FC2ブログ

多川俊映 家族

多川俊映 家系・子供
(興福寺貫首)



大叔父:樋口貞俊

父:乗俊(じょうしゅん)
母:貞子(さだこ)

妻:平山美代子(鳥取県米子出身)

長男:文彦
次男:王彦(きみひこ)


■生家は代々、法隆寺の用事をする家である。法隆寺の用をつとめる家は古くから樋口、多川、芝川の3家があり、お互いに嫁や養子を取ったり、やったりして親戚だった

■1947年3月6日、奈良市の興福寺境内の子院、興善院で、父・乗俊(じょうしゅん)、母・貞子(さだこ)の三男として誕生。名前は俊文(としふみ)

■母親が42歳の時の出産であった。今でも高齢出産であるが、戦後間もない栄養不足の時代であることを考えると、超高齢出産だったといえる

■お寺の子供の生活は特別と思われがちだが、お勤めをするのは父親だけで、母親や子供たちは普通の家とほとんど変らない暮らしぶりだったという

■家は興福寺の敷地の中にあった。興福寺は明治初年から奈良公園の一部になったので、地元の人の往来もあったという

■子供のころは、取り立てて活発でもなく、内気でもなく、普通の子供だった


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


■多川俊映(たがわ・しゅんえい)
日本の法相宗の僧侶で、大本山興福寺貫首。法相宗管長。帝塚山大学特別客員教授。1947年3月6日生まれ。奈良県奈良市出身。1969年、立命館大学文学部哲学科心理学専攻卒業
スポンサーサイト

森下博 子孫

森下博(創業者)家系・子供
(森下仁丹の創業家)


曽祖父:森下家12代茂右衛門
祖父:祇園神社の宮司・大宮家に婿養子
祖母:京子(大宮家の長女)

父:森下佐野右衛門(沼名前神社の宮司)
母:佐和子

妻:丸尾花子

長女:次子(夫は川崎長蔵)
養子:川崎長蔵(川崎市左衛門の長男)


・森下泰(森下仁丹社長。参議院議員)
・森下和子(菅原通伯の妻)
ひ孫
・森下孝(森下仁丹社長を歴任)


■1869年、備後国沼隈郡鞆町(現・広島県福山市鞆町)に沼名前神社の宮司を務める森下佐野右衛門と佐和子の長男として生まれた

■祖父は森下家12代茂右衛門の3男であったが、祇園神社の宮司・大宮家に婿養子になった。ところが森下家に世継ぎが絶えたので、祖父は森下家に戻り、博の父・佐野右衛門に森下家14代を継がせた

■孫の泰の妻は山科美恵子(伯爵・山科家言の長女)である

■西宮市の苦楽園の大豪邸は一番町から五番町まで続いていたという

■1943年3月20日、兵庫県西宮市六甲苦楽園の自宅で死去した。享年75



略歴
■森下博(もりした・ひろし)
【1869年~1943年】日本の実業家、森下仁丹の創業者。広告宣伝を積極的に行って商品の名を広め、日本の広告王と称された

ロバート秋山 家族

ロバートの秋山竜次 家系・子供
(お笑い芸人)


高祖父:商売人
曽祖父:利作(米屋)
曽祖母:ユリ(回船問屋の娘)
曽祖父:山本儀一郎
曽祖母:森カイ(天草諸島で暮らす)

祖父:登一( 横尾家養子へ。天草諸島で住む)
祖父:松次(秋山組設立。旧満州に渡る)
祖母:ウタコ

父:幸重(俳優。「城春樹」を名乗る)
母:横尾登代子
弟:力也
弟:健三

妻:一歳年下の一般女性

長女:2013年誕生


■名前は「竜次」だが、3人兄弟

■お笑いトリオのロバートを組む馬場裕之とは幼稚園から高校まで同級生で仲が良かった

■父親の幸重は梅宮辰夫と共演したことがある


※参考文献『NHKファミリーヒストリー(2018年10月29日放送)』


略歴
■秋山竜次(あきやま・りゅうじ)
日本のお笑いタレント、俳優。お笑いトリオ・ロバートのメンバー。1978年8月15日生まれ。福岡県北九州市門司区出身。身長175cm、体重91kg。福岡県立門司北高等学校卒業。名前は「竜次」だが、3人兄弟の長男(弟2人)

仙谷由人 家族

仙谷由人 家系・夫人・子供
(第78代内閣官房長官)


父:裁判所の職員
母:徳島高等女学校の教師
妻:
子供:息子


■自身の家系について、仙谷は「徳島で江戸時代から続いた商人」と述べている

■仙谷が生まれる前には、大々的に展開していたという仙谷家の商売は傾いてしまっていたという

■同じ徳島の先輩の後藤田正晴(警察庁長官、官房長官歴任)は、仙谷由人のことを将来楽しみな政治家だとかっていた

■柚木道義衆議院議員は初当選前に仙谷由人にフォローしてもらったが、メールをしたら直ぐに返信がきたとう



略歴
■仙谷由人(せんごく ・よしと)
【1946年~2018年】日本の政治家、弁護士。1990年の土井ブーム時に日本社会党から当選し、社民党、旧民主党を経て衆議院議員を6期務めた。内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、国家戦略担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官(第78代)、法務大臣(第86代)、拉致問題担当大臣、民主党代表代行などを歴任した。2018年、肺がんのため、東京都内の自宅で死去。72歳没

吉川貴盛 家族

吉川貴盛(衆議院議員)家系






長男:吉川隆雅(北海道議会議員)


■2018年、農林水産大臣(第4次安倍改造内閣)に就任

政策
■幼児教育・保育の無償化を実現し、学童保育、専修学校の充実、高等教育の負担軽減など子育てを応援します

■経済の好循環をさらに発展させ、可処分所得の増加を目指します

■すべての産業が元気になる北海道をつくります

■弾道ミサイルなど国外からの脅威に対する防災機能の強化と、毅然とした外交交渉を推進します


略歴
■吉川貴盛(よしかわ・たかもり)
日本の政治家。衆議院議員。農林水産大臣。自民党経理局長。自民党道連会長。麻生内閣で経済産業副大臣。福田改造内閣で経済産業副大臣などを歴任。1950年10月20日、東京都生まれ。生後まもなく北海道余市郡余市町に移り、少年時代を過ごす。北海道日本大学高等学校を経て日本大学経済学部を卒業後、鳩山威一郎・鳩山邦夫の秘書を務めた。1978年に北海道議会議員に初当選し、その後、3期務めた。1996年、衆議院議員に初当選
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる