FC2ブログ

大坪清 家族

大坪清の家族・家系
(レンゴー社長)



曽祖父:伊万里の大坪から大阪に
父:食品問屋で丁稚奉公後に独立
母:

妻:

子供


■大坪は1939年3月15日、大阪の豊中で誕生。男4人、女3人の7人きょうだいの真ん中。次男坊である

■磁器で知られる佐賀県伊万里市に大坪という地名がある。400年ほど前に『古唐津』の窯 跡(かまあと)などが残る古い街で、大坪家はこの土地から曽祖父の代に大阪に来たという

■父親は江戸期以来の豪商として知られる大阪の加島屋の流れをくむ食品問屋で丁稚奉公をした後に独立

■大坪は子供の頃から算数だけは得意であった

■高校・大学時代はバレーボールに明け暮れ、勉強は疎かなままだったが、数学はずっと好きで、レンゴーでもホワイトボードに微分・積分の式を書いて説明をすることもあった


【参考文献】
『私の履歴書(日経新聞2020年3月)』


略歴
■大坪清(おおつぼ・きよし)
日本の経営者。住友商事代表取締役副社長。レンゴー代表取締役会長兼社長を歴任。関西経済連合会副会長、日本製紙連合会副会長、凌霜会理事長など歴任。1939年3月15日、大阪府豊中市で生まれる。神戸大学経済学部卒業
スポンサーサイト



樂直入 家族

樂直入の家系・子供
(陶芸家・15代樂吉左衞門)



大叔母:有馬家に嫁ぐ
曽祖父:弘入(こうにゅう)

祖父:惺入(せいにゅう)
父:覚入(かくにゅう)
母:和子(実家は京都の味噌造)
妹:有喜子

妻:庄司扶二子(実家は鳥取県境港)

長男:篤人(第16代吉左衞門)
次男:雅臣


■樂直入は1949年に生まれる。樂家は代々吉左衞門の名を継ぐ。代を譲ると『入』の付く名に改める

■樂直入は1981年に十五代吉左衞門を襲名した

■2019年7月8日。長男と区役所に赴き、裁判所から改名の許可書を提出し戸籍を変更。『吉左衞門』ではなく『直入』となった

■母・和子の実家は京都・下京の味噌造りの老舗。4人姉妹の長女で、柳のようなしなやかさと芯の強さを兼ね備えた人であったという


【参考文献】
『私の履歴書(日経新聞2020年2月)』


略歴
■樂直入(らく・じきにゅう)
日本の陶芸家。樂家十五代当主。公益財団法人樂美術館理事長館長。公益財団法人佐川美術館名誉顧問。財団法人頴川美術館理事。昭和24年3月26日、生まれ。東京芸術大学彫刻科卒業。イタリア留学 ローマ アカデミアにて学ぶ(2年)

素野福次郎 家族

素野福次郎の家系・子供・子孫
(TDK株式会社3代目代長)



祖母:武藤家の女中頭
叔父:湯沢幸吉郎(国学者)
父:福三郎(水道工事店を営む)
母:千葉県の鶴舞の出身

妻:順(父親が鐘紡に勤務)

一人娘:英美(昭和24年生まれ)


■明治から大正へ年号が変わって1ヶ月もたたない大正元年8月、神戸で生まれた。筒井町という、阪急電車の終点の町でどちらかというと下町

■父親は職人で水道工事店を営んだ。河内の八尾出身で明治37、8年の日露戦争に従軍し203高地攻撃に決死隊として参加した。その功により勲8等功7級に叙せられた

■母親は結婚前に、津軽家の東京のお屋敷に行儀見習いに行き、その後、鐘紡の武藤山治社長のお宅で奉公をしていた。母方の祖母が武藤家の女中頭をしており、武藤夫人が母と同じ千葉県の鶴舞の出身というご縁があった

■素野は小さい頃から、武藤山治に可愛がられた



【参考文献】
『私の履歴書(経済人24)』


略歴
■素野福次郎(その・ふくじろう)
【1912年~2004年】日本の経営者。TDK株式会社3代目代長。バラ愛好家としても知られた。神戸高等工業学校を中退し、鐘淵紡績に入社。1937年に当時従業員4名だった東京電気化学工業(現TDK)に入社。1969年、社長に就任

鈴木茂晴 家族

鈴木茂晴 家系・子供
(大和証券グループ本社CEO)



祖父:臨済宗円覚寺派の玉泉寺

父:信次(国鉄の技師)
母:玲子(横浜出身。旧姓も鈴木)

妻:祥子(大和証券営業本部にいた)

娘:鈴木凛(歌手・タレント)


■昭和22年(1947年)に岡山県で生まれる。団塊の世代のど真ん中で子供だらけであったという

■兄が早世しており、実質長男として育てられる。弟が2人、妹が1人いる

■父親・信次は横浜にある臨済宗円覚寺派のお寺、玉泉寺の次男

■母親・玲子も横浜の出身で旧姓も鈴木。鈴木同士の結婚だが、親戚同士であった

■4歳の頃、父が国鉄大阪工事局に転勤になり、京都の官舎に転居


【参考文献】
『私の履歴書(日経新聞2020年1月)』


略歴
■鈴木茂晴(すずき・しげはる)
日本の経営者。大和証券グループ本社取締役兼代表執行役社長CEO。大和証券代表取締役社長。日本証券業協会会長。慶應義塾評議員。1947年4月17日、岡山県で生まれる。京都府京都市出身。京都府立洛東高等学校卒業。慶應義塾大学経済学部卒業

澤部肇 家族

澤部肇 家系・子供
(TDK6代目社長)



父:政直(王子あたりの地主の長男)
母:登美子(実家は外科の開業医)

妻:遼子(TDK社員)

子供:長女、次女

孫:190cmのラガーマンがいる


■澤部は1942年1月、東京で生まれた

■父・政直は東京の北、王子あたりの地主の長男で母・登美子は外科の開業医の家に生まれた四女で、両親ともに裕福な家庭で育っている

■厳しく叱られることはなく可愛がられて育ったという

■大空襲で家は焼け、戦後は父の妹の嫁ぎ先から杉並の小学校に通った

■小学校6年生から軟式テニスを始める


【参考文献】
『私の履歴書(日経新聞2019年12月)』


略歴
■澤部肇(さわべ・はじめ)
日本の経営者。TDK株式会社6代目社長。荏原製作所取締役。報酬委員会委員。1942年、東京都で生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業、東京電気化学工業(現TDK)入社。経営企画室副部長、記録メディア事業本部欧州事業部長、取締役記録デバイス事業本部長を経て、1998年社長に就任。2006年まで社長を務める
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる