)
次女:大鷹節子(日本チェコ協会会長、夫は駐オランダ大使を務めた大鷹正)


■大戦最末期にはヤルタ会談後にソ連が対日宣戦するとの最高機密情報を日本に送った

■戦後は主に妻・百合子と共にスウェーデン語の翻訳業に従事する傍ら、スウェーデンの文化普及活動に努めた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


小野寺信(おのでら・まこと)略歴・経歴(プロフィール)
【1897年~1987年】日本の陸軍軍人、翻訳家。最終階級は陸軍少将。岩手県出身。陸軍士官学校(31期、兵科・歩兵)を卒業し見習士官(陸軍歩兵曹長)。陸軍歩兵少佐に進級。陸軍歩兵中佐に昇進

小田英二 家族

小田英二(コタ創業者)家系・子供



次男:小田博英(コタ株式会社の社長)


■コタ株式会社は、京都府久世郡久御山町に本社を置くシャンプー、リンス、整髪料などの美容室向け頭髪用化粧品を製造販売する企業である

■一括販売とバーターで無料コンサルを行う「旬報店」が特徴的である

■本社所在地:京都府久世郡久御山町田井新荒見77

■設立年月日:昭和54年9月27日


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


小田英二(おだ・えいじ)略歴・経歴(プロフィール)
【1927年~2016年】日本の実業家。シャンプー、リンス、整髪料などの美容室向け頭髪用化粧品を製造販売する企業、コタ株式会社の創業者。京都府出身。1979年、コタ株式会社の前身となる小田製薬株式会社を京都府で設立。社長、会長を務めた。2016年4月26日、89歳で死去

原敬 子孫

原敬(内閣総理大臣)家族・子供



祖父:直記(家老職にあったほどの上級武士の家柄)
父親:原直治(盛岡藩士)

先妻:貞子(旧薩摩藩士・中井弘長女)
後妻:浅(東京新橋「紅葉館」芸者。岩手県江刺郡岩谷堂町・菅野弥太郎娘)

養子:原圭一郎(伝記作家。実の甥)

孫:昌三(三菱重工船舶事業本部技師長、日本馬術連盟理事長)


■第19代内閣総理大臣。カミソリ大臣といわれた陸奥宗光の引き立てにより外務官僚として重用され、やがて政界に進出。外務大臣を足がかりに、大正時代に内閣総理大臣まで登りつめた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
原敬語録http://bit.ly/w0Z3BC


原敬(はら・たかし)略歴
【1856年~1921年】内閣総理大臣(第19代)。盛岡藩出身。外務次官、大阪毎日新聞社社長を歴任。立憲政友会の創立に参加。内務大臣(第25・27・29代)、立憲政友会総裁(第3代)、内閣総理大臣を歴任。元老の藩閥勢力に対抗する「平民宰相」として世論の支持を得るが、東京駅で暗殺される。65歳で没

間宮林蔵 子孫

間宮林蔵(探検家)家系・子供


父親:農民
子供:娘がいる(アイヌ人女性との間の子)
養子:間宮鉄二郎(浅草の札差青柳家から養子に入り家督を相続した)

子孫:間宮正孝(NHK知恵泉に出演)


■1780年(安永9年) 、常陸国筑波郡上平柳村(後の茨城県つくばみらい市)の小貝川のほとりに、農民の子として生まれる

■戦国時代に後北条氏に仕えた宇多源氏佐々木氏分流間宮氏の篠箇城主間宮康俊の子孫で間宮清右衛門系統の末裔とされる

■実子はいなかったが、アイヌ人女性との間に生まれた娘の子孫が北海道に在住。間宮林蔵顕彰会によると郷土史研究家の調査で子孫と確認された


間宮林蔵(まみや・りんぞう)略歴
【1780年~1844年】江戸時代後期の隠密、探検家。樺太(サハリン)が島である事を確認した事で知られる。農民出身であり、幕府隠密をつとめた役人であった。1828年には幕府の勘定奉行の部下となり、隠密として全国各地の調査を行った。探索で培った、蝦夷・樺太方面に対する豊富な知識や海防に対する見識が高く評価され、老中大久保忠真に重用され、川路聖謨や江川英龍らとも親交を持った
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる