FC2ブログ

樋口廣太郎 家族

樋口廣太郎 家系・子供
(アサヒビール中興の祖)



祖父:京都で布団店
父:徳次郎(布団店)
母:きみ
妻:あり
子供:あり


■1926年(大正15年)1月25日 、京都市上京区出町で、父・徳次郎と母・きみの長男として生まれた

■生家は、小さな布団店だったが、曽祖父の代までは琳派(りんぱ)の流れをくむ20代続いた『塗師半』という漆器商だった

■その意味で、樋口は生粋の商人、それも伝統ある近江商人の系譜に連なる

■少年時代は相当なガキ大将だったという

■祖父の代から布団店だったが、仕入れて売るのではなく、自分たちで作った布団を売った。跡取り息子の廣太郎は、子供の頃から父親の接客を見て育った

■父親に「嘘を言わないこと」「正直であること」「わからないところにいいものを使う。これが商売の原点」と教わったとう


※参考文献『松下幸之助と樋口廣太郎』プレジデント社(著書:皆木和義)


略歴
■樋口廣太郎(ひぐち・ひろたろう)
【1926年~2012年】日本の経営者、銀行家。アサヒビール中興の祖。経済団体連合会副会長。1926年1月25日生まれ。京都市出身。 京都大学経済学部卒業、住友銀行入行。副頭取を経て、アサヒビール代表取締役社長。著書:『樋口廣太郎 わが経営と人生―私の履歴書―』『挑めばチャンス逃げればピンチ』『前例がない。だからやる!』『つきあい好きが道を開く』など
スポンサーサイト

横川竟 家族

横川竟 家系・子供
(すかいらーく創業家)


祖父:下級武士出身。諏訪郡四賀村長
祖父:庄屋。村長
叔母:四賀村の郵便局長

父:代用教員。満州開拓団の横川中隊

長兄:端(ただし)
次兄:亮(たすく)。茅野という伯母の養子に
弟:紀夫

妻:

子供:


■1937年11月1日、長野県境村(現・富士見町)で男4人、女1人の5人兄弟の3男として生まれた

■父親は理想主義者で、地元の代用教員をしていたが、『このままでは日本が心配』と国を思い満州(中国東北部)の開拓団に加わると決意。政府から資格を得て、250人の『横川中隊』を結成した

■昭和19年、横川竟が小学生に上がる頃、父親は腸チフスで突然亡くなった

■父親が亡くなると、家族全員で母親の実家に転がり込んだ

■小学校3年生の時から地元の夕刊紙の配達をした


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』



略歴
■横川竟(よこかわ・きわむ)
日本の実業家。すかいらーく創業者の一人であり、同社の代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者を務めた。きわむ元気塾会長。高倉町珈琲会長。1937年11月1日、長野県境村(現・富士見町)で生まれた

サラ・カサノバ 家族

サラ・カサノバ 家系・夫・子供
(日本マクドナルド社長)


父:マクドナルドのビッグマックが好き
夫:アメリカ人


■サラ・カサノバはカナダ出身

■小さい頃の夢は競泳選手としてオリンピックに出場することと、マクドナルドで働くことであった

■競泳の練習の帰りによくマクドナルドによった。父親はよくビッグマックを注文していた。サラ・カサノバも欲しいと言ったが、父親はまだ小さいから駄目となかなかビッグマックを注文してくれなかったという

■夫とはロシア駐在中に知り合い、国際結婚した

■お客様の声を直接聞くことをモットーとしている。「えびフィレオ」、「メガマック」、「クォーターパウンダー」をヒットさせている



略歴・経歴(プロフィール)
■サラ・カサノバ
カナダ出身の女性経営者。日本マクドナルドホールディングス株式会社、日本マクドナルド株式会社代表取締役社長兼CEO。1965年4月6日生まれ。カナダ出身。グエルフ大学商学部ホテル食品管理学科卒業。マックマスター大学経営修士課程修了。マクドナルド カナダに入社

堀口ミイナ 家族

堀口ミイナ(美奈)家系
(タレント)



父:日本の外務省官僚
母:トルコ人


■トルコ共和国イズミル出身

■日本とトルコのハーフ

■日本人およびトルコ人、スペイン人、中国人などの血を引く

■日本語、トルコ語、英語、スペイン語、中国語の5言語を話す

■コンビニで働いた経験がある

■身長160cm

■堀口語録
「私が勝負服で真っ先に思いついたのが浴衣です。だって日本の文化って素敵じゃないですか」

「彼にカリフォルニア州のナパに連れてってもらいました。ワインの一大産地であるナパのワイナリーを巡って直接生産者のお話も聞けて大満足です」

「私はお酒はもちろん世界のお料理も大好きなんです。言葉がわかるとメニューが読めたりもするし、やっぱり入ってくる情報の数が違います。友達もグローバルになるので単純に視野が広がりますよね」



略歴
■堀口ミイナ(ほりぐち・みいな)
日本の女性タレント。1990年9月28日生まれ。トルコ共和国イズミル出身。イスタンブール・ インターナショナル・コミニュティ・スクール卒業。2013年に早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科卒業。三菱商事に勤めた。タレントとして活躍

鍵山秀三郎 家族

鍵山秀三郎 家系・子供
(イエローハット創業者)


父:孝三郎
母:かなゑ

妻:一般人

子供:2人


■1933年8月18日、東京都千代田区に父、孝三郎、母、かなゑの元、三男二女の末っ子として生まれる

■両親は、恵まれない生い立ちから上京し、営々と努力を重ねた末、ようやく人並みの生活を送ることが出来るようになった

■しかし昭和20年3月の東京大空襲で、両親が築き上げた生活基盤は全て失う。行く当てもなく、岐阜県の山奥での疎開生活を余儀なくされる

■父親はそこで農家の人が見放した荒れ放題の畑を借りて農業に従事した

■母親は近隣農家の手伝い。過酷な重労働に一日中従事。手にする報酬はわずかにお米一升であったいう

■過酷な状況であったが、両親は愚痴をこぼすことはなく、5人の子供は、両親の愚痴を一度も聞いたことがなかったという

■鍵山は厳しい生活環境だったにもかかわらず、両親の生活態度にはうろたえるところがなく、与えられた環境の中で生き抜いた姿がいまでもまぶたから離れないという


※参考文献『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方』


略歴
■鍵山秀三郎(かぎやま・ひでさぶろう)
日本の実業家。株式会社イエローハット創業者。創業以来続けている「掃除」が世間の評判を呼び、のちに掃除運動が内外に広がった。1933年8月18日、東京都千代田区で誕生
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる