FC2ブログ

岡崎嘉平太 子孫

岡崎嘉平太(全日空2代目社長)家族・子供



父:岡崎鶴太郎(農家)
母:のぶ
妻:時子(鹿児島県士族・湯地彦二の二女)
子供:長男、次男


■岡山県賀陽郡大和村(現・吉備中央町)に、農業・岡崎鶴太郎の長男として生まれる

■日中国交正常化の際には、田中角栄総理が中国を訪問する2日前、周恩来は岡崎をもてなすために、食事会を開いた。「中国には『水を飲むときには、その井戸を掘ってくれた人を忘れない』という言葉があります」「まもなく田中総理は中国に来られ、国交は正常化します。しかしその井戸を掘ったのは岡崎さん、あなたです」と言ったという


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
岡崎嘉平太語録http://bit.ly/KLRqlj


岡崎嘉平太(おかざき・かへいた)略歴
【1897年~1989年】日本の実業家。全日空2代目社長。岡山県賀陽郡大和村(現・吉備中央町)生まれ。東京帝国大学法学部卒業後、日本銀行に入行。太平洋戦争後は、丸善石油社長などを務めたのち、全日空の前身である日本ヘリコプター設立に関わり、取締役、副社長などを経て、全日空になったのち社長に就任した

今川義元 子孫

今川義元(戦国武将)家系図・家族・子孫



父:今川氏親(駿河今川家9代当主。駿河・遠江守護)
母:寿桂尼(正室。藤原北家、勧修寺流の中御門家(公家)の出自)

兄弟
・氏輝(今川氏の第10代当主)
・彦五郎
・玄広恵探
・象耳泉奘
・氏豊
・瑞渓院(北条氏康室)
・松平親善妻(のち鵜殿長持室)
・中御門宣綱室、関口親永室


正室:定恵院(武田信虎の娘)

子供
・氏真(戦国大名。江戸時代の文化人。駿河今川氏12代当主)
・一月長得(僧侶)
・嶺松院(武田義信室)
・隆福院
・牟礼勝重室


■一般の認知度では、桶狭間の戦いで織田信長に討たれた敗将として有名である


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
今川義元語録http://goo.gl/lCfkKn


今川義元(いまがわ・よしもと)略歴
【1519年~1560年】戦国時代の武将、駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる

黒柳徹子 家族

黒柳徹子(タレント)家系図・家族・子供



伯父:田口修治(日本ニュースのニューヨーク支社長などを務めた)
父:黒柳守綱(音楽家、ヴァイオリン奏者)
母:黒柳朝(声楽家でエッセイスト、随筆家)
弟:黒柳紀明(ヴァイオリニスト)
妹:黒柳眞理(バレリーナでエッセイスト)

配偶者:未婚


■名前は、両親たちが男の子が生まれると思い「徹」という名前を考えていたのだが、実際は女の子が生まれたため「子」をつけて「徹子」とした

■テレビ朝日『徹子の部屋』の司会や、累計800万部を記録し戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者として知られる


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
黒柳徹子語録http://bit.ly/WdyEHk


黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)略歴
日本の女優、タレント、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使。1933年8月9日、現・東京都港区乃木坂で生まれる。血液型はA型。著書『窓ぎわのトットちゃん』は累計800万部を誇る戦後最大のベストセラーとなっている

富田勝 家族

富田勝(プロ野球)家族・子


元妻:白川奈美(歌手)。二児をもうけた後に離婚している
長男:大介(だいすけ)


■法政大学時代は三塁手として活躍。田淵幸一、山本浩二の両氏とともに「法政三羽ガラス」と呼ばれるなど活躍し、1968年ドラフト1位で南海に入団した

■2015年5月26日、68歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


富田勝(とみた・まさる)略歴・経歴(プロフィール)
【1946年~2015年】日本のプロ野球選手(内野手、外野手)、野球解説者、タレント、実業家。大阪府大阪市天王寺区出身。法政大学時代は三塁手として活躍。1968年ドラフト1位で南海に入団。その後、巨人、日本ハムファイターズ、中日ドラゴンズで活躍。プロ野球でも史上2人目の全球団本塁打を達成。引退後はテレビ東京、中京テレビで野球解説者を務める傍ら、『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日)内で野球チーム「たけし軍」の助っ人として活躍するなど、タレントとしても活動した

東山紀之 家族

東山紀之(俳優)家系図・家族・子供



祖父:ロシア人の血を引いている
両親:幼少期に離婚

妻:木村佳乃(女優)

長女:2011年誕生
次女:2013年誕生


■2人兄妹の長男として生まれる

■両親は東山が3歳の時に離婚し、母親の元で育てられた。その後、母親は再婚するが、のちに離婚している

■父方の祖父がロシア人の血を引いていることを明かしている

■ジャニー喜多川から直接スカウトされた数少ないタレントの一人


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
東山紀之語録http://goo.gl/MSnG8U


東山紀之(ひがしやま・のりゆき)略歴
日本の俳優、歌手。三人組グループ・少年隊のメンバー。ジャニーズ事務所所属。身長178cm。血液型A型。1966年9月30日生まれ。神奈川県川崎市幸区出身。明治大学付属中野高校定時制中退。1982年に少年隊のメンバーとなり、 1985年12月12日に少年隊として「仮面舞踏会」でレコードデビューした

中村敏夫 家族

中村敏夫(プロデューサー)家族・子供


妻:三智子


■国民的ドラマ「北の国から」「オレゴンから愛」などを手がけたフジテレビの名物プロデューサー

■人間や自然と真摯に向き合い、多くの良質で骨太なドラマを生み出してきた。穏やかな人柄、誠実な仕事ぶりで、脚本家倉本聰らの信頼も厚かった

■北海道文化放送の取締役、フジアール取締役も務めた


■2015年5月26日、77歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


中村敏夫(なかむら・としお)略歴・経歴(プロフィール)
【1938年~2015年】日本の名プロデューサー。フジクリエイティブコーポレーション顧問。1960年に立教大学文学部卒業。松竹に入社。その後フジプロダクションを経て1980年にフジテレビ入社。主にドラマの制作畑を歩み、国民的ドラマ『北の国から』や『オレゴンから愛』などをプロデュースした。フジテレビジョン取締役、フジクリエイティブコーポレーション取締役副社長を経て、フジクリエイティブコーポレーション顧問を務めた

大谷暢裕 家族

大谷暢裕(真宗大谷派)家系図・家族・子供



父親:大谷暢慶(南米開教区開教使発令に伴いブラジルに移住)
いとこ:大谷暢顕(真宗大谷派代25代門首)


■大谷暢裕は真宗大谷派第26代門首である

■門首は宗祖・親鸞の血脈を継ぐ大谷家の男系男子が継承するが、暢顕(ちょうけん)に子供がいないので暢裕が後継者に指名された

■ブラジル国籍で、ロケットに使う炭素素材などを研究する物理学者でもある


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


大谷暢裕(おおたに・ちょうゆう)略歴・経歴(プロフィール)
浄土真宗の僧。真宗大谷派第26代門首。1951年8月17日京都府で生まれる。1歳の時に父・大谷暢慶の南米開教区開教使発令に伴いブラジルに移住。サンパウロ大学物理学部学士課程卒業。1979年 航空技術研究所勤務。1985年 サンパウロ大学にて物理学博士号取得。40歳の時に父の命で得度し僧侶となる。真宗大谷派第26代門首に就任する

山本富士子 家族

山本富士子(女優)家系図・家族・子供


母:船場の綿花問屋山重の主人の長女
夫:山本丈晴(作曲家、ギタリスト。2011年に死別)

長男:1968年誕生
孫がいる


■実家は南大阪では知られた素封家であった

■山本は日本銀行の就職試験をうけるも不採用となった。後年、当時を知る日銀関係者が雑誌のインタビューで「適性など能力には全く問題がなかった。ただあの美貌ゆえ、男子行員達が落ち着かなくなるのではと心配されて採用が見送られた」と明らかにした

■2002年12月、日本経済新聞で「私の履歴書」を連載


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


山本富士子(やまもと・ふじこ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の女優。本名同じ。身長159cm。血液型AB型。1931年12月11日大阪市西区立売堀で生まれる。和泉市で育つ。京都府立第一高女(現・京都府立鴨沂高等学校)卒業。1950年、読売新聞社・中部日本新聞社・西日本新聞社が主催する第1回ミス日本(700人近い応募者があった)において、満場一致でミス日本の栄冠に輝いた。大映に入社。映画「花の講道館」で長谷川一夫の相手役としてデビューした

大内義昭 家族

大内義昭(音楽プロデューサー)家族・子供


父:
母:
妻:
子供:


■1994年の「愛が生まれた日」などのヒット曲で知られる音楽プロデューサー

■1987年、小比類巻かほる「HOLD ON ME」がヒット

■藤谷美和子と歌唱した「愛が生まれた日」は当時、デュエット曲としては異例のセールスを記録する大ヒットとなった

■2015年5月22日、がんのため北九州市の病院で、55歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


大内義昭(おおうち・よしあき)略歴・経歴(プロフィール)
【1960年~2015年】日本の男性歌手、作曲家、音楽プロデューサー。1960年3月14日生まれ。福岡県八幡市(現・北九州市八幡西区)出身。八幡大学付属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)卒業。1980年代から、本格的な音楽活動を開始。自ら歌うほか、多くのミュージシャンに楽曲を提供した

川西清兵衛 子孫

川西清兵衛(川西財閥創始者)家族・子供



次男:川西龍三(川西財閥2代目総帥。川西航空機社長を歴任)


■日本毛織の創業当初からラシャやモスリンの製造にかけて、国内随一の生産量を誇った

■現在でも毛織物では国内トップクラスの実績を持つ

■川西航空機(かわにしこうくうき)は、かつてあった日本の航空機メーカーであり、現在の新明和工業の前身である


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


川西清兵衛(かわにし・ せいべえ)略歴・経歴(プロフィール)
【1865年~1947年】日本の実業家。川西財閥の創業者。日本毛織株式会社の創業者。大坂で生まれる。1896年 神戸の実業家27人を発起人として日本毛織を創立。昭和毛糸紡績、共立モスリン、山陽皮革、神戸生糸など多数の関連企業を設立し、川西財閥を形成する。川西航空機(現・新明和工業)設立。日本羊毛工業会会長、神戸商工会議所会頭をつとめた。1928年 勲三等瑞宝章
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる