山本一太 家族

山本一太(参議院議員)家系図・家族・子供



祖父:群馬県草津町長を歴任した
父:山本富雄(参議院議員当選3回。農林大臣や自民党参議院幹事長歴任)
姉:夫は群馬県議会議員の田島雄一

妻:国連の職員


■母方は内村鑑三の遠い親せきにあたるという

■シンガーソング・ライターとして、これまでに6枚のCDを発表。特に6枚目のラップ『かいかくの詩』は 東芝EMI(現ユニバーサル ミュージック)から全国発売されている


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


山本一太(やまもと・いちた)略歴
日本の政治家。参議院議員。内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、自由民主党参議院政策審議会長、外務副大臣、参議院外交防衛委員長などを歴任。1958年1月24日生まれ。群馬県吾妻郡草津町出身。中央大学法学部卒業。ジョージタウン大学大学院の国際政治学修士課程を修了。朝日新聞社を経て国際協力事業団(JICA)勤務。1995年、参議院自民党幹事長だった父、山本富雄元農水大臣の急逝を受けて 第17回参議院議員通常選挙に立候補し当選した
スポンサーサイト

古市憲寿 家族

古市憲寿(社会学者)家族・子供


父:公務員
母:専業主婦
妹:専業主婦
配偶者:未婚


■代表作『絶望の国の幸福な若者たち』で、世代間格差や就職難に苦しむ若者たちの生活満足度や幸福度が実は高いことを指摘した

■田原総一朗は戦争に関する古市の言論に関して「絶対反対が前提でなく、戦争すべきか、すべきじゃないか、論理的に話すべきだと言うのである。新しい世代が誕生したな、と感じた」と評価している


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
古市憲寿語録http://goo.gl/NYgI0z


古市憲寿(ふるいち・のりとし)略歴
日本の社会学者 、作家。現代日本の若者をテーマにした著作を発表している。血液型O型。
1985年1月14日生まれ。東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程に入学。同コース修了。著書:『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えてくれなかった』『だから日本はズレている』など

山田顕義 子孫

山田顕義(初代司法大臣)家族・家系・子孫



大伯父:村田清風(長州藩士家老。毛利藩の財政再建に成功)
伯父:山田亦介(海防や軍艦製造、兵制改革に関わる。松陰の兵学の師)
又従兄弟:河上弥市(高杉晋作と親友)
父親:山田七兵衛顕行(長州藩士。大組士、禄高102石、藩海軍頭)
母親:鶴子
弟:河上繁栄(河上弥市が戦死、妹ウメの婿養子になり河上家を継ぐ)

妻:龍子(井上馨の養女、湯田温泉瓦屋の鹿島屋喜右衛門の長女)

子供
長男:夭折
長女:梅子(妾の子。6歳の時に顕義死亡。龍子が養育する)
養嗣子:山田(河上)久雄

梅子・・・会津松平家より、松平容保の三男・松平英夫を婿に取った。英夫は陸軍歩兵中佐に進み病のため現役を離れ、貴族院議員を務めた。英夫の次男・貞夫はインパール作戦に参加し戦死した陸軍大尉。

山田(河上)久雄・・・河上繁栄の長男。顕義夫妻の長男・金吉が早世し、後継ぎとなる子がいなかったため、明治17年顕義の養嗣子となった。

関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
山田顕義語録http://bit.ly/wjhJzK


山田顕義(やまだ・あきよし)略歴
1844年~1892年(天保15年~明治25年)長州藩士、政治家、陸軍軍人。初代司法大臣。松下村塾に学ぶ。尊王攘夷運動に参加。戊辰戦争で活躍。岩倉遣外使節団に随行。日本の小ナポレオンといわれ、明治維新期の軍人として新政府に貢献するとともに、新日本の建立者として、近代日本の法典整備に力を尽くした。皇典講究所(現・国学院大学)、日本法律学校(現・日本大学)の設立にも関わる。享年49歳

辻元清美 家族

辻元清美(衆議院議員)家族・子供



配偶者:未婚(夫なし)
子供:なし


■早稲田大学在学中の1983年、その前年に起きた歴史教科書問題に触発され、アジア諸国と日本の交流の活性化を目的としたNGO「ピースボート」を設立した

■世界60カ国と民間外交を進める

■その後も市民運動に関わり1993年にはエイボン女性大賞教育賞を受賞

■1996年、同年に日本社会党から改称した社会民主党党首の土井たか子の誘いを受け、第41回衆議院議員総選挙に比例近畿ブロック単独で出馬し、初当選した

■後に社会民主党を離党し民主党に入る


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


辻元清美(つじもと・きよみ)略歴
日本の政治家。衆議院議員。民主党幹事長代理、社会民主党政策審議会会長(第5代)、国土交通副大臣、内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)などを歴任。1960年4月28日奈良県で生まれ、大阪で育つ。早稲田大学教育学部卒業。学生時代にアジア諸国と日本の交流の活性化を目的としたNGO「ピースボート」を設立。1996年、衆議院選挙にて初当選した

駒崎弘樹 家族

駒崎弘樹(社会起業家)家系図・家族・子供



配偶者:妻あり
子供:2人いる


■2008年、福田政権において「社会保障国民会議」の委員に就任

■2010年よりNHK中央放送番組審議会委員に就任

■鳩山内閣において内閣府非常勤国家公務員を務めた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


駒崎弘樹(こまざき・ひろき)略歴
日本の社会起業家、病児保育に関するNPO法人フローレンス代表理事。1979年9月18日生まれ。東京都江東区出身。慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒業。在学中にITベンチャー株式会社ニューロンを起業し、ウェブサイトや電子商取引システムを制作・販売する会社で社長として活動した。著書:『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』 『働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法』『「社会を変える」お金の使い方』

牧野茂(プロ野球) 家族

牧野茂(プロ野球)家系図・家族・子供


父:高松商業学校OBで野球部後援会長を務めた
妻:
子供:


■1928年7月26日、香川県高松市の舶来洋服店の家に生まれる


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


牧野茂(まきの・しげる)略歴
【1928年~1984年】プロ野球選手・プロ野球指導者・野球解説者。1991年野球殿堂入り。遊撃手。身長167cm。1928年7月26日生まれ。香川県高松市で生まれる。1951年に中日ドラゴンズに入団。華麗な守備を見せる遊撃手として活躍し1954年のリーグ優勝及び、初の日本一に大きく貢献した。V9を達成した川上監督の名参謀(巨人軍コーチ)として活躍した。1984年12月2日死去。享年56

清水邦広 家族

清水邦広(バレーボール)家族・子供


母:ママさんバレーをしていた
妻:中島美嘉(歌手。2014年12月に結婚)


■2007年ワールドリーグ東京大会に緊急招集され、翌日の試合でいきなり代表デビューを飾った

■2007年ワールドカップでは、初戦の勝利に貢献するなど活躍した

■2008年、北京オリンピック世界最終予選を経て、福澤達哉とともに最年少の21歳で北京オリンピック代表に選出され出場した

■身長192cm

■血液型B型


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


清水邦広(しみず・くにひろ)略歴
日本の男子バレーボール選手。バレーボール男子日本代表。ポジションはオポジット。Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズ所属。1986年8月11日生まれ。福井県福井市品ヶ瀬町出身。東海大学に進学。2007年、大学在学中の20歳で、全日本代表オポジットに選出された

伊藤博文 子孫

伊藤博文(初代内閣総理大臣)家系・家族・子孫



父:林十蔵(百姓)
母:琴子(秋山長左衛門の長女)

先妻:すみ子(入江嘉伝次の娘で入江九一と野村靖の妹。離婚する)
後妻:梅子(木田久兵衛の長女、木田幾三郎の姉。元は下関の芸妓)

子供
長女:伊藤貞子(夭逝。母は梅子)
次女:末松生子(内務大臣・末松謙澄と結婚。母は梅子)
三女:西朝子(ルーマニア公使・西源四郎と結婚。母は伊藤家の女中)
養子:伊藤博邦(井上光遠の四男。妻は易者・高島嘉右衛門の長女たま子)


藤井清子(朝子の娘。チェコスロバキア公使・藤井啓之助の妻)
博精(博邦の息子。妻は高橋是福の娘で高橋是清の孫娘)
伊藤満洲雄(住友軽金属に勤務した)

ひ孫
田付美代子(清子の長女。デンマーク大使・田付景一の妻)
藤﨑芙佐子(清子の次女。最高裁判所裁判官・藤﨑万里の妻)
鶴見蔦子(清子の三女。ジュネーヴ国際機関日本政府代表部大使鶴見清彦の妻)
松本悦子(清子の四女。防衛庁長官・松本十郎の妻)
千家文子(博精の三女。出雲国造家の千家達彦の妻)

玄孫
藤﨑一郎(芙佐子の息子。駐アメリカ大使、元外務審議官)
松本剛明(第145代外務大臣、第8代民主党政策調査会長などを歴任)


■天保12年(1841年)9月2日、現・山口県光市の百姓・林十蔵の長男として生まれる

■農民の子として生まれ、伊藤家の養子となる

■伊藤博文は一番下っ端の忍者(下忍)だったという説もある


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
伊藤博文語録http://bit.ly/xa97qb


伊藤博文 (いとう・ひろふみ)略歴
【1841年~1909年】初代内閣総理大臣。周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代内閣総理大臣(後に5、7、10代の総理大臣)および初代枢密院議長、初代貴族院議長、韓国統監府初代統監を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁に、外交では日清戦争に対処したことが特記できる。ハルビンで朝鮮独立運動家の安重根によって暗殺される。68歳で没

竹内信夫(竹野屋) 家族

竹内信夫(竹野屋5代目亭主)家系図・家族・子供



父:竹野屋4代目亭主
妹:竹内まりや(シンガーソングライター、ミュージシャン)
義弟:山下達郎(シンガーソングライター、ミュージシャン)

妻:広子

娘:結婚して沖縄に
息子:IT業界で活躍
孫あり


■きょうだいは4女2男の6人で、妹にシンガーソングライターの竹内まりやがいる

■竹野屋は高円宮典子さまと千家国麿さんとのご結婚などで話題になった、出雲大社の門前にある、創業140年の老舗旅館である

■大社名物出雲そばと日本海の幸とのハーモニーがおなかを満たし、町内最大の大浴場が旅の疲れも癒してくれる

■館内には美しい日本庭園がいくつもある

■ウェディングプランナーも手掛け、出雲地方の挙式の基本にのっとりながらも、カジュアルな服装での食事会や新郎新婦に司会をさせるなど、形にとらわれない心温まる披露宴が評判になり、竹内はこれまでに4千組もの新郎新婦を世に送り出している

関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


竹内信夫(たけうち・のぶお)略歴
出雲大社の門前 創業140年の老舗旅館「竹野屋」の5代目亭主。ウェディングプランナー。1951年、島根県で生まれる。大学卒業後、京都の老舗旅館での修業を経て24歳で竹野屋に入った

高杉晋作 子孫

高杉晋作(奇兵隊創設者)家系図・家族・子孫



父:高杉小忠太(長州藩士。大組・200石)
母:みち
妹:武(たけ)
妹:栄(はえ)
妹:光(みつ)

妻:雅子(山口町奉行井上平右衛門の次女で、防長一の美人と言われた)

子供:高杉東一(たかすぎ・とういち)
孫:高杉春太郎(たかすぎ・はるたろう)
ひ孫:高杉勝(大成建設に勤務した)


■1839年(天保10年)、長州藩士の長男として生まれた。家は代々毛利家に仕えた上級武士の家柄であった

■高杉家のルーツは諸説あり、小説家の司馬遼太郎は備後国三谿郡高杉村(現在の広島県三次市高杉町)の「高杉城」を晋作のルーツであると指摘している

■松下村塾の四天王と呼ばれ、吉田松陰からの信頼があつかった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
高杉晋作語録http://bit.ly/wiPTzg


高杉晋作(たかすぎ・しんさく)略歴
【1839年~1867年(天保10年~ 慶應3年)】幕末期の長州出身の武士。吉田松陰の松下村塾に入門。尊王攘夷運動に身を投じ、下関防衛のため奇兵隊を創設、藩の倒幕運動を主導した。慶応2年(1866年)には第2次長州征伐に乗り出した幕府軍との戦いを指揮したが、翌年肺結核で没した。享年29歳
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる