真田幸村 子孫

真田幸村(信繁)家系・子供



父:真田昌幸(戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名)
母:宇多頼忠の娘・山手殿(寒松院)異説有

兄弟
・村松殿
・信之(信濃上田藩の初代藩主、後に信濃松代藩の初代藩主)
・信勝
・昌親ほか


正室:(大谷吉継の娘、姪?)・竹林院
側室:豊臣秀次の娘・隆清院
堀田興重の娘、高梨内記の娘

子供
・阿菊(石合重定室)
・於市
・阿梅(片倉重長後室)
・あくり(蒲生郷喜室)、
・幸昌
・なほ(御田姫、岩城宣隆室)、
・阿昌蒲(片倉定広室)、
・おかね(石川貞清室)
・守信
・幸信
・之親、
・瓢左衛門

子孫:真田徹(仙台に在住。真田幸村の直系の子孫)


■信繁には多くの子がいたが、真田氏における真田信繁家としては、嫡男の大助(真田幸昌)が生まれた時には既に九度山へ幽閉されており、幸昌は大坂城にて子を作らぬまま自害し、この系統は絶えた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
真田信繁語録http://goo.gl/HNjSLv


真田信繁(さなだ・のぶしげ)略歴
【1567年~1615年】安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。江戸期に書かれた小説真田十勇士の真田幸村として知られている。勇猛果敢な武将と名高く、関ヶ原の合戦では父の昌幸とともに西軍に参加、上田城に籠城し、2000の兵で徳川秀忠率いる3万8000の軍を撃退した。関ヶ原後も徳川側に組することなく、大坂夏の陣で家康の本陣に突入し討死した。後世に江戸幕府・諸大名家の各史料にその勇将振りが記録され、それらを基に軍記物や講談や小説などが創作されて、真田十勇士を従えて宿敵・徳川家康に果敢に挑む英雄的武将として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となった
スポンサーサイト

広瀬宰平 子孫

広瀬宰平(初代住友総理人) 家系・子供



叔父:北脇治右衛門(別子銅山支配人)
実父:北脇理三郎

一人目の妻:相(あい)。難産により嬰児とともに亡くした
二人目の妻:町(まち)。長男・満正を出産したが、宰平35歳のときに病没
三人目の妻:幸(こう)。20歳年下で晩年まで幸せに暮らす

長男:満正
甥:伊庭貞剛(「別子銅山中興の祖」と呼ばれた)


■1828年5月5日、北脇理三郎の次男として近江国野洲郡八夫村(現滋賀県野洲郡中主町)で生まれた

■明治期の実業家。初代住友総理人。別子銅山を近代化し、事業展開の基礎を築いた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


広瀬宰平(ひろせ・さいへい)略歴
【1828年~1914年】明治期の実業家。初代住友総理人。別子銅山を近代化し、事業展開の基礎を築いた。1834年、別子銅山勤務の叔父・北脇治右衛門の養子となり、1836年 9歳のとき、叔父に従って別子銅山に登る。28歳のとき、住友家第10代当主・友視の推挙によって広瀬義右衛門の養子となり、38歳で別子銅山支配人となった。その間、仕事の合間に独学で漢学を修め、中国の古典によって事業経営の真髄を学ぶ。住友家の総理人(初代総理事)となり、家と事業を分離した

小椋佳 家族

小椋佳(作詞家)家系・子供


父:神田今之助(料理屋「張華」、料亭「千世香」を営んだ。船橋市出身)
母:横瀬トク(出自不明。夫と料理屋、料亭を営んだ)
姉:2人
弟:2人

妻:小学校一年生の時からの知りあい

長男:神田知秀
次男:神田宏司(国内でも数少ない琵琶製作者)

甥:神田利則(俳優、タレント)


※参考文献:『日経新聞(私の履歴書)』


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
小椋佳語録http://goo.gl/9Fxcns


小椋佳(おぐら・けい)略歴
日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。1944年1月18日生まれ。東京都下谷區東黒門町(台東区上野)出身。東京都立上野高等学校卒業。東京大学法学部卒業後、日本勧業銀行に入行。同行に勤めながら音楽活動を行った。証券部証券企画次長、浜松支店長、本店財務サービス部長などを経験し26年勤務したのち退行し東京大学文学部哲学科に学士入学。音楽活動と学業に励む。1975年の「シクラメンのかほり」(歌:布施明)は第17回日本レコード大賞などを受賞した。2014年、生前葬としてNHKホールで4日間連続の歌が重複しない100曲コンサートを行った

立川談春 家族

立川談春(落語家)嫁・子供



妻あり


■立川談志の高座にめぐり逢い、落語よりも談志自身に魅力を感じ、談志への入門を決意する

■2015年8月1日・2日 - シアターコクーンにて、当劇場初の落語会を行い、2014年5月から行った三十周年記念ツアーファイナルを迎えた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


立川談春(たてかわ・だんしゅん)略歴・経歴(プロフィール)
落語立川流所属の落語家。出囃子は『鞍馬』。本名は佐々木信行(ささき・のぶゆき)。1966年6月27日東京都に生まれる。小学校1年時に、埼玉県戸田市へ転居。埼玉県立南稜高等学校を中退し、17歳で7代目(自称5代目)立川談志に入門。立川談春との前座名を名乗る。1988年、二つ目昇進。1997年、真打に昇進。2000年3月11年度 国立演芸場花形演芸会銀賞受賞。2003年3月14年度 国立演芸場花形演芸会金賞受賞。2004年3月15年度 国立演芸場花形演芸会大賞受賞

安田純平 嫁

安田純平(ジャーナリスト)家系・子供




妻:歌手。2009年に結婚
子供


略歴・経歴(プロフィール)
■安田純平(やすだ・じゅんぺい)

■日本のフリージャーナリスト

■少林寺拳法二段

■血液型

■身長

■生年月日:1974年3月16日

■年齢41歳(2015年12月現在)

■出身地:埼玉県入間市出身

■出身中学:

■出身高校:埼玉県立川越高等学校

■出身大学:一橋大学社会学部卒業

■卒業後、1997年信濃毎日新聞入社、松本本社配属

■2002年3月、休暇をとりアフガニスタン取材

■2002年4月、文化部に異動

■2002年12月に休暇をとりイラク取材

■2003年1月に信濃毎日新聞社を退社、フリーに

■著作
『囚われのイラク:混迷の「戦後復興」』 現代人文社
『誰が私を「人質」にしたのか―イラク戦争の現場とメディアの虚構』 PHP研究所
『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』 集英社新書

姜尚中 家族

姜尚中(政治学者)家族・子供



父:旧朝鮮南部の慶尚南道昌原郡南山里で出生。仕事を求め日本へ渡った
母:旧朝鮮で生まれた

妻:日本国籍
娘:日本国籍
長男:26歳で死去


■1950年に、熊本市で在日韓国人二世として生まれる

■家族で姜尚中だけが韓国国籍

■日韓両国が新しい時代に対応するために東アジア共同体を構成する必要があると考えている。東アジア共同体の中心はソウルに置くべきだと主張している

■50歳で運転免許を取得

■血液型

■身長


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


姜尚中(カン・サンジュン)略歴
熊本県熊本市出身の政治学者。東京大学名誉教授。専門は政治学・政治思想史。特にアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論研究。1950年8月12日、熊本市で在日韓国人二世として生まれる。作品:『在日』『姜尚中の政治学入門』『愛国の作法』『悩む力』『母 オモニ』など他多数

岡本おさみ 家族

岡本おさみ(作詞家)家系・子供


妻:
長男:邦彦


■森進一さんが歌った「襟裳岬」や吉田拓郎さんの「旅の宿」などを作詞。南こうせつさんや泉谷しげるさんの楽曲の歌詞も手掛けた

■2015年10月に発表された「フォー・セインツwith松坂慶子」の「たまには仲間で」を作詞した

■作曲者としての吉田拓郎とのコンビで知られ、森進一が歌って第16回日本レコード大賞を受賞した「襟裳岬」をはじめ多くの作品を生んだ

■2015年11月30日、心不全のため73歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


岡本おさみ(おかもと・おさみ)略歴・経歴(プロフィール)
【1942年~2015年】日本の作詞家。鳥取県米子市出身。鳥取県立米子東高等学校、日本大学卒業。放送作家から作詞家に転身し、主にフォーク黎明期に活躍した。1993年には作曲家の水野修孝と組んでミュージカル『泣きたくなったら笑うんだ』を制作した

安藤昇 家族

安藤昇(俳優)家系・子供


妻:
長男:ニック安藤(映画プロデューサー)
次男:安藤章(映画プロデューサー)


■東京都渋谷区を拠点とする愚連隊「安藤組」を組織し、組長を務めた経歴から、俳優として「血と掟(おきて)」など数十本の映画に出演。「やくざと抗争」などの著作もある

■家相の研究家でもあり、本も出版した

■2015年12月16日、肺炎のため89歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


安藤昇(あんどう・のぼる)略歴・経歴(プロフィール)
【1926年~2015年】日本の、俳優、小説家、歌手、プロデューサー。1926年(大正15年)5月24日生まれ。東京府東京市豊多摩郡(のちに淀橋区)東大久保天神下(現東京都新宿区新宿6丁目)出身。1965年、自らの自叙伝を映画化した『血と掟』(松竹配給)に主演し映画俳優へ転向した

榛葉賀津也 家族

榛葉賀津也(参議院議員)家系・嫁



父:榛葉達男(静岡県議会議員、菊川町長を務めた)
姉と兄がいる

妻:
子供:1男2女


■得意分野:外交(特に中東問題)、防衛、エネルギー問題

■初代タイガーマスク佐山サトルのリアルジャパンプロレスのコミッショナーも拝命している

■リアルジャパンプロレスのコミッショナーを務めるが、2015年3月20日の後楽園ホールでの興行で場外乱闘に巻き込まれ軽傷を負った

■自宅:静岡県 菊川市に在住

■血液型O型

■身長179cm

■体重76 kg

■著作
『未来をつかみとる若き地方議会人たち』全国20代議員の会編(共著)/ぎょうせい/1998年
『民主党の若手国会議員は何を考えているのか?』政経倶楽部編(共著)/ワンツーマガジン社/2007年
『ミャンマーという特別な国』(共著)/富士社会教育センター/2010年


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/



榛葉賀津也(しんば・かづや)略歴・経歴(プロフィール)
日本の政治家。参議院議員。民主党参議院国会対策委員長・安全保障研究会議会長代行、防衛副大臣(鳩山由紀夫内閣・菅内閣)、外務副大臣(野田第3次改造内閣)、参議院外交防衛委員長などを歴任。1967年4月25日静岡県小笠郡菊川町(現菊川市)生まれ。静岡県立掛川西高等学校卒業後、アメリカ合衆国オハイオ州のオタバイン大学政治学部・国際問題研究学部に入学。イスラエルのテルアビブ大学への留学を経て、1991年にオタバイン大学を卒業し、イスラエルのエルサレム・ヘブライ大学大学院国際政治学部へ留学。1994年、菊川町議会議員選挙に出馬し、初当選。2001年、第19回参議院議員通常選挙に民主党公認で静岡県選挙区(定数2)から出馬し初当選した。現在3期目(2015年現在)

半田孝淳 家族

半田孝淳(第256世天台座主)家系・子供



父:半田孝海(常楽寺(北向観音本坊)の住職)
弟:清水谷孝尚(浅草寺貫首)


■長野県小県郡別所村(現上田市別所温泉)常楽寺(北向観音本坊)に住職半田孝海の長男として生まれる

■1928年に得度。曼殊院(京都市左京区)門主を経て、2007年天台座主。2012年~2014年に全日本仏教会会長も務めた

■2011年には天台座主として初めて高野山真言宗の総本山金剛峯寺の松長有慶座主(当時)を訪問。最澄、空海の両宗祖以来途絶えていた平安二大仏教のトップ対談を約1200年ぶりに実現した

■2015年12月14日、98歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


半田孝淳(はんだ・こうじゅん)略歴・経歴(プロフィール)
【1917年~2015年】日本の天台宗の僧侶。2007年より第256世天台座主。2012年より全日本仏教会会長。旧制上田中学(長野県上田高等学校)を経て、大正大学宗教学科卒業。1960年、長野県仏教会事務局長に就任。1999年、天台宗探題に就任。2004年、曼殊院門跡門主に就任。2007年、第256世天台座主に就任。2012年、全日本仏教会会長に就任。2015年、遷化
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる