谷口仁史 家族

谷口仁史の家族・子供


父:地元の名士
兄:東京大学出身
妻:
子供:


■子ども・若者自立支援のエキスパート

■NPO法人「スチューデント・サポート・フェイス」設立者

■相談件数12年で延べ16万超という実績を誇るNPOのリーダーである

■ひきこもり、ニート、虐待、家庭内暴力、リストカット・・・さまざまな問題を抱える若者たちに寄り添い、生きる力を取り戻させ、社会参加へと導いている


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
谷口仁史語録http://goo.gl/F9IMGK


谷口仁史(たにぐち・ひとし)略歴
NPO法人「スチューデント・サポート・フェイス」設立者。1976年、佐賀県武雄市生まれ。佐賀大文化教育学部卒業。NPO「スチューデント・サポート・フェイス」を立ち上げ、訪問支援を続ける。時間をかけて本人周辺の人間関係を構築する手法は「佐賀方式」として知られ、立ち直り成功率は9割に上る
スポンサーサイト

三上博史 家族

三上博史(俳優)家系図・家族・子供


配偶者:妻なし(独身)


■映画「草迷宮」故寺山修司監督作品で主演デビューした

■1984年のTBS系ドラマ『無邪気な関係』でドラマ初出演を果たし、1987年の映画『私をスキーに連れてって』で注目を浴びる


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


三上博史(みかみ ひろし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の俳優、歌手。身長171cm。体重55kg。血液型O型。1962年7月23日東京都で生まれる。横浜市で育つ。高校在学中、友人に誘われてついて行ったオーディションで寺山修司に見いだされ、寺山自身が監督・脚本を手がけ、泉鏡花原作・ピエール・ブロンベルジュ製作のフランス映画『草迷宮』に主演し俳優としてデビューした。出演映画:『私をスキーに連れてって』『孔雀王』『スワロウテイル』『パラサイト・イヴ』など

アーネスト・サトウ 子孫

アーネスト・サトウ(英国の外交官)家族・子孫



祖父:貿易商人
父:デーヴィッド(ドイツ東部のヴィスマールにルーツを持つドイツ人)
母:マーガレット(イギリス人)

妻:武田兼(籍は入れなかった)

子供:3人
長男:栄太郎(米国コロラド州に移住。サトウダイコンを生産した)
次男:武田久吉(植物学者、登山家)


■三男としてロンドンで生まれた。サトウ家は非国教徒でルーテル派の宗教心篤い家柄であった

■戸籍の上では生涯独身であったが、明治中期の日本滞在時に武田兼(カネ)を内妻とし3人の子をもうけた


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
アーネスト・サトウ語録http://goo.gl/o5Nxdr


アーネスト・サトウ略歴
【1843年~1929年】イギリスの外交官。イギリス公使館の通訳、駐日公使、駐清公使を務め、イギリスにおける日本学の基礎を築いた。日本滞在は1862年から1883年(一時帰国を含む)と、駐日公使としての1895年から1900年までの間を併せると、計25年間になる。日本名は佐藤愛之助(または薩道愛之助)

つるの剛士 家族

つるの剛士(俳優)家系図・家族・子供



祖父:進登(農家の生まれ。戦前、中国・上海に渡った)
伯父:鶴野久男(イラストレーター)
父親:貞雄(高校卒業後、協和銀行(現りそな)に勤める)
母親:賀来令子(大分市賀来出身。先祖は大友宗麟の家臣)

妻:1歳年上の元スタイリスト
子供:一男三女


■趣味と特技:将棋(3段)・ギター・ベース・トランペット・釣り・パソコン(Mac)・波乗り

■高校時代よりエキストラなどで芸能活動をはじめ、1997年に『ウルトラマンダイナ』の主演で知名度を上げた


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


つるの剛士(つるの・たけし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の俳優、タレント、ミュージシャン。身長178cm。血液型B型。1975年5月26日福岡県北九州市門司区で生まれる。父親の転勤でその後5歳までは広島県広島市で、6歳から12歳の途中まで大阪府高槻市で、その後は東京都練馬区で育つ。2008年から神奈川県藤沢市に在住。2012年4月、「ふじさわ観光親善大使」に就任した。出演TVドラマ:『ウルトラマンダイナ』『アタシんちの男子』など

山本陽子 家族

山本陽子(女優)家系図・家族・子供


姪:山本亜希子(女優)


■趣味は日本画制作、ゴルフ、麻雀、韓国ドラマ鑑賞、車の運転。特に外車好きは有名で日本人女性として初めてポルシェ911を所有した


山本陽子(やまもと・ようこ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の女優。身長155cm。血液型A型。左利き。1942年3月17日生まれ。東京都中野区出身。國學院高等学校卒業後、野村證券に勤務していたが、1963年に知人が日活ニューフェイスに山本の応募書類を送ったところ合格し、第7期日活ニューフェイスとして芸能界入りした。『しろばんば』『七人の孫』『白い影』『白い滑走路』『となりの芝生』など話題作に立て続けに出演。1994年の舞台『おはん』の演技で第19回菊田一夫演劇賞を受賞。2006年には舞台『いろどり橋』の演技にて名古屋演劇ペンクラブ賞を受賞

森本学 家族

森本学(元ソフトバンク選手)家族・子供


父:
母:
妻:
子供:


■2003年に当時のダイエーに入団し、2011年に引退するまで主に内野手として375試合に出場した

■現役引退後は地元の大阪に戻り介護施設を開設した


森本学(もりもと・さとる)略歴・経歴(プロフィール)
元プロ野球選手(内野手)。介護施設経営。大阪桐蔭高等学校、福井工業大学、シダックス、福岡ダイエーホークス、福岡ソフトバンクホークスで内野手として活躍した。1978年1月6日生まれ。大阪府大阪市鶴見区出身。身長175cm。体重75kg。初出場:2005年3月27日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、11回裏にフリオ・ズレータの代走で出場。初本塁打:2010年6月29日、対千葉ロッテマリーンズ10回戦(千葉マリンスタジアム)、3回表に吉見祐治から左越2ラン

加藤友三郎 子孫

加藤友三郎(内閣総理大臣)家系図・家族・子供



父親:加藤七郎兵衛(広島藩士)
養子:加藤隆義(海軍大将。加藤家の家督を相続)
玄孫:加藤健太郎(大手商社に勤め、環境ビジネスに携わる)


■広島藩士、加藤七郎兵衛の三男として広島城下大手町(現在の広島市中区大手町)に生まれる。父・七郎兵衛は家禄13石の下級藩士だった

■加藤友三郎は海軍大臣、内閣総理大臣(第21代)などを歴任した


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
加藤友三郎語録http://bit.ly/wOfJjH


加藤友三郎(かとう・ともさぶろう)略歴
【1861年~1923年】内閣総理大臣(第21代)。海軍大将。政治家。広島藩士の三男として現・広島県広島市に生まれる。海軍大学校卒。海軍少尉に任官。日清戦争では巡洋艦「吉野」の砲術長をつとめる。日露戦争では連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。海軍大臣、首相を歴任。シベリア撤兵、海軍軍縮条約を履行した。62歳で没

畑肇 家族

畑肇(ハウスメッツガー・ハタ)家族・子供


父:畑弘(ハウスメッツガー・ハタ初代店主)
妻:


■神奈川県川崎市出身

■年齢48歳(2015年8月24日現在)

■畑肇は、入手ルート確保に12年かかったこだわりの肉や、本場ドイツで金賞を取る自家製ソーセージやハムを販売している


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


畑肇(はた・はじめ)略歴
神奈川県川崎市で精肉店を経営。ハウスメッツガー・ハタ2代目店主。神奈川県川崎市出身。東京農業大学第一高等学校を経て、東京農業大学へ進学。31歳の時にドイツに修業に行く。父親の後を引き継ぎ、ハウスメッツガー・ハタ2代目店主に就任






麻生区は川崎市の西北端に位置し、多摩丘陵の一部を占める。全体的に標高は高めであり、川崎市で最も標高が高い地点も麻生区内にある。区の中央から西に流れる麻生川沿いは標高が低くなっている。そのため、麻生区はその周囲を流れる一級河川鶴見川水系および多摩川水系の分水嶺になっており、鶴見川水系麻生川、片平川、真福寺川、早野川、黒須田川、および多摩川水系五反田川、三沢川など多くの川の水源地になっている

田口護 家族

田口護(カフェ・バッハ店主)家族・子供


妻:田口文子(カフェ・バッハ店主)


■田口護は数十年来世界を飛び回って豆を知り、ばい煎を極め、海外でも『レジェンド』と評される存在である

■1968年に夫婦2人で、小さな喫茶店を開業した

■1980年 田口夫妻ヨーロッパ視察(のち雑誌『喫茶店経営』で旅行記連載)

■1988年 田口夫妻中南米産地視察、ブラジル移民80年祭招待、ブラジルコーヒー農園顧問


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


田口護(たぐち・まもる)略歴
カフェ・バッハ店主。数十年来世界を飛び回って豆を知り、ばい煎を極め、海外でも『レジェンド』と評される存在。1938年札幌で生まれる。1968年、カフェ・バッハ開店。1972年、自家焙煎を始める。2000年 沖縄サミット、首里城首脳晩餐会にコーヒーを提供。著書『コーヒー味わいの「コツ」』(柴田書店)他、多数ある

冲方丁 家族

冲方丁(小説家)家系図・家族・子供



父:海外によく転勤した
母:北海道池田町に在住
妹:北海道池田町に在住
妻:30代(2015年現在)
子供:息子と娘


■『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞

■小説で影響を受けた作家は、夢枕獏と栗本薫。そのあまりに強い影響=呪縛から逃れるために、デビュー作執筆の際には、夢枕の『上弦の月を喰べる獅子』を鋸で裁断し、栗本の『魔界水滸伝』は学校の焼却炉に放り込んだ、と語っている


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


冲方丁(うぶかた・とう)略歴・経歴(プロフィール)
日本の小説家、脚本家。日本SF作家クラブ会員。1977年2月14日岐阜県各務原市で生まれる。早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる