豊田真由子 家族

豊田真由子(衆議院議員)家系・旦那


父:頭脳明晰
母:頭脳明晰
姉と妹がいる
夫:官僚
子供:長男と長女がいる


■1974年10月10日、千葉県で生まれる

■3人姉妹の真ん中で、元気いっぱいに育つ。幼い頃から探究心旺盛であった

■桜蔭中学校卒業。桜蔭高等学校卒業。東京大学法学部卒業。厚生省入省。ハーバード大学大学院修了。学位は修士(ハーバード大学・2002年)

■血液型:A型
                          
■趣味:絵画鑑賞、ジョギング、料理、生け花

政策
■友好国との連携を重視しつつ、自分の国を自分で守る確固たる国防・安全保障体制の確立

■税制や規制の見直しによる日本企業の競争力強化、環境・福祉などの成長分野への投資、 拡大する新興国市場への進出・輸出の促進等を通じて、国内の雇用を拡大し、成長を目指す


略歴
■豊田真由子(とよた・まゆこ)
日本の政治家。衆議院議員。内閣府大臣政務官、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。自由民主党女性局次長・青年局次長・国会対策委員会委員などを歴任
スポンサーサイト

レイ・クロック 子孫

レイ・クロック 家族・家系・子供
(マクドナルド創業者)



曽祖父:フォッシー(ボヘミアから渡米)
叔父:薬局を経営

父:土地の売買をした


・エーテル・フレミング (1922–1961)
・ジェーン・グリーン (1963–1968)
・ジョアン・クロック (1969–1984、死別)


実娘:マリリン(1924年10月誕生)
義息:バラード・スミス


■1930年に父親が他界する。父の遺品を整理した際に、黄色く変色した紙が見つかる。その紙は4歳だったレイ・クロックの骨相(頭骨の形状により運勢や性格を判断する占い)についてのもので、将来はシェフまたはフードサービスの仕事に就くだろうという骨相学者の予測が書かれていたという


※参考文献『成功はゴミ箱の中に』


略歴
■レイモンド・アルバート・クロック
【1902年~1984年】アメリカ合衆国の実業家。マクドナルドコーポレーションの創業者で、マクドナルドをフランチャイズ展開して、世界最大のファーストフードチェーンに仕立て上げた。イリノイ州シカゴ西郊のオークパークで生まれた

柳家権太楼 家族

3代目柳家権太楼(落語家)家系


母:静子(大工の棟梁の娘)
兄:3歳上
妻:智子(青学出身)
子供:


■母親の静子は深川・木場の大工棟梁の跡取り娘だった。10代の娘時代から帳場を仕切り、40人の若い衆を指図していた。巣鴨で手相をみてもらった時に、『あんたの息子の中に世に出る人がいるから大切にしろ』と言われたという。90歳で死去

■権太楼は小学生の時から母親に奇席に連れて行ってもらったという

■妻の智子は青学のオチケン部員だった。お酒がとても好き


※参考文献『時代の証言者(読売新聞)』


関連サイト
柳家権太楼語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4288.html


略歴
■3代目柳家権太楼(やなぎや・ごんたろう)
日本の落語家。出囃子は『金比羅』。 現在の落語界を代表する爆笑派。十八番の『代書屋』で知られる。本名は梅原健治(うめはら・けんじ)。ニックネームは「ゴンさま」。趣味はゴルフと読売ジャイアンツの応援。1947年1月24日生まれ。東京都北区出身。明治学院大学法学部卒業

名取忠彦 子孫

名取忠彦 家系・子供
(山梨中央銀行4代目頭取)



祖父:広瀬久光(山梨県の名望家。県会議員)

父:広瀬久政(政治家。甲斐新聞主筆)
兄:広瀬久忠(厚生大臣。内閣書記官長)
妻:淑子(貴族院議員、甲府市長の次女)


■父親の広瀬久政(ひろせ・ひさまさ)は、衆議院議員3期、甲斐新聞主筆、七里銀行取締役などを歴任した

■妻の父親の名取忠愛(なとり・ちゅうあい)は、甲府市山田町の商家で地元の名士であった。甲府市長((官選第10・12代)、貴族院議員を歴任

■名取は金丸信(副総理)の後ろ盾として知られる。金丸が政治家になる前に、ブドウを使ってワインをつくっている工場の運営を任せている。その際、10億円を出している。金丸は東京、札幌、福岡、大阪に営業所をつくり、北海道から九州まで売り歩いた。その努力が報われワインでは全国で17、8番目の会社になり、天皇、皇后陛下も工場に来場している  


略歴
■名取忠彦(なとり・ただひこ)
【1898年~1977年】日本の経営者。山梨中央銀行4代目頭取。山梨県商工会議所会頭などを歴任。1898年11月26日、 山梨県東山梨郡七里村(現在の甲州市)で生まれる。東京帝国大学経済学部卒業

谷口吉生 家族

谷口吉生(建築家)家系・夫人


曽祖父:九谷焼の窯元「金陽堂」創業
祖父:吉次郎(金陽堂を引き継ぐ)
祖父:松井清足(東京駅設計に参加)
父:谷口吉郎(新進の建築家)
母:松井絹子(清足の次女)
姉:真美子(裏千家家元14代宗室次男と結婚)
妹:真紀子(夫は画家の杉山寧の次男・晋)
妻:谷口久美
子供:なし


■1937年10月17日、東京で、3代目の建築家として生まれる

■父親の谷口吉郎は日本大使館の庭、東宮御所、東京博物館や帝国劇場などを手掛けた。1974年に日経新聞の『私の履歴書』を連載している

■妻の久美は芦屋の実業家の家に生まれ、関西学院大学在学中にフランスに留学。卒業後は、仏オートクチュールブランド、ディオール社の駐日代表をした

■谷口には子供はいないが、自分が設計した建築はすべて自分の子供のような気がするという


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


関連サイト
谷口吉生語録


略歴
■谷口吉生(たにぐち・よしお)
日本の建築家。東京藝術大学客員教授。日本芸術院会員。日本建築学会賞作品賞2度。吉田五十八賞。高松宮殿下記念世界文化賞など多数受賞。2011年 旭日中綬章。2016年 ローマ・ピラネージ賞。1937年10月17日生まれ。東京都出身。慶應義塾大学工学部機械工学科卒業。ハーバード大学建築学科大学院修了
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる