葛西敬之 家族

葛西敬之(JR東海2代社長)家系図・家族・子供


曽祖父:佐渡で私塾を開いた
父方祖父:千秋(現在の開成中学・高校で学んだ)
母方祖父:本荘堅宏(浄土真宗の教師)

父:順夫(明石中学の国語・漢文の教師)
母:益世(聡明で覇気のある人)
妹がいる

妻:省子(鉄道一家に育つ)
子供:3人
孫あり


■葛西家は代々、新潟・佐渡の医者であり、漢学者であった


■松田昌士、井手正敬とともに「国鉄改革3人組」と呼ばれ、日本国有鉄道の分割民営化を推進した


※参考文献『私の履歴書(日本経済新聞)』


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
葛西敬之語録http://goo.gl/6fVc3B


葛西敬之(かさい・よしゆき)略歴
日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)2代目社長を歴任。松田昌士、井手正敬とともに「国鉄改革3人組」と呼ばれ、日本国有鉄道の分割民営化を推進した。1940年10月兵庫県の明石で生まれる。東京で育つ。東京都立西高等学校卒業。東京大学法学部卒業。国鉄に入社。アメリカ・ウィスコンシン大学マディソン校大学院卒業(経済学修士)。1987年 国鉄分割民営化により発足したJR東海の取締役総合企画本部長に就任。1995年 同社代表取締役社長に就任。著書:『明日のリーダーのために』など
スポンサーサイト

佐藤友美 家族

佐藤友美(女優)家系図・家族・子供


生家は名古屋の高級料亭
夫:
子供:


■大人びた都会派の美貌にハスキーボイス、ファッションモデルの様なスラリとしなやかな肢体はスクリーンに映え数多くの映画に華を添えた

■女優の岩下志麻とは大親友である


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


佐藤友美(さとう・ともみ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の女優。血液型O型。1941年10月8日愛知県名古屋市で生まれる。金城学院大学短期大学部中退。俳優座養成所第13期生卒業。同期には細川俊之・佐藤オリエ・真屋順子らがいる。出演映画「松竹・さそり」デビュー作品。「吸血鬼ゴケミドロ」「ラブ・ストーリーを君に」「恐喝こそわが人生」など。出演TVドラマ「水戸黄門」「東京メグレ警視シリーズ」。NHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」「国盗り物語」「草燃える」など

続きを読む

吹石一恵 家族

吹石一恵(女優)家族・子供



父:吹石徳一(近鉄バファローズの内野手として活躍した)
弟:智辯学園高校で甲子園出場経験がある
弟:吹石泰隆(社会人野球を経て航空自衛隊千歳にて整備士)

夫:福山雅治(歌手・俳優)


■趣味:乗馬、英会話、CMウォッチング

■特技:空手(正派糸東流・初段)、フラフープ

■資格:免許普通自動車免許

■2015年9月28日、俳優・歌手の福山雅治と電撃結婚。日本中、いや世界中の女性にショックを与えた


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


吹石一恵(ふきいし・かづえ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の女優、タレント。本名同じ。1982年9月28日大阪府で生まれる。3歳頃に奈良県香芝市へ。大阪女子短期大学高等学校、大正大学文学部日本語日本文学科卒業。1997年、ゲームの映画化作品『ときめきメモリアル』の藤崎詩織役でメジャーデビューした

高田純次 家族

高田純次(タレント)家族・子供


実父:清次(東京ガス勤務)
実母:フクエ(32歳で死去)
継母:美枝(父・清次の再婚相手)  
実兄:病没

妻:勢子(せいこ)日本舞踊の師範免許を持っている

長女:「TAGE」(タージュ)のデザイナー
次女:アルバイトをしながら美術活動(銅版画作家)をしている
孫あり


■幼少時、母親が32歳の若さで病没した後、父親と祖母とその再婚相のいる家庭で育つ

■本業は俳優だがコメディアンとしての側面が強い。各方面から「平成の無責任男」「芸能界一いい加減な男」「元祖テキトー男」などと称される


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
高田純次語録http://bit.ly/OsJuEj


高田純次(たかだ・じゅんじ)略歴
日本のお笑いタレント、俳優。1947年東京生まれ。1971年に自由劇場の舞台を見て俳優を志し入団。同じ研究生仲間だったイッセー尾形と劇団を結成するも半年で解散。サラリーマン生活をはさみ、1977年東京乾電池に入団、再び劇団生活を始める。テレビ、ラジオ、映画で活躍

波田泉有 家族

波田泉有(はだ・みう)家族


母親と2人暮らしをしていた


■波田泉有(はだ・みう)

■年齢18歳

■三重県松阪市久保町の高校3年生

■三重県伊勢市尾上町(おのえちょう)の虎尾山記念碑付近で2015年9月28日午後9時45分ごろ、男性から「人が倒れている」と通報があった。県警伊勢署によると、倒れていたのは波田泉有さん(18)で、すでに死亡していた

■同署によると、波田さんはブラウスとベスト、スカートの高校の制服姿で、胸に刺し傷があり、血を流していた。そばには血のついた刃渡り約20センチの包丁のようなものや波田さんのものとみられる鞄が落ちていた

■同署は殺人事件として捜査を始めた

■殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役





殺人罪(さつじんざい)とは、人を殺すこと(殺人)を内容とする犯罪であり、広義には刑法第2編第26章に定める殺人の罪(刑法199条~刑法203条)を指し、狭義には刑法199条に規定されている殺人罪を指す。日本の刑法における殺人罪は故意による殺人をいい、過失により人を死に至らしめた場合は過失致死罪(刑法210条)の問題となる

千原ジュニア 家族

千原ジュニア(芸人)家系図・家族・子供



父:本籍地が京都府舞鶴市
兄:千原せいじ(お笑い芸人。お笑いコンビ千原兄弟のツッコミ担当)
妻:一般女性


■おばあちゃんっ子である。幼少期ジュニアが周囲におかしい子と言われていたのを祖母だけが否定し、「お前はおかしくない。周りがおかしいんや」とジュニアを庇っていた

■2015年9月28日、一般女性と結婚


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1hFgCsj
千原ジュニア語録http://bit.ly/1qwrjMC


千原ジュニア(ちはら・じゅにあ)略歴
日本のお笑い芸人、司会者、俳優。コンビ千原兄弟のボケを担当。1974年3月30日生まれ。身長180cm。血液型O型。京都府福知山市出身。本名および旧芸名は千原浩史(ちはら・こうじ)。京都共栄学園高等学校中退。NSCの8期生であるが卒業はしていない。15歳という若さでお笑いの世界に入り、18歳で、心斎橋筋2丁目劇場を仕切っていた

高山忠利 家族

高山忠利(肝臓外科医)家系図・家族・子供


父:米屋を営む
妻:
子供:


■1994年に世界初の肝尾状葉単独切除に成功し「高山術式」を確立した

■高山はこれまで不可能とされてきた手術(尾状葉単独全切除)を世界で初めて成功させ多くの患者の命を救ってきた

■難しい手術ばかりを手がけているにも関わらず、高山の患者の5年生存率は64%と全国平均よりも7%も上回る

■その手術の真骨頂は、圧倒的に丁寧で慎重な手技にある


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


高山忠利(たかやま・ただとし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の医学者(消化器外科学)。肝臓外科医。1955年生まれ。東京都出身。日本大学第二高等学校卒業。1980年3月日本大学医学部卒業。1984年3月日本大学大学院医学研究科修了。同年9月医学博士(日本大学)。1987年6月国立がんセンター中央病院外科チーフレジデント。1989年6月同病院外科医員。2001年4月日本大学医学部外科学講座外科3部門教授。2004年4月同講座消化器外科部門教授

岸朝子 家族

岸朝子(料理記者)家族・子供



父:宮城新昌(沖縄出身。カナダと日本で牡蠣養殖を成功させた人物)
母:つる(沖縄出身。大宜味尋常小学校校長、親泊朝擢の娘)
兄:宮城昌康(競馬評論家)
姉:尚道子(たこさんウィンナーの考案者として有名な料理研究家)

夫:岸秋正(陸軍士官学校出身の職業軍人)

次男:俊行


■父親は宮城新昌(みやぎ・しんしょう)。沖縄県国頭郡大宜味村(くにがみぐん おおぎみそん)の出身で、日米でカキの養殖法の開発と普及に貢献し「日本の牡蛎王」の異名をとった人物

■親のつるは大宜味尋常小学校校長で教育者だった親泊朝擢(おやどまり ちょうたく)の娘で、琉球王国第二尚氏3代尚真王の長男(廃嫡)・尚維衡(しょう いこう、浦添王子朝満)の後裔にあたる

■2015年9月22日に心不全のため、91歳で死去


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


岸朝子(きし・あさこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1923年~2015年】料理記者、食生活ジャーナリスト。東京都出身。永田町小学校(現麹町小学校)、府立第三高女(現・東京都立駒場高等学校)を経て、1942年、女子栄養学園(現・女子栄養大学)卒業。東大農学部勤務後、21歳で軍人と見合い結婚し、1947年から夫婦で、千葉県でカキの養殖業を手がける。その後、4人の子どもを育てながら料理記者としてスタートを切る

竹田恒昭 家族

竹田恒昭(明治天皇玄孫)家族・子供



高祖父:明治天皇
父:竹田恒治(旧皇族、外交官。ブルガリア共和国日本国特命全権大使)
いとこ:竹田恒泰(作家、タレント、憲法学者)


■2015年7月、東京都港区六本木の路上において、大麻不法所持で現行犯逮捕された。のち起訴され、同年9月28日に執行猶予付きの有罪判決受ける。元皇族の一員に「前科」がつくきわめてめずらしい例となった

トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


竹田恒昭(たけだ・つねあき)略歴・経歴(プロフィール)
明治天皇の女系玄孫。元電通社員。1979年(昭和54年)9月27日生まれ。日本、アメリカと世界を廻り、2005年株式会社PSYMIN/才民設立。2006年同社代表取締役辞任。同年株式会社電通入社。Eスポーツ事業を展開企画していた。韓国3大大会の一つでもあるWEG(World e-Sports Gaming)日本代表として活動

広岡浅子 子孫

広岡浅子(実業家)家系図・家族・子供



父親:三井高益(小石川三井家6代当主)
実姉:三井春(大坂の豪商・天王寺屋に嫁ぐ)
義弟:第9代広岡久右衛門正秋 (加島銀行初代頭取、大同生命初代社長)

夫:広岡信五郎(第8代加島屋久右衛門正饒の次男)

長女:広岡亀子(一人娘)
女婿:広岡恵三(加島銀行頭取、大同生命2代目社長)


■山城国京都(現・京都府京都市)・油小路通出水の小石川三井家六代当主・三井高益の四女として生まれる

■嫁ぎ先の加島屋(かしまや)とは、江戸時代の大坂の豪商である。明治維新には新政府に援助をするなどして、加島銀行を設立したが昭和恐慌により廃業した


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
広岡浅子語録http://goo.gl/ryLRd4


広岡浅子(ひろおか・あさこ)略歴
【1849年~1919年】日本の実業家、教育者、社会運動家。山城国京都(現・京都府京都市)の小石川三井家六代当主・三井高益の四女として生まれる。17歳で大坂の富豪加島屋(かしまや)広岡信五郎と結婚。維新後は実業界にはいり、鉱山を経営。加島銀行設立、大同生命の創業にくわわった。日本女子大の創立にもつくした。晩年に受洗。日本YWCA中央委員
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる