ピエール瀧 家族

ピエール瀧 家系・嫁



曾祖父:大隈興吉(よきち)
祖父:秀治(絵描師)
父親:正臣
母親:照子
姉:広美

妻:

子供:娘がいる


ピエール瀧(ピエール・たき)略歴・経歴(プロフィール)
ミュージシャン、マルチタレント、俳優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型はAB型。1967年4月8日生まれ。静岡県静岡市葵区出身。近年では音楽活動以外にタレント、俳優、声優、ナレーターとしてテレビ番組(ドラマ、バラエティからNHK語学番組の生徒役まで)・CM・映画・ゲーム(『SIREN2』等)などへ出演して一般にも知名度を上げ、外出時にはレイバンのサングラスが欠かせない。第38回報知映画賞助演男優賞(2013年、『凶悪』『くじけないで』)。第56回ブルーリボン賞助演男優賞(2013年、『そして父になる』『凶悪』『くじけないで』)
スポンサーサイト

近松門左衛門 子孫

近松門左衛門(人形浄瑠璃)家系・子供



父:杉森信義(福井藩士)
母:喜里(医者の家系で松平忠昌の侍医であった岡本為竹法眼受慶の娘)
弟:伊恒(後に医者となり、岡本一抱(為竹)と名乗っている)

妻:近松と共に広済寺境内に眠っている

次男:浄瑠璃関係の仕事に就いた
三男:浄瑠璃関係の仕事に就いた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
近松門左衛門語録http://bit.ly/1n2HyyQ


近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん)略歴
【1653年~1725年】江戸時代元禄の歌舞伎・人形浄瑠璃の劇作家。100作以上の浄瑠璃を書いたが、そのうち約20曲が世話物、残りが時代物であった。生まれは越前国(諸説あり)といわれる。代表作:『出世景清』(1685年)、『曽根崎心中』(1703年)、『冥途の飛脚』(1711年)、『国性爺合戦』(1715年)、『心中天網島』(1720年)、『、『女殺油地獄』(1721年)

塚本堅一 家族

塚本堅一(NHKアナウンサー)家系・嫁


父:
母:
妻:
子供:


略歴・経歴(プロフィール)
■塚本堅一(つかもと・けんいち)

■日本のアナウンサー

■NHKアナウンサー

■自宅:東京都文京区のマンションに在住

■血液型

■身長

■年齢37歳(2016年1月11日現在)

■生年月日

■出生地

■出身地

■出身中学

■出身高校

■出身大学

■2003年にNHK入局

■京都、金沢、沖縄放送局を経て、2015年2月にアナウンス室に配属される

■夕方の「ニュース シブ5時」のリポーターを務める

■塚本堅一(つかもと・けんいち)は古典芸能から宝塚まで演劇に造詣が深い

■住居:東京都文京区のマンションに在住

■日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人

■総務省(旧・郵政省)が所管する。「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記される

堺屋太一 家族

堺屋太一(作家)家系・子供



父:池口太郎(弁護士)
母:久子(専業主婦)。父親は奈良県の老舗呉服屋出身で県議、弁護士
兄:金太郎(東大卒。大蔵省勤務)
姉:静岡県天竜市長(現浜松市)夫人

妻:堤史子(ちかこ)。父は東大工学部卒業。現㈱ファインシンター創業者


■本名は池口小太郎(いけぐち・ こたろう)であり、ペンネームの由来は、先祖の商人が安土桃山時代に堺から谷町に移住した際の名前である「堺屋太一」から採ったものである


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
堺屋太一語録http://bit.ly/RCcRlA


堺屋太一(さかいや・たいち)略歴
ベストセラー作家。1935年7月13日大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業後、通商産業省(現・経済産業省)入省。1978年に退官し、執筆活動に専念。主な著作に近未来を大胆に予測した、「油断!」、「団塊の世代」などの小説のほか、「巨いなる企て」「峠の群像」などの歴史小説。「知価革命」「時代が変わった」などの経済学書がある。1998年7月~2000年12月までは経済企画庁長官を務める

真田昌幸 子孫

真田昌幸(武将・大名) 家系・子供



父:真田幸隆(信濃の在地領主で、甲斐国の戦国大名である武田氏の家臣)
母:恭雲院(信濃国の豪族で海野氏に従った、河原隆正の妹)

兄弟
・信綱
・昌輝
・信尹(加津野昌春)
・金井高勝
・清鏡?


正室:山手殿(寒松院殿)

子供
・信之
・信繁(幸村)
・信勝
・昌親
・村松殿(小山田茂誠室)
・娘(真田幸政室)
・娘(鎌原重春室)
・娘(保科正光室)
・於菊(宇多頼次室のち滝川一積室)
・清光院(妻木頼熊室)
・於楽


■上田合戦で2度にわたって徳川軍を撃退したことで、徳川家康を大いに恐れさせた逸話で知られるが、関ヶ原の戦いで西軍についたために改易された


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


真田昌幸(さなだ・まさゆき)略歴
【1547年~1611年】、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。甲斐の武田信玄の家臣となり信濃先方衆となった地方領主真田氏の出自。信玄・勝頼の2代に仕え、武田氏滅亡後に自立。織田信長の軍門に降り、滝川一益の与力となったが、本能寺の変後に再び自立し、近隣の後北条氏や徳川氏、上杉氏との折衝を経て、豊臣政権下において所領を安堵された

米良はるか 家族

米良はるか 家系・夫


家族は両親と3人
旦那はいない


略歴・経歴(プロフィール)
■米良はるか(めら・はるか)

■日本の経営者

■株式会社READYFOR 代表取締役

■血液型

■身長

■スリーサイズ

■自宅:東京都目黒区に在住

■生年月日:1987年生まれ

■年齢28歳(2015年1月7日現在)

■出生地:東京都生まれ

■出身地:東京都目黒区出身

■出身小学校:成城学園初等学校

■出身中学校:成城学園中学

■出身高校:成城学園高校

■出身大学: 2010年 慶應義塾大学経済学部卒業

■2012年 同大学院メディアデザイン研究科修了

■大学院在学中に米国・スタンフォード大学に留学

■帰国後、2011年3月にWebベンチャー・オーマ株式会社の一事業として日本初のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を設立。2014年7月に株式会社化し、NPOやクリエイターに対してネット上での資金調達を可能にする仕組みを提供している

■「自作の小説を出版したい」「災害で壊滅した病院を復旧したい」などなど、世の中で様々な理由でお金を必要としている人に、共感した人が一口1000円程度からネットを通じて出資し支援する・・・、そんな仕組みが今広がりを見せている。こうしたインターネット上で多数の人から資金を調達する仕組みを「クラウドファンディング」という。日本で初めて、そして最大のクラウドファンディングを提供するのが「READYFOR」。創立から4年。述べ14万人から19億円を調達するまでに成長した

塩野門之助 子孫

塩野門之助(鉱山技師)家系・子供



祖父:園兵衛
父親:塩野鉄之丞(島根藩士)

妻:熱田マサ(1896年に再婚)


■1953年、島根藩士塩野鉄之丞の長男として誕生

■1867年、祖父園兵衛から家督を相続(18石3人扶持)


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


塩野門之助(しおの・もんのすけ)略歴・経歴(プロフィール)
【1853年~1933年】日本の鉱山技師。現在の島根県松江市出身。18歳のときに、藩の学校修道館において「語学修行」をおこない、その年松江藩が招いたフランス人ワレットとアレキサンドレから語学を学ぶ。その後、外務省へ務めたが、1874年 別子銅山に雇われたフランス人、ラロックの通訳として住友に入社。ラロックの「別子鉱山目論見書」を翻訳。途中別子銅山を辞め、足尾銅山へ勤務し、我が国初の、転炉(てんろ)を開発。再び住友へ招かれ、四阪島(しさかじま)製錬所の設計・建設に従事した。1908年 東京市小石川区高田(現、文京区目白台)に新築。1933年、81歳で死去

加藤清正 子孫

加藤清正(熊本藩初代藩主)家系・子孫



父親:加藤清忠(刀鍛冶)
母親:伊都(鍛冶屋清兵衛の娘。羽柴秀吉の生母である大政所の遠縁)


正室:山崎氏(山崎片家女)
継室:清浄院(水野忠重女・徳川家康養女)
側室:本覚院(菊池武宗女)
側室:浄光院(赤星太郎兵衛女)
側室:正応院(玉目丹波女)

子供
・百助(養子・山崎片家子)
・虎熊
・忠正(次男)
・忠広(三男)
・あま姫(古屋、本浄院、榊原康勝正室のち阿部政澄正室)
・八十姫(瑤林院、徳川頼宣正室)


■加藤清正は豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である

■各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた

■秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
加藤清正語録http://bit.ly/VUANU4


加藤清正(かとう・きよまさ)略歴
【1562年~1611年】安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。肥後国熊本藩初代藩主。別名虎之助(とらのすけ)。刀鍛冶の加藤清忠の子として尾張国愛知郡中村(現・名古屋市中村区)で生まれた

伊庭貞剛 子孫

伊庭貞剛(住友2代総理事)家系・子供



叔父:広瀬宰平(住友初代総理事、別子銅山支配人)
父親:伊庭正人(伯太藩代官)
母親:北脇田鶴子

妻:まつ子
妻:梅子

子供
長男:伊庭貞吉
次女:隆子
次男:伊庭簡一
三男:伊庭琢磨
四男:伊庭慎吉
五男:伊庭勝彌
六男:伊庭六郎
五女:伊庭澄子(聖心女子学院理事長、日本管区長など歴任)
三女:幾久子
四女:敏子


■1847年、近江国蒲生郡西宿村(現・滋賀県近江八幡市)に伯太藩代官伊庭正人の長男として、母、北脇田鶴子の実家で生まれ、7歳まで母方の実家で育つ


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
伊庭貞剛語録http://bit.ly/yclx5z


伊庭貞剛(いば・ていごう)略歴
【1847年~1926年】住友合資第二総理事。1月5日近江(滋賀県)生まれ。明治12年司法省から住友入りし、大阪本店支配人。1890年、滋賀県選出初の衆議院議員。別子鉱業所支配人を経て、明治33年に住友総理事。鉄剛への進出をはじめ、産業勃興期に住友財閥の基礎を築いた。明治37年、57歳で隠退。79歳で没
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる