FC2ブログ

相馬半治 子孫

相馬半治(明治製菓創立者)家族・子供



実父:庵(田中家7代目。家禄59俵。田中家は代々犬山藩の家臣)
実母:八重子(尾張藩士加藤平八郎の長女)

妻:下斗米清子(旧南部藩出身)

長女:春子
長男:秀夫(夭折)
次男:成朗
婿養子:相馬敏夫(大蔵官僚、官選栃木県知事、明治製糖社長)


■1898年、第百五十二国立銀行の設立に携わった松田通信の仲介で、旧南部藩出身の下斗米清子と結婚して婿養子になった

■1904年、長女・春子が生まれ、1906年に姓を下斗米家の本姓相馬と改めて相馬半治となった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


相馬半治(そうま・はんじ)略歴・経歴(プロフィール)
【1869年~1946年】日本の実業家、研究者。明治製糖、明治製菓の創立者の一人。1869年8月15日、現在の愛知県で生まれる。1903年に東京高等工業学校(現東京工業大学)の教授となり、1906年に教授を辞めて明治製糖の設立に加わり、1916年に明治製菓設立に加わり、1923年から1942年まで明治製菓会長

西周 子孫

西周(哲学者)家族・子供



父親:西時義(旧名・森覚馬)
養子:西紳六郎(海軍中将、政治家、華族、貴族院議員、男爵)
従甥:森鷗外(文豪)


■明治6年(1873年)、森有礼・福澤諭吉・加藤弘之・中村正直・西村茂樹・津田真道らと共に明六社を結成し、翌年から機関紙『明六雑誌』を発行した

■啓蒙家として、西洋哲学の翻訳・紹介等、哲学の基礎を築くことに尽力した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
西周語録http://goo.gl/N2p1Hq


西周 (にし・あまね)略歴
【1829年~1897年】江戸時代後期から明治時代初期の幕臣、官僚、啓蒙思想家、教育者。貴族院議員。東京学士会院(現在の日本学士院)第2代及び第4代会長[2]、獨逸学協会学校(現在の獨協学園)の初代校長を務めた。文政12年2月3日(1829年3月7日)、石見国津和野藩(現、島根県津和野町)の御典医の家柄に生まれる

君島一郎 家族

君島一郎(デザイナー)家族・子供



本妻:君島由希子

長男:君島立洋(たつひろ)。本妻との間の子
次男:君島明(婚外子)。内妻との間の子


■君島一郎によるブランドKIMIJIMAは、いわゆる社交界や上流階級にも好まれ、日本では皇族の愛用者も得た

■一時期、日本のオートクチュール界で一大勢力を誇った


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


君島一郎(きみじま・いちろう)略歴・経歴(プロフィール)
【1929年~1996年】日本の服飾デザイナー。「日本を代表するファッションデザイナー」などと高く評価する声も多かった。1929年2月27日生まれ。埼玉県本庄市出身。1962年、君島一郎オートクチュール第一号店を青山にオープン。1976年にはパリのプレタポルテコレクションに初出品。その後1991年まで年2回、パリ・コレクションで作品を発表しつづけた。1979年 パリにパリキミジマを開店。パリの社交界で評判となった。1991年 パリのファッション雑誌『ロフィシェル』(L'Officiel)にて作品を発表。1996年7月14日、急死する

荘田平五郎 子孫

荘田平五郎(三菱財閥の大番頭)家族・子供


父:荘田雅太郎允命(臼杵藩士の儒者)

妻:藤岡田鶴(たづ)。岩崎弥太郎の妹・佐幾(さき)の長女

長男:荘田達弥(三菱重工取締役を歴任)
四男:荘田泰蔵(三菱重工副社長、日本航空機製造社長などを歴任)
五男:各務孝平(三菱財閥の要職を務めた各務鎌吉の養子に)


■豪傑肌の人物が多い明治の三菱の経営者たちの中にあって、唯一の英国風のジェントルマンであり、生涯を通して「組織の三菱」といわれるような近代的な組織づくりに貢献した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
荘田平五郎語録http://goo.gl/WYDKS9


荘田平五郎(しょうだ・へいごろう)略歴
【1847年~1922年】明治・大正期の三菱財閥の実業家、大番頭、丸の内の産みの親、教育者。長崎造船所第2代所長、三菱造船所支配人、三菱合資会社支配人、日本郵船支配人、東京海上火災保険会社会長などを歴任。1847年11月8日、豊後国臼杵(現・大分県臼杵市)で生まれた

柴田理恵 家族

柴田理恵(タレント)家系・子供



先祖:蝋燭屋伝右嘉門(蝋燭屋から、生糸業に乗り出す。旅館業を始める)

父方祖父:柴田豊三(富山県八尾で理髪店を経営)
母方祖母:のぶ(富山県八尾の老舗旅館、宮田旅館の女将)

父親:柴田豊一(鉄道会社に勤務)
母親:須美子(38年間、小学校の教員として働いた)

夫:元舞台監督。結婚式は劇場で観客を入れた「公開結婚式」を行った


■身長156cm

■体重53kg

■スリーサイズ:バスト90cm ウエスト63cm ヒップ89cm

■血液型B型


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


柴田理恵(しばた・りえ)略歴・経歴(プロフィール)
日本のコメディエンヌ。女優、タレント。1959年1月14日生まれ。富山県富山市(旧・婦負郡八尾町)出身。富山県立八尾高等学校、明治大学文学部演劇学科卒業。劇団東京ヴォードヴィルショーを経て、WAHAHA本舗所属。おばちゃんキャラとして庶民的なイメージが強く、バラエティ番組へのゲスト出演が数多い。現在は東京都在住。創価学会芸術部員

岩瀬忠震 子孫

岩瀬忠震(江戸時代後期の幕臣)家族・子供



実父:設楽貞丈(旗本)
実母:江戸時代後期の儒学者で林家8代、林述斎の娘
養父:岩瀬忠正

妻:岩瀬忠正の娘

子供
・篤之丞
・修理
・壮三郎
・忠升
・他に娘複数


■血縁をたどると、麻田藩主青木一貫の曾孫、宇和島藩主伊達村年の玄孫であり、男系で伊達政宗の子孫にあたる

■1840年5月岩瀬忠正の婿養子となり、岩瀬家(家禄800石)の家督を継いだ


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


岩瀬忠震(いわせ・ただなり)略歴
【1818年~1861年】江戸時代後期の幕臣、外交官。列強との折衝に尽力し、水野忠徳、小栗忠順と共に「幕末三俊」と顕彰された。維新後に正五位を贈られた。島崎藤村の「夜明け前」にも登場する。旗本・設楽貞丈の三男として、江戸芝愛宕下西久保で生まれた。墓所は当初文京区の蓮華寺に葬られたが、後に東京都豊島区の雑司ヶ谷霊園に改葬された

新妻和重 家族

新妻和重(ビクセン 8代社長)家系・子供



父親:新妻貞二(ビクセン社長を務めた)
配偶者:妻あり。結婚記念日は2月26日


略歴・経歴(プロフィール)
■新妻和重(にいつま・かずしげ)

■日本の経営者

■株式会社ビクセン 8代目社長

■新妻和重ブログ
http://ameblo.jp/vixen/

■自宅:東京都 立川市に在住

■血液型A型

■身長

■生年月日:1966年生まれ

■出身地:

■1985年 中央大学杉並高等学校卒業

■1989年 中央大学商学部会計学科卒業

■一般財団法人 プロセスマネジメント財団

■株式会社ビクセン 8代目社長に就任

■株式会社ビクセンは、埼玉県所沢市に本社を置く望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの光学機器メーカーである

■天体望遠鏡における日本国内市場占有率は60%で業界首位 

■世界市場においてもミード、セレストロンに次ぐ20%の市場占有率を確保している

■本社所在地:埼玉県所沢市東所沢五丁目17番地3

野坂昭如 家族

野坂昭如(放送作家)家系・子供



曽祖父:越前福井藩主松平慶永の家臣だった
祖父:警視庁邏卒(後の巡査)だった

実父:野坂相如(土木技師で戦後に新潟県副知事を務めた)
実母:生後、2ケ月で亡くなる
兄:野坂恒如(ジャズ評論家)

妻:野坂暘子(シャンソン歌手)

長女:野坂麻央(作家、エッセイスト。芸名は花景美妃)
次女:愛耀子(女優。元宝塚歌劇団娘役)


■2015年に死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
野坂昭如語録 http://bit.ly/1pZM60a


野坂昭如(のさか・あきゆき)略歴
【1930年~2015年】日本の作家、歌手、作詞家、タレント、参院議員。1930年10月10日神奈川県鎌倉市小町で生まれた。早稲田大学文学部中途退学。著作『アメリカひじき・火垂るの墓 』『エロ事師たち』『道楽のすすめ』『八方やぶれ』『死刑長寿』『かくて日本人は飢死する』など

良寛 子孫

良寛(曹洞宗の僧侶)家族・子供


父:桂誉章(かつら・たかあき)


■難しい説法を民衆に対しては行わず、自らの質素な生活を示す事や簡単な言葉を用いて解り易く仏法を説き、一般民衆のみならず、様々な人々の共感や信頼を得たとされる人物

■最期を看取った弟子の貞心尼が『蓮の露』に良寛の和歌を集めた。良寛は他に漢詩、狂歌、俳句、俗謡に巧みで、書の達人でもあった(故に後世の贋作が多い)

■新潟県長岡市(旧和島村)の隆泉寺に眠る


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
良寛語録http://bit.ly/18w8MHj


良寛(りょうかん)略歴
【1758年~1831年】江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。越後国出雲崎(現・新潟県三島郡出雲崎町)で生まれた。18歳で出家し、玉島(のちの岡山県倉敷市)円通寺の国仙和尚に師事し諸国を回る。生涯、寺を持たず各地を回り布教を行った。自ら質素に生き、民衆にわかりやすく仏法を説いた

服部半蔵 子孫

服部正成(2代目服部半蔵)家族・子供



父:服部保長(戦国時代の忍者および武将。初代服部半蔵)

長男:服部正就(3代目服部半蔵。伊賀同心200人の支配を引継ぐ)
次男:服部正重(4代目服部半蔵。妻は大久保長安の長女)


孫:服部正辰(江戸時代の武士。桑名藩服部家初代)
孫:服部正吉

ひ孫:服部正容
ひ孫:服部保元
ひ孫:服部正純


■服部半蔵(はっとり・はんぞう)は、戦国時代から江戸時代初期にかけて松平氏から徳川氏の麾下で活躍した者を指す。代々「半蔵」を通称の名乗りとした服部半蔵家の歴代当主である

■正成は父の跡目として服部家の家督を継ぎ徳川家康に仕えて遠江国掛川城攻略、姉川の戦い、三方ヶ原の戦いなどで戦功を重ねた

■『寛政重修諸家譜』によると、弘治3年(1557年)、16歳のときに、三河宇土城(上ノ郷城)を夜襲し戦功を立てたという。この際、家康から持槍を拝領したという


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


服部正成(はっとり・まさしげ)略歴
【1542年~1596年】戦国時代から安土桃山時代にかけての三河の武将。通称は半蔵(はんぞう)で、服部半蔵の名でよく知られている。松平氏(徳川氏)の譜代家臣で徳川十六神将、鬼半蔵の異名を取る。実戦では、伊賀衆(伊賀同心組)と甲賀衆を指揮していた
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる