佐伯慶子 家族

佐伯慶子(フリーライター)家系図・家族・子供



高祖父:徳川幕府の御家人だった
実祖父:宮部久蔵(零戦パイロット) 
祖母:松乃(清子を出産。戦後想像を絶する混乱の中を生き抜く)
母:清子
弟:佐伯健太郎(弁護士を志すが、4年続けて司法試験に落ちる)


佐伯慶子(さえき・けいこ)略歴・経歴(プロフィール)
フリーのライター、フリージャーナリスト。百田尚樹の著書『永遠の0』に出てくる主人公の一人。モデルはなし。健太郎の姉で、30歳で独身。フリーライターとして新聞社の終戦記念プロジェクトに携わり、健太郎に戦死した実の祖父についての調査協力を頼む。永遠の0』(えいえんのゼロ)は、百田尚樹による日本の小説、またそれを原作とした漫画・映画。放送作家として『探偵!ナイトスクープ』などを手がける百田の作家デビュー作である。2013年12月に映画が公開された。2015年にはテレビドラマが放送された
スポンサーサイト

中山エミリ 家族

中山エミリ(女優)家系図・家族・子供



高祖父:ポール・イングロット(医者)
曽祖父:ロジャー・イングロット(明治時代、マルタから日本に渡る)
曽祖母:中山安乃(松江出身。元々は武士の家系)

祖父:ジョージ(現・早稲田大学理工学部出身。満州や銀座で技術者 )
叔母:中山麻理(女優。元夫は俳優の三田村邦彦)
父親:マイケル中山(俳優)
妹:英玲奈(ファッションモデル、女優、リポーター)

夫:飯沼誠司(ライフセーバーで俳優、タレント)


■曽祖父のロジャー・イングロットはイギリス領マルタで有力な一族の家柄であった。25歳の時に日本に行き、英語教師になる。36歳の時に教え子の中山安乃と結婚する

■身長155cm

■血液型O型


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


中山エミリ(なかやま・えみり)略歴・経歴(プロフィール)
日本の女優、タレント。1978年10月8日生まれ。神奈川県川崎市出身。1994年、日本テレビ系『おれはO型・牡羊座』でドラマデビュー。1996年には『Private Eyes』で歌手デビュー。出演ドラマ:『家なき子2(日本テレビ、1995年)- 小村千穂』『金田一少年の事件簿(日本テレビ、1995年)- 速水玲香』『警視庁鑑識班2004(日本テレビ、2004年)- 中山沙織』など多数

ふせえり 家族

ふせえり(女優)家系図・家族・子供



夫:三木聡監督(ドラマ『時効警察』などを手がける)
子供:娘がいる


■軽妙な演技で存在感を放っている女優である

■20代の頃、竹中直人や大竹まことたちとお笑いの舞台に立っていた

■出演作品:『温泉へ行こう』『ナースのお仕事』『時効警察』など

■資格:普通自動車免許


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


ふせえり 略歴・経歴(プロフィール)
日本の女優、コメディエンヌ。本名及び旧芸名は布施絵理(読み同じ)。1962年9月22日生まれ。東京都大田区出身。出演映画:「友子の場合(1996年) - 田村真知子」「亀は意外と速く泳ぐ(2005年) - クギタニエツコ」「アキレスと亀 (映画)(2008年)」「釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様(2008年)」「武士の献立(2013年)」「麦子さんと(2013年) - 麻生夏枝」など

天野希代 家族

天野希代(従軍看護婦)家系図・家族・子供


祖父:天野大祐(あまの・だいすけ)
母親:天野絹江(あまの・きぬえ)
夫:中川亘(満州の開拓団村で生きる)
子供:中川博人(ソ連侵攻の混乱で生き別れる。後に医者になり多くの患者を救う)


■1931年 佐賀の女学生・天野希代(あまの・きよ)は、かつて入院していた母・絹江を看護した看護婦に憧れ、その夢を目指す

■そして「女性でも国の役に立ちたい」という思いから、従軍看護婦になることを決意する

■天野希代は『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』の主人公

■TBS開局60周年特別企画として制作された日本のテレビドラマで2015年8月1日、8月2日の2夜連続で放送された

■原作:橋本裕志の脚本で、オリジナルストーリー

キャスト
■天野希代:演-松嶋菜々子(幼少期:原涼子、女学生時代:高田里穂)
■天野大祐:演-山崎努
■天野絹江:演-浅茅陽子
■中川博人:演-工藤阿須加(幼少期:高村佳偉人、少年期:中村瑠輝人)
■中川光:演-赤井英和
■中川香織:演-渡辺真起子
■大竹英世(おおたけ・ひでよ)演:笑福亭鶴瓶
■蔵原基介(くらはし・きすけ)演:橋本さとし
■馬渕ハル(まぶち・はる)演: 高梨臨
■高木志津(たかぎ・しづ)演:中島ひろ子
■村本多美(むらもと・たみ)演: 柴本幸

福島徹 家族

福島徹(福島屋)家系図・家族・子供



父親:酒屋を運営
妻:
子供:


■1974年 大学卒業後、家業の福島屋を継いだ

■チラシを出さず、安売りもしない。それでも熱狂的なファンを生み創業以来40年、黒字経営を続けている


■福島屋本社所在地:東京都羽村市五の神3ー15ー1

■株式会社福島屋は、第一回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞審査員特別賞を受賞している

■1971年 2月 有限会社福島屋創業(酒・雑貨)

■1980年 2月 株式会社福島屋へ社名等変更


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


福島徹(ふくしま・とおる)略歴
日本の経営者。スーパーマーケットを経営。株式会社福島屋 会長。1951年東京都で生まれる。1974年 大学卒業後、家業の福島屋を継ぐ。コンビニ経営を経て34歳の時に現在の食品スーパー業態に転換。チラシを出さず、安売りもしない。それでも熱狂的なファンを生み創業以来40年、黒字経営を続けている

大野一 家族

大野一(神戸市議)家系図・家族・子供


父:政治家
配偶者:妻あり
子供:長男、長女


■神戸市会議員7期(2015年7月現在)

■神戸市会自民党神戸議員団自民党兵庫県支部連合会 副会長

■趣味:ゴルフ・登山

■座右の銘:「ドブの中でも良い、前向きになって死にたい」

■好きな食べ物:牛乳、アイスクリーム、野菜(特に大根・にんじん)

■好きな動物:パンダ


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


大野一(おおの・はじめ)略歴
日本の政治家。地方議員。神戸市議会議員7期(2015年7月現在)。血液型O型。昭和27年12月7日 神戸市東灘区に生まれる。兵庫県立御影高校卒業。米国ジョージア工科大学留学。旧兵庫県立神戸商科大学卒業。11年間のサラリーマン生活を経て、昭和62年4月 神戸市会議員初当選

伊藤良夏 家族

伊藤良夏(大阪市議)家系図・家族・子供



三人姉妹の長女
配偶者:夫なし(未婚)


■前職:ファッションモデル

■身長170cm

■趣味:旅行と水泳

■政治信条
私は、今まで政治に興味のなかった人、政治を知らなかった若者に、少しでも政治に興味をもってもらい知ってもらいたいと思っています。そしてもっと積極的に政治に参加してもらいたい。政治家なんて誰を選んでも同じだとあきらめないで、一人ひとり真剣に考えてもらいたい。私も諦めたくない、自分の手で変えたいと思い立ち上がりました


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


伊藤良夏(いとう・よしか)略歴
日本の政治家。大阪市議会議員2期目(2015年7月現在)。大阪維新の会所属。1980年7月22日生まれ。大阪府出身。金蘭短期大学(現千里金蘭大学短期大学部)卒業。モデルとして、首都圏を中心に企業広告やCM、ショーへ出演する。ファッションブランドのオーディションで日本代表に選抜され、フランスのパリ市内でも活動。2011年4月10日 投開票の大阪市議会議員選挙で初当選

渡辺元智 家族

渡辺元智(横浜高校監督)家族・子供



配偶者:妻あり
子供:2人
次女:横浜の硬式野球部寮で栄養士を務めている
孫:佳明(横浜に入学し、硬式野球部に入部)


■田中家の次男として生まれる。中学校卒業までは実の母の「田中」姓であったが、その後叔母の家系に養子縁組したため「渡辺」姓となった

■人間味あふれる高校野球の名将、横浜高校終身名誉監督

■甲子園で歴代3位の監督通算51勝、春夏計5度の全国制覇

■24歳の若さで監督に就任。以後、ほぼ半世紀監督一筋の人生を歩む


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
渡辺元智語録http://goo.gl/RneuHN


渡辺元智(わたなべ・もとのり)略歴
日本の高校野球指導者。横浜高等学校硬式野球部終身名誉監督。同校硬式野球部監督を長年務め、同校を強豪校に育て上げた。1944年11月3日生まれ。神奈川県足柄上郡松田町出身

小池国三(山一証券創業家)

小池国三(山一証券創業者)家系図・家族・子孫



次男:小池厚之助(山一證券社長を歴任)
息子:義郎(兄・厚之助を支える。ケンブリッジ大卒)


■山一證券のヤマイチというのは、もとは甲州財閥の若尾逸平の商号「<市(やまいち)」に由来する

■若尾の店に小池国三は13歳で奉公に入る。後に東京で株式仲買店を起こす時、暖簾
分けをしてもらう意味で若尾の商号を「<市(やまいち)」と書いて使用したのが「山一證券」の始まりである

■小池国三が急死したため、次男の厚之助は27歳の若さで「小池證券」として小池コンツェルンを引き継ぐ


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


小池国三(こいけ・くにぞう)略歴
【1866年~1925年】明治、大正時代の実業家。山梨県出身。甲州財閥の先駆者、若尾逸平(いっぺい)のもとで株式取引などに従事。日清戦争後、東京兜町で株式仲買商として独立、鉄道株などで巨利をあげた。大正6年 山一合資(のち山一証券)を設立。同年小池銀行を創立し頭取。大正11年 東京瓦斯(ガス)社長。おおくの会社の経営にかかわった。60歳死去

山田方谷 子孫

山田方谷(儒家)家系図・家族・子孫



父:五郎吉(菜種油の製造・販売を家業とする農商)
母:梶(西谷家)

妻:若原進(新見藩士の女)

長男:進昌一郎
長女:瑳奇


■山田家は、先祖は清和源氏の流れを汲む武家であったが、方谷が生まれるころは百姓として生計をたてていた

■方谷の思想は後に、弟子の三島中洲の「義利合一論」へと発展して、渋沢栄一らに影響を与えることになった

■また、至誠惻怛(しせいそくだつ)という真心と慈愛の精神を説いたことでも知られる

■安岡正篤は、「この人のことを知れば知るほど文字通り心酔を覚える」と評価している


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
山田方谷語録http://goo.gl/KDsMFS


山田方谷(やまだ・ほうこく)略歴
【1805年~1877年】幕末期の儒家・陽明学者。通称は安五郎。方谷は号。備中聖人と称された。備中松山藩を財政危機から救い、備中聖人と称された。幕末の混乱期には苦渋の決断により藩を滅亡から回避させることに成功。方谷が説く「理財論」および「擬対策」の実践で、藩政改革を成功させた
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる