平沼赳夫 家族

平沼赳夫(次世代の党党首)家系・家族・子共



曽祖父:平沼淑郎(経済学者、法学博士、第三代早稲田大学学長)
祖父:中川友次郎(内務・農商務官僚、群馬県知事、特許局長官等を歴任)
実父:中川恭四郎(実業家、三明商事創立者、大協石油取締役などを歴任)
実母:節子(早稲田大学総長を務めた平沼淑郎(平沼騏一郎の兄)の孫)
養父:平沼騏一郎(第35代内閣総理大臣)
義父:徳川慶光(政治家、江戸幕府15代征夷大将軍・徳川慶喜の孫)
妻:真佐子(東京、公爵徳川慶光の娘)
子供
・2男1女あり(長女は赳夫の秘書を務めている)


■東京市渋谷区代々木大山町にて、中川恭四郎・節子夫妻の長男として生まれる。赳夫が2歳のとき、恭四郎・節子夫妻を、騏一郎が一家養子として迎えた


関連サイト
平沼赳夫語録 http://bit.ly/QYlevQ


平沼赳夫(ひらぬま・たけお)略歴
日本の政治家、衆議院議員。運輸大臣(第70代)、通商産業大臣(第66代)、経済産業大臣(初代・第2代)を歴任。日本維新の会国会議員団代表に就任。次世代の党党首に就任。養父は第35代内閣総理大臣の平沼騏一郎。昭和14年8月3日に東京市渋谷区代々木で生まれる。慶應義塾大学法学部卒業後、日東紡績に入社し硝子繊維営業部で活躍。代議士秘書を経て昭和55年、衆議院議員総選挙で初当選
スポンサーサイト

竹久夢二 子孫

竹久夢二(画家)家族・末裔・子共



父:菊蔵(家業の造り酒屋をたたみ、操業間近な八幡製鉄所で働く)
母:也須能
妻:岸たまき(結婚生活数年で協議離するが再び同棲、別居を繰り返す)
長男:虹之助
次男:不二彦
三男:草一


■明治17年(1884年)9月16日、 岡山県邑久郡本庄村(現・岡山県瀬戸内市邑久町本庄)に代々酒造業を営む家に次男として生まれる。兄が前年に亡くなっていたため、事実上の長男として育てられた


関連サイト
竹久夢二語録 http://bit.ly/13PZ6v8


竹久夢二(たけひさ・ゆめじ)略歴
【1884年~1934年】明治、大正の画家・詩人。「夢二式美人」といわれる女性絵で一世を風靡する。モデルの女性がいないと描けないことで知られ、多くの女性と浮名を流した。詩作・物語の創作にも才能を発揮した

森本公誠 家族

森本公誠(東大寺長老)家系・家族・子共



祖父:奈良県初瀬街道筋の旧家で、村長をしていたことがある
祖父(母方):陸軍少将で日露戦争に従軍
父:伊市郎(陸軍少将)
母:アイ
妻:ハル子(旧姓は桜井。実家は東大寺僧が開いた西方寺)
長男:僧侶
次男:一般企業に勤務


■森本公誠は1934年、父・伊市郎と母・アイの次男として兵庫県姫路市で生まれた。上に姉3人、兄一人がいる

■先祖は伊賀・藤堂藩の郷士で、農地を所有しながら一種の銀行業を営む特権を有していた

■長年にわたり仏教者の立場から国内外でイスラム教との交流を重ねてきた

■東大寺では清涼院住職、執事長、大仏殿主任、上院院主、東大寺学園理事長を歴任


参考文献:『私の履歴書(日本経済新聞)』


関連サイト
森本公誠語録 http://bit.ly/1tzXlNV


森本公誠(もりもと・こうせい)経歴(プロフィール)
華厳宗の僧侶・イスラム学者、文学博士。東大寺長老で、東大寺総合文化センター総長。2004年から2007年まで第218世東大寺別当・華厳宗管長を務めた。1934年、兵庫県姫路市で生まれる。15歳で東大寺に入寺。奈良女子大学附属中等教育学校卒業後、京都大学大学院でイスラム学を学ぶ。著書:『初期イスラム時代エジプト税制史の研究』(岩波書店、1975年)、『世界に開け華厳の花』(春秋社、2006年)、『聖武天皇 責めはわれ一人にあり』(講談社、2010年)など

おね(北政所) 子孫

おね(北政所)家族・末裔・子共



父:尾張国の杉原定利
母:朝日殿
養父:浅野長勝
実兄:杉原(木下)家定(備中足守藩初代藩主。足守藩木下家初代)
夫:豊臣秀吉(秀吉の正室となった)
甥:小早川秀秋(丹波亀山城主、筑前名島城主を経て備前岡山藩主)
実子はなし


■ふたりの間には子供が無かったので、秀吉や自身の親類縁者を養子や家臣として養育していった。その中でも加藤清正と福島正則は特に有名


関連サイト
戦国武将語録集 http://bit.ly/xdI9T4


北政所(きたのまんどころ)略歴
【1547年頃~1624年】戦国時代(室町時代後期)から江戸時代初期の女性で、豊臣秀吉の正室。尾張国の杉原定利・朝日殿の次女として生まれる。浅野長勝・七曲殿の養女となり浅野家(後の広島藩浅野家)の娘となる。豊臣秀吉の正室となり、夫の立身出世を妻として支えた。ふたりの間には子供が無かったため、秀吉や自身の親類縁者を養子や家臣として養育していった

織田信雄 子孫

織田信雄(松山藩初代藩主)家族・末裔・子共/span>



父:織田信長
母:生駒吉乃
養父:北畠具房

兄弟
・信正
・信忠
・信孝
・羽柴秀勝
・勝長
・信秀
・信高
・信吉
・信貞
・信好
・長次
・他


正室:千代御前(北畠具教の娘)
継室:木造具政の娘
側室:津田氏など

子供
・秀雄
・高雄
・信良
・高長
・信為
・良雄
・長雄
・加爾姫
・小姫(徳川秀忠正室)、
・娘(生駒直勝室)
・八重姫(土方雄氏室)、
・娘(佐々木政勝室)
・娘(佐々一義室)


■主君は織田信長→秀信→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠


関連サイト
戦国武将語録集 http://bit.ly/xdI9T4


織田信雄(おだ・のぶかつ/のぶお)略歴
【1558年~1630年】安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。大和宇陀松山藩の初代藩主。尾張国丹羽郡小折(現・愛知県江南市)の生駒屋敷で織田信長の次男として生まれる。生母は生駒家宗の娘・吉乃

上沼恵美子 家族

上沼恵美子(お笑いタレント)家系・家族・子共



祖母:浄瑠璃の師匠、太棹三味線の名手だった
父:演芸、マジック好きの銀行員
姉:浄瑠璃のものまね、漫才をしていた
夫:上沼真平(関西テレビの演出家、常務取締役・制作局長などを歴任)

子供
長男:1979年誕生
次男:1984年誕生


■姉の相方がデビュー前に逃げたため、姉と漫才コンビを組むことになった1971年、中学校卒業後、姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」の妹海原千里(海原お浜・小浜門下)としてデビューした


関連サイト
上沼恵美子語録 http://bit.ly/1n6oPCp


上沼恵美子(かみぬま・えみこ)略歴
お笑いタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。1955年4月13日生まれ。兵庫県三原郡南淡町(現・南あわじ市)出身。本名同じ。旧姓は橋本。帝国女子高等学校大和田校(現・大阪国際大和田高等学校)中退。関西を代表するタレントの1人、主に関西ローカルの番組に出演している

松坂慶子 家族

松坂慶子(女優)家系・家族・子共



夫:高内春彦(ジャズギタリスト。1990年に結婚)
子供:長女と次女がいる


関連サイト
松坂慶子語録 http://bit.ly/UNMQnu


松坂慶子(まつざか・けいこ)略歴
日本の女優・歌手。1952年(昭和27年)7月20日生まれ。身長162cm、血液型はA型。東京都大田区出身。中学3年の1967年(昭和42年)、「劇団ひまわり」に入団。同年、幼児向けコメディ『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』(NET)でテレビ初出演。主な出演映画:『夜の診察室』『藍より青く』『事件』『蒲田行進曲』『死の棘』など。出演テレビドラマ:『おくさまは18歳』『国盗り物語』『元禄太平記』『草燃える』など

児玉清 家族

児玉清(俳優)家系・家族・子共



妻:北川町子(元映画・テレビ女優。本名は北川好子)
長男:北川大祐(元タレント。児玉清事務所代表、株式会社チカダ社長)


関連サイト
俳優(日本)語録集 http://bit.ly/1bZnlGe


児玉清(こだま・きよし)略歴
【1934年~2011年】日本の俳優、タレント、司会者、作家。児玉清事務所代表、事務用品の販売・卸会社の株式会社チカダ専務を歴任。現・東京都北区出身。芸能界きっての読書家としても知られ、多くのエッセー・書評も執筆した。晩年は口髭を生やしてテレビ出演していたため、その口髭もトレードマークとなり有名となった

麻美ゆま 家族

麻美ゆま(タレント)家系・家族・子共



父:フィリピンパブ「ドリーム」を経営
母:再婚してゆまを生む。姉と兄は母の連れ子である
姉:10歳上 
兄:7歳上(23歳で自殺)



■1987年、群馬県高崎市で生まれる。親は日本でもっとも古いフィリピンパブ「ドリーム」を経営し、その2号店「ニュードリーム」が店舗兼実家だった

■現在はタレント、ファンクラブイベントを中心に活動し、アダルトビデオの出演は休業している

■『東京スポーツ』での連載コラム等で自ら「ドM」と公言している


関連サイト
芸能界(日本)語録集 http://bit.ly/UcuzAj


麻美ゆま(あさみ・ゆま)略歴
タレント、元AV女優。1987年3月24日群馬県高崎市で生まれる。血液型AB型。スリーサイズ:96-58- 88cm。趣味は香水集め。特技は英会話(実用英語技能検定 準2級)、ピアノ演奏。AV女優仲間でも蒼井そらとは公私ともに仲が良く、テレビの旅行企画番組でも二人で出演している

与謝蕪村 子孫・末裔

与謝蕪村 (俳人、画家)家系・家族・子共



父:豊かな農家とされるが詳しいことは分からない
母:げん(丹後与謝の出身で、ここから与謝と名乗ったとされる)
妻あり:蕪村が45歳頃に結婚し、一人娘『くの』を儲けている
娘:くの(結婚したが、半年で離縁して蕪村の元に戻ってきた)


■享保元年(1716年)、摂津国東成郡毛馬村(ひがしなりごおり けまむら)(現・大阪市都島区毛馬町)に豊かな農家の家に生まれた。それ以上の詳しいことはわかっていない

■松尾芭蕉、小林一茶と並び称される江戸俳諧の巨匠の一人であり、江戸俳諧中興の祖といわれる

■蕪村に影響された俳人は多いが、特に正岡子規の俳句革新に大きな影響を与えたことは良く知られている


関連サイト
与謝蕪村語録 http://bit.ly/1tsvr6l


与謝蕪村(よさ・ぶそん)略歴
【1716年~1784年】江戸時代中期の日本の俳人、画家。摂津国東成郡毛馬村(ひがしなりごおりけまむら)(現・大阪市都島区毛馬町)に生まれた。蕪村七部集(其雪影、明烏、一夜四歌仙、続明烏、桃李、五車反古、花鳥篇、続一夜四歌仙)
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる