柴門ふみ 家族

柴門ふみ(漫画家)家系・家族・子共


夫:弘兼憲史(漫画家)
1男1女あり


※徳島市立高等学校卒業後に上京し、お茶の水女子大学文教育学部哲学科に入学。湯田伸子らがいた漫画研究会に所属し、同人誌を精力的に発表する。この時期から弘兼憲史のアシスタントを務め、その後、結婚した。


関連サイト
柴門ふみ(漫画家)語録 http://bit.ly/1jKpxbQ
弘兼憲史語録 http://bit.ly/11vulG9


柴門ふみ(さいもん・ふみ)略歴
日本の漫画家、エッセイスト。1957年1月19日生まれ。徳島県徳島市出身。恋愛エッセイを数多く執筆。恋愛の巨匠、恋愛の教祖等と呼ばれた。夫は同じく漫画家の弘兼憲史。代表作:『P.S. 元気です、俊平』『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』など。
スポンサーサイト

プロ野球選手 家族

プロ野球の家系図・家族・子孫



秋山幸二(打者・監督)http://goo.gl/CeX9DZ
秋山翔吾(外野手)http://goo.gl/x7n6FG


石井一久(投手 ・契約社員)http://bit.ly/1pcO64u
イチロー(打者)http://goo.gl/nQ9JyT
岩隈久志(投手)http://goo.gl/BYC6cF


上原浩司(投手)http://goo.gl/Ic11jG


王貞治(打者・監督)http://goo.gl/hoxXuS
大谷翔平(投手・打者)http://bit.ly/1qB73yU
落合博満(ミスター三冠王)http://goo.gl/hguGrD


金田正一(伝説の投手)http://goo.gl/fXKkl8
金本知憲(打者)http://goo.gl/YD5uPX
川上哲治(打撃の神様・名監督)http://bit.ly/180rIE3


工藤公康(投手・監督)http://goo.gl/6hkYPx


高橋由伸(打者)http://goo.gl/PsuJNU
田中将大(投手)http://goo.gl/MGlo6W
ダルビッシュ有(投手)http://goo.gl/qX6D8v


長嶋茂雄(ミスタープロ野球)http://goo.gl/bjU6NG


野村克也(打者・監督)http://goo.gl/3wQoss


原辰徳(打者・監督)http://goo.gl/KywjGD


古田敦也(キャッチャー、野球解説者)http://goo.gl/GBKNLK


星野仙一(楽天監督)http://goo.gl/IMMXye


松井秀喜(打者・外野手)http://goo.gl/6Xd8Rn
マック鈴木 (投手)http://bit.ly/1tswhjn
松坂大輔(投手)http://goo.gl/vGTZAD


和田一浩(打者)http://goo.gl/x8eigG

鳥羽博道 家族

鳥羽博道(ドトールコーヒー創業者)家系・家族・子共



父:明治39年生まれ。東京、千葉などで薪や炭を売るなど手広く商売をしていた。
母:9歳の時に病気で他界
姉二人と弟二人あり
妻:
長男:豊(駒澤大学卒業、ドトールコーヒー入社。平成17年同社の社長)


関連サイト
鳥羽博道(ドトールコーヒー創業者)語録 http://bit.ly/K1L4h8


鳥羽博道(とりば・ひろみち)略歴
日本の実業家。ドトールコーヒー創業者、名誉会長。1937年に埼玉県深谷市で生まれた。深谷商業高校中退。58年にブラジルへ単身渡航し、コーヒー農園等で3年間働いたあと帰国。コーヒー会社に勤務するが、62年に独立して、ドトールコーヒーを設立した

黒田光(官兵衛の妻)

黒田光(くろだ・てる)略歴
【1553年~1627年】黒田官兵衛の正室。乱世の激流のなかで官兵衛と黒田家を明るく支えたことで知られる。小寺政職の縁戚・櫛橋(くしはし)家の次女。官兵衛とは政略結婚である。官兵衛がいくさで城を空けた時には黒田家の女主人として城の者たちを統率。官兵衛の子飼いの家臣たちの母親代わりも務めた。官兵衛が織田信長に帰順すると、毛利方についた実家が敵となったり、官兵衛が有岡城に幽閉され心痛のときを過ごしたり、織田家に人質として嫡男(松寿丸・後の長政)が殺されそうになったりと、波瀾万丈の人生であった。だが夫婦の絆は強く、官兵衛は生涯側室を持たなかったとされる。


関連サイト
戦国武将語録集 http://bit.ly/xdI9T4

黒田重隆

黒田重隆(くろだ・しげたか)略歴
【1508年~1564年】戦国時代の武将。黒田官兵衛の祖父。諸国を流浪したあとに姫路城にたどりつくと、一介の浪人の身から家伝の目薬を売って財を集め、それを元手に家臣を増やした。やがて土地の有力豪族・小寺政職の目にとまり、息子・職隆、ひいては孫の官兵衛を仕官させることとなった。体面や因習にとらわれず、実利と人材を重んじることで黒田家の基礎をつくった自由人。


関連サイト
戦国武将語録集 http://bit.ly/xdI9T4

黒田職隆 家族

黒田職隆(くろだ・もとたか)略歴
【1524年~1585年】播磨国の姫路城主にして、小寺家筆頭家老。家柄や血筋を重んじる小寺の重臣たちから外様と蔑まれながらも、黙々と務めを果たして主君・小寺政職の信頼を勝ち得た。しかし、有能であるがゆえに政職が警戒する存在となり、若くして家督を息子の官兵衛に譲る。隠居後は官兵衛の頼もしい補佐役となった。有岡城主・荒木村重によって官兵衛が幽閉されると、一時的に黒田家当主の座に復帰し、官兵衛が戻るまで黒田家を守った。一方、逃亡した政職の子をひそかに引き取って養育したともいわれ、その清廉で忠義一徹なところを羽柴秀吉が賞賛したという逸話も残る。


黒田職隆の家族


・明石正風の娘・いわ(小寺政職の養女)
・神吉氏(黒田利則母)
・母里氏(黒田直之母)

子供(子孫)
・孝高(官兵衛・如水)
・利高(利隆・兵庫助)
・利則
・直之
・香山妙春(三木清閑の妻)
・秋山妙円(虎、尾上武則の妻)
・心誉春勢(一柳直末の妻)
・浦上清宗の妻


関連サイト
戦国武将語録集 http://bit.ly/xdI9T4
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる