海江田信義 子孫

海江田信義(有村俊斎)家系・子供
(薩摩藩士・奈良県知事)


父:有村仁左衛門兼善(薩摩藩士)
母:有村連寿尼(森元高見の娘)


・有村雄助(桜田門外の変に参加)
・有村次左衛門(桜田門外の変に参加)
・有村國彦(第五銀行頭取)


・まつ(日下部伊三治長女)
・アイ(小山宗兵衞二女)

息子
・信清
・虎次郎(子爵 式部官 嗣子)
・幸吉
・鷹次郎
・信秀
・信廣(地質学者)
・信隆(西川家の婿となる)


・エイ(税所篤文の妻)
・ハル(東郷吉太郎の妻)
・アキ(町田彦ニの妻)
・千穂子(鈴木五郎の妻)


・海江田一郎(子爵襲爵)
・海江田進(英文学・英語学者)

ひ孫
・海江田忠義
・東郷尚武


■幕末期は有村俊斎と名乗り、後に海江田信義となる。精忠組に参加し、生麦事件では英国人リチャードソンにとどめを刺した。維新後は奈良県知事や枢密顧問官などの要職を歴任した


略歴
■海江田信義(かいえだ・のぶよし)
【1832年~1906年】日本の武士(薩摩藩士)、政治家。奈良県知事。枢密顧問官。通称は武次(たけじ)。幕末期は有村俊斎の名で活動した
スポンサーサイト

西郷従道 子孫

西郷従道 家系・家族・子供
(薩摩藩士・海軍大臣)


先祖:菊池一族(南朝の雄)

祖父:龍右衛門(御台所口御番)

父:西郷吉兵衛隆盛(薩摩藩下級藩士)
母:まさ(椎原権右衛門の娘)
兄:西郷隆盛(維新の功労者)

妻:清子(得能良介の長女)

子供
長男:西郷従理
次男:西郷従徳(陸軍大佐、貴族院議員)
三男:西郷豊彦(陸軍少将、貴族院議員)
四男:上村従義(上村海軍大将養嗣子)
五男:西郷従親(海軍機関大佐)
六男:西郷豊二
七男:小松従志(伯爵小松重春の養子)
娘:政子(外交官楢原陳政の妻)
娘:栄子(平岡良助の妻)
娘:桜子(公爵岩倉具張の妻)
娘:不二子(男爵・実業家古河虎之助の妻)


・西郷従吾(陸軍大佐)

ひ孫
・西郷力丸(鎌倉学園の英語教諭)
・西郷從節(富士通、富士通総研)

玄孫:西郷真悠子(女優)

従兄:大山巌(陸軍大臣)
遠戚:武豊(ジョッキー)


■西郷従道は明治時代の軍人、政治家、西郷隆盛の実弟。西南の役では、兄・隆盛につかずに政府の留守をあずかった。海軍大臣や内務大臣の要職を歴任したが、内閣総理大臣だけは、兄・隆盛が逆賊の汚名を受けたことを理由に断り続けたという


略歴
■西郷従道(さいごう・じゅうどう / つぐみち)
【1843年~1902年】薩摩藩士。陸軍および海軍軍人。階級は元帥海軍大将。政治家。文部卿、陸軍卿、農商務卿、元老、海軍大臣、内務大臣、貴族院議員を歴任した

有馬新七 子孫

有馬新七(薩摩藩士)家系・子供


父:坂木四郎兵衛(薩摩藩伊集院郷の郷士)


■父が城下士の有馬家の養子となったため、新七もそのまま城下士となり、鹿児島城下の加治屋町に移住した

■有馬新七は幕末の薩摩藩士で精忠組に参加し、京での挙兵計画を構想したが、島津久光が派遣した藩士らに伏見の寺田屋で殺害された

■精忠組(せいちゅうぐみ)は、幕末の薩摩藩に存在した藩内組織。誠忠組とも呼ばれる



略歴
■有馬新七(ありま・しんしち)
【1825年~1862年】日本の武士。薩摩藩士。薩摩藩邸学問所教授。尊皇攘夷派の志士達と多く交流して水戸藩とともに井伊直弼暗殺(桜田門外の変)を謀ったが、自藩の同意を得られなかったため手を退き、結果的に水戸藩を裏切る形となった。 その後も過激な尊皇攘夷活動を続け、同志達と共に寺田屋に集っていたところを、同じ薩摩藩士らによって粛清された(寺田屋事件)

住田正二 家族

住田正二 家系・子供・息子
(運輸事務次官・JR東日本社長)



祖父:住田勇次郎

父:住田正一(東京都副知事等歴任)
母:小杉千鶴(小杉権次郎の四女)
兄:住田俊一(日本旅行業協会会長)

妻:山崎貴美江(山崎種二の次女)

長男:住田親治(ナビックスライン)
次男:住田守弘(日本興業銀行)



■1922年5月26日、兵庫県神戸市で生まれる

■小学校から旧制高校まで成蹊で過ごし、同級生には緒方四十郎(日本銀行理事、日本開発銀行副総裁などを歴任)や堀江鉄弥がいた

■2017年12月20日、老衰のため死去。95歳没



略歴
■住田正二(すみた・しょうじ)
【1922年~2017年】日本の官僚、実業家。運輸事務次官やJR東日本初代社長を歴任。1922年5月26日、兵庫県神戸市で生まれる。父の正一が呉造船所社長だった事から本籍は居住経験のない広島県呉市で広島県人会にも登録されていた。東京帝国大学法学部政治学科卒業。運輸省入省。運輸省鉄道監督局長。運輸事務次官。運輸大臣だった橋本龍太郎の要請を受けて1987年(昭和62年)にJR東日本社長に就任した

西郷桜子 子孫

西郷桜子 家族・家系・子供
(西郷従道の娘)


父:西郷従道(西郷隆盛の弟)

夫:岩倉具張(貴族院議員)

子供:3男4女

ひ孫:西郷真悠子(女優)


■夫の岩倉具張(いわくら・ともはる)は、岩倉具視の孫である。芸者遊びが好きで、土地の投機で失敗をして、多額な借金を抱えて隠居する

■西郷桜子は夫が投機で失敗した後、夫と別居しクリスチャンに入信した。99歳で死去


略歴
■西郷 従道(さいごう・ じゅうどう / つぐみち)
【1843年~1902年】日本の武士。薩摩藩士。陸軍および海軍軍人、政治家。階級は元帥海軍大将。西郷隆盛を「大西郷」と称するのに対し、従道を「小西郷」と呼ぶ。文部卿、陸軍卿、農商務卿、元老、海軍大臣、内務大臣、貴族院議員を歴任した


略歴
■西郷真悠子(さいごう・まゆこ)
日本の女優。筑波大学付属高校卒業。日本大学芸術学部演劇学科に進学。大学に在学中の2018年、NHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷桜子の役を演じた。母親は林真理子の大ファンである
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる