小野寺五典 家族

小野寺五典(衆議院議員)家系・夫人


義父:小野寺信雄(気仙沼市長を務めた)
妻:小野寺信雄の娘
子共:長男、次男


■1960年5月5日、気仙沼市で生まれる。旧姓は熊谷

■趣味:テニス、スキー

■座右の銘:『一隅を照らす』

■目指す政策:『親孝行のできる地域づくり』



小野寺五典(おのでら・いつのり)略歴
日本の政治家。衆議院議員。第12代防衛大臣、自由民主党政務調査会長代理、外務副大臣
などを歴任。旧姓は熊谷。1960年5月5日、宮城県気仙沼市で生まれる。宮城県気仙沼高等学校卒業。東京水産大学水産学部卒業。1983年、宮城県庁に入庁。1990年、宮城県庁を退職し、松下政経塾に入塾(11期生)。1993年、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。1997年、衆議院宮城6区補欠選挙において初当選。著書:「一票の値段-有権者の権利が危ない! 棄権しても政治のツケは払わされる-」三天書房

長谷川元 家族・経歴(プロフィール)

長谷川元(村山市議)家系・夫人・子供


妻:あり


略歴・経歴(プロフィール)

■長谷川元(はせがわ・げん)

■日本の地方政治家で僧侶

■山形県の村山市議会議員

■自宅:山形県の村山市楯岡に在住

■所属会派は市政・公明クラブ

■所属委員会:産業厚生常任委員会

■血液型

■身長

■生年月日:昭和47年12月17日

■年齢43歳(2016年12月7日現在)

■出身地:山形県出身

■出身中学

■出身高校:山形東高等学校

■職業:村山市議会議員

■2007年に、村山市議会議員に初当選

■2011年10月、926票を獲得し、2期目の当選を果たす

■2015年10月、1092票を獲得し3期目の当選を果たす

■住居:山形県の村山市楯岡に在住

■村山市(むらやまし)は、山形県中央部にある人口約2万5千人の市。旧北村山郡及び西村山郡の一部

エルヴィン・フォン・ベルツ 子孫

ベルツ(ドイツ帝国の医師)家族・末裔


妻:戸田花子(1864年に神田明神下で生まれる。1937年死去)

息子:徳之助 (1889年~1945年)
娘:ウタ (1893年~1896年)


ハット(鳩。1916年誕生。1972年に死去)
クノー(久能。1918年誕生。1943年に死去)
ディーツ(1925年誕生。1944年に戦死)
ゲッツ(1925年誕生。ディーツと双子。二人とも1944年に戦死)


■1883年、ベルツは箱根富士屋ホテルに滞在中、女中の手が荒れているのを見たのをきっかけに、「ベルツ水」を処方した

■1964年、ベーリンガーインゲルハイム社(ドイツの製薬会社)によって、両国の医学面での親善関係を更に深めて行く目的で「ベルツ賞」が設立された


エルヴィン・フォン・ベルツ略歴
【1849年~1913年】ドイツ帝国の医師で、明治時代に日本に招かれたお雇い外国人のひとり。滞日は29年に及ぶ。長年にわたり医学を教え、医学界の発展に尽くした。1849年1月13日、ヴュルテンベルク王国のビーティヒハイム・ビッシンゲンで生まれた

太田牛一 子孫

太田牛一(武将)家族・末裔


父:尾張国春日井郡の土豪とされる

子共
・又七郎牛次(秀頼の家臣で摂津麻田藩初代藩主の青木一重に仕えた)
・小又助(丹羽家、織田信雄、秀吉に仕えた)

孫:宗古(前田利常に仕え、以来、加賀藩士として続いた)

子孫:太田直敬


■尾張国春日井郡安食村で生れたと伝えられる。通称は又助。信長、秀吉に仕えたのち秀吉の側室京極殿 (松丸殿) 付きの士となった

■『信長公記』(16巻)の著者として知られる



太田牛一(おおた・ぎゅういち)略歴
【1527年~1613年】戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。『信長公記』(しんちょうこうき)の著者として知られる。『信長公記』は、安土桃山時代の戦国大名である信長の一代記で、歴史史料である。信長の幼少時代から信長が足利義昭を奉じて上洛する前までを首巻とし、上洛(1568年)から本能寺の変(1582年)まで15年の記録を1年1巻とし、全16巻(16冊)にまとめている
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる