fc2ブログ

山田良政 子孫

山田良政(革命運動家)家族・子供



伯父:菊池九郎(東奥義塾創立者。新聞『東奥日報』創刊者。山形県知事)
父親:山田浩蔵(津軽藩士。明治維新後「津軽塗」の振興に貢献した)
実弟:山田純三郎(革命運動家、大陸浪人)


■実弟の山田純三郎も兄の遺志を継いで孫文を支援した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


山田良政(やまだ・よしまさ)略歴・経歴(プロフィール)
【1868年~1900年】日本の革命運動家、大陸浪人。熊本の宮崎滔天らと共に孫文の支援者となり辛亥革命に参加した。陸奥国弘前(後の青森県弘前市)に津軽藩士の子として生まれる。水産伝習所(後の東京海洋大学)に第一期生として進学。卒業後に北海道昆布会社に入社し上海支店に勤務。1894年に勃発した日清戦争の際に職を辞して陸軍の通訳官として従軍。1900年、恵州革命軍に加わるが、敵軍の中で戦死した

石坂周造 子孫

石坂周造(明治の石油王)家系・子供



義兄:山岡鉄舟(妻・桂子の姉・英子は鉄舟の妻)
妻:桂子(勝海舟、山岡鉄舟と並んで「幕末の三舟」高橋泥舟の妹)
長男:宗之助(米国ペンシルバニアに渡り石油業の視察、研究を行う)


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
石坂周造語録http://goo.gl/nTAyxl


石坂周造(いしざか・しゅうぞう)略歴
【1832年~1903年】幕末の志士。尊皇攘夷論者。明治期の石油産業の祖とされ、「石油」の名付け親にして、日本石油の礎を作った人物。佐原(佐原市)で剣術の道場を開いていた村上俊五郎と知り合い、江戸に出て清河八郎と意気投合し、彼の主宰する「虎尾の会」に名を連ねる。維新後に実業界に転じ、石油採掘の事業を興す。長野石油会社を創立するが失敗。その後も失敗を繰り返し、新潟西山油田でようやく成功した

三浦瑠麗 旦那

三浦瑠麗(国際政治学者)家族・子供


高祖母:明治天皇の乳母

父:大学の教授
母:学生結婚
兄、妹、弟がいる

夫:東京大学出身の外交官。1歳上

長女:珠(たま)。早世
次女がいる

※学生時代に結婚する。最初の子供は亡くなる

※両親も学生結婚をしており、父親が大学院在学中に三浦は生まれた

参考文献『シビリアンの戦争』


略歴・経歴(プロフィール)
■三浦瑠麗(みうら・るり)

■国際政治学(国際関係論)研究者

■東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員(リサーチャー)

■血液型A型

■身長

■体重

■スリーサイズ

■カップ

■三浦瑠麗ブログ
http://lullymiura.hatenadiary.jp/

■三浦瑠麗語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4261.html

■生年月日:1980年生まれ

■出身地:神奈川県茅ヶ崎市生まれ

■出身中学

■出身高校:神奈川県立湘南高等学校

■出身大学:東京大学農学部卒業(農学士)

■2003年 同じ大学の先輩の外務省職員男性と結婚

■2006年 東京大学公共政策大学院修了(専門修士)

■2010年 東京大学大学院法学政治学研究科修了(法学博士)

■国際政治学者の藤原帰一の下で学ぶ

■2010年 論文「長期的視野に立った成長戦略―ワーキングマザー倍増計画」により、東洋経済新報社が主催した第26回高橋亀吉記念賞の佳作を受賞

中根喜三郎 家族

中根喜三郎(釣竿職人)家系・子供



曽祖父:中根忠吉(初代竿忠。パリ万国博覧会に和竿を出品)
祖父:中根仁三郎(2代目竿忠。多くの竿を作った)

父:中根音吉(3代目竿忠。著書『竿忠の寝言』)
妹:海老名香葉子(初代林家三平夫人)

甥:9代目林家正蔵と2代目林家三平
姪:海老名美どり(峰竜太夫人)と泰葉(春風亭小朝元夫人)


■両親と祖母・長兄・次兄・弟を東京大空襲で失った(妹・香葉子と自分だけが生き残る)

■曽祖父の中根忠吉(初代竿忠)は朝倉文夫によって銅像がつくられ、竿忠の家に置かれた。長谷川伸の戯曲『名人竿忠』のモデル

■2015年12月8日放送の『徹子の部屋』で、妹の海老名香葉子と出演した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


中根喜三郎(なかね・きさぶろう)略歴・経歴(プロフィール)
日本の釣竿職人。1932年1月1日生まれ。1951年、釣竿職人の道に入り、1956年に独立。1974年、5世4代目竿忠を襲名し、帝国ホテルで襲名披露を行った。江戸和竿協同組合理事長などの要職を歴任した。2015年、名誉都民

小山明 家族

小山明(自動車整備士)家系・子供


父:稔(ディーラーを辞めて小山自動車を創業)
弟:小山博久(兄と小山自動車を運営)
妻:


略歴・経歴(プロフィール)
■小山明(こやま・あきら)

■日本の経営者、自動車整備士

■広島県福山市曙町の小山自動車の2代目経営者

■神の手を持つと評される

■血液型

■身長

■生年月日

■年齢72歳(2015年12月7日現在)

■出身地

■出身中学

■高校卒業後、父親の工場で働く

■小山明と弟・博久が営む小山自動車には、エンジンが動かない半世紀前の車、コンピューター制御の最新高級車、トラックなど、県の内外から続々と修理の依頼が飛び込んでくる

■どんな種類の車も2人は直してしまうことから、「神の手を持つと」評される

■長年その車に乗っている客すらも気づかない点まで気づき、より快適に運転できる車にするべく追求をやめない

■小山自動車の所在地
・広島県福山市曙町〔あけぼのちょう〕1-2-1

■創業は1959(昭和34)年

■従業員に小山芳徳(甥)がいる

井伊直愛 家族

井伊直愛(3代目彦根市長)家系・子供



曽祖父:井伊直弼(幕末の大老。、桜田門外で暗殺される)

父:井伊直忠(伯爵。旧彦根藩主井伊家の第15代当主)
弟:井伊直弘(東京帝国大学農学部卒業。昆虫学者で、農林省に勤務)

妻:井伊文子(歌人・随筆家。旧琉球王家の尚侯爵家の出身)
長男:井伊直豪


■1953年から9期にわたって彦根市長を務め、「殿様市長」と呼ばれた

■在任中の1968年、明治百年を契機に、桜田門外の変以来の歴史的わだかまりを超えて彦根市長として、井伊家当主として、水戸市の木村伝兵衛市長と話し合い、同市と親善都市盟約を締結した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


■井伊直愛(いい・なおよし)略歴
【1910年~1993年】日本の政治家。滋賀県彦根市長(3代目)。水産学者、旧彦根藩主井伊家の第16代当主。伯爵。彦根市名誉市民。1910年7月29日生まれ。滋賀県出身。東京帝国大学農学部水産学科から同大学院に学ぶ。滋賀大学経済学部講師などを歴任。1953年から9期にわたって彦根市長を務め、「殿様市長」と呼ばれた。自宅は彦根市松原町

中野正剛 子孫

中野正剛(政治家・思想家)家族・子供



父:中野泰次郎(旧福岡藩士)
母:トラ(福岡県糸島郡元岡村で醤油醸造業を営む家の娘)
弟:中野秀人(詩人、画家、評論家)

妻:中野多美子

息子:中野泰雄(亜細亜大学名誉教授)


■中野家は代々福岡藩の御船方であり、父・泰次郎の代に分家し福岡市西町(現・中央区今川)で質屋を家業としていた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
中野正剛語録http://goo.gl/OvBuLu


中野正剛(なかの・せいごう)経歴(プロフィール)
【1886年~1943年】日本のジャーナリスト、政治家。現在の福岡県で生まれる。早稲田大学政治経済学科卒業。東京朝日新聞記者を経て、衆議院議員になる(当選8回)。戦時中、東條英機打倒の運動を起こして逮捕され、釈放後に割腹自殺した。現在、福岡市中央区今川地区の一角に中野の銅像が設置されている

平良とみ 家族

平良とみ(沖縄芝居役者)家系・旦那


夫:平良進(俳優)
子供:4人


■1928年那覇市生まれ。「ときわ座」などを経て、1982年に夫の平良進と劇団綾船を結成

■沖縄芝居の舞台などで幅広く活躍する一方、2001年に出演したNHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」で演じた「おばぁ」役などで全国的な人気を得た

■2014年に旭日双光章

■2015年12月6日、87歳で死去

■血液型

■身長

■自宅


平良とみ(たいら・とみ)略歴・経歴(プロフィール)
【1928年~2015年】日本の女優、沖縄芝居役者。本名は平良とみ子(たいら・とみこ)。幼少期を石垣島で過ごし、1942年、13歳のときに八重山にて「翁長座」に入団後、数々の舞台で芝居をこなす。1999年公開の映画『ナビィの恋』でおばぁ(ナビィ)役で主演し、一躍有名になる。琉球新報第2回演劇コンクール・個人演劇賞、沖縄県文化功労賞などを受賞

杉本章子 家族

杉本章子(小説家)家系・旦那


父:
母:
夫:
子供:


■江戸時代を中心に情緒豊かな歴史時代小説を書いてきた

■福岡市の福岡海星女子学院高を卒業後、ノートルダム清心女子大、金城学院大大学院で近世の文学や戯作(げさく)を研究した

■1979年、儒学者の寺門静軒を描いた小説「男の軌跡」が第4回歴史文学賞佳作に入ったのを機にデビュー

■2015年12月4日、乳がんで死去。62歳没


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


杉本章子(すぎもと・あきこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1953年~2015年】日本の小説家。第100回直木三十五賞を受賞。福岡県八女市生まれ。ノートルダム清心女子大学国文科卒業。金城学院大学大学院修士課程修了。1980年、『男の軌跡』で歴史文学賞佳作入選、作家デビューを果たす。平成14年度中山義秀文学賞を受賞。時代小説を中心に執筆した

諏訪貴子 家族

諏訪貴子(ダイヤ精機2代社長)家系・旦那



父:諏訪保雄(ダイヤ精機創業者)
姉:兄の1歳上
兄:6歳で他界

夫:1997年に結婚
子供:1998年長男誕生


■夫の米国赴任が決まり、家族で渡米することに決まっていた最中、父・保雄が突然亡くなり、32歳で2代目社長に就任した

■2012年 日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー2013 大賞(リーダー部門)を受賞


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


諏訪貴子(すわ・たかこ)経歴(プロフィール)
日本の経営者。ダイヤ精機株式会社2代目社長。1971年5月10日生まれ。東京都大田区出身。成蹊大学工学部卒業後、ユニシアジェックスに入社。エンジニアとして2年間勤務後、結婚を機に退社。専業主婦となり、翌年男の子を出産。1998年、先代社長の父保雄の要請でダイヤ精機に入社。2004年、保雄の逝去を機に32歳で社長に就任
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる