シャルル・ド・ゴール 子孫

シャルル・ド・ゴール 家族・家系


曽祖父:ルイ16世の法律顧問
祖父:ジュリアン(著名な歴史学者)

父:アンリ(イエズス会学院の校長)

妻:イボンヌ

子供
長男:フィリップ(仏海軍提督)
長女:エリザベート
次女:アンヌ(19歳で死去)


■ド・ゴールの家系は下級貴族で、フランス北部の工業都市リールに生まれた

■父親のアンリは医学・理学・文学の3つの博士号を持つ碩学で、イエズス会学院で歴史科を教えた

■イボンヌ夫人は、世界のファースト・レディの中でも一流の人であったと、ニクソン(第37代アメリカ合衆国大統領)は評価している

■長男のフィリップはド・ゴールが持っていた古き良き時代の礼儀作法、キリスト教的な価値観、女性への敬意、家庭を重んじる態度を引き継いだ。父親に似たフィリップは、戦争中、自由フランス軍に属して勇敢に闘う。フランス海軍提督に登りつめた


略歴
■シャルル・ド・ゴール
【1890年~1970年】
フランスの陸軍軍人、政治家。フランス第18代大統領。戦後すぐに首相に就任した後、1959年には大統領に就任して第五共和政を開始し、アルジェリア戦争によって混乱に陥っていたフランスを立て直した
スポンサーサイト

加計孝太郎 家族

加計孝太郎(加計学園)家系・子供


父親:加計勉(加計学園グループ創始者)
息子:鹿児島大学獣医学部出身


■安倍総理とは南カルフォニア大学留学中に顔見知りになり、それ以来40年以上の付き合いがある。家族ぐるみの付き合いをしており、安倍総理は加計孝太郎のことを「腹心の友」と呼ぶ。加計の方が3歳上で、「晋ちゃん」「加計さん」とお互いに呼んでいる。二人はゴルフも会食もよくする


■腹心(ふくしん)の意味
・腹心とは、どんなことでも打ち明けられて、相談できること。深く信頼できること


略歴
■加計孝太郎(かけ・こうたろう)
日本の教育者。学校法人経営者。学校法人加計学園理事長・総長、広島加計学園長、フィンドレー大学理事。岡山北ゴルフ倶楽部理事。特定非営利活動法人日本・ミャンマー医療人育成支援協会顧問。岡山県国際交流協会理事。広島県出身。立教大学文学部卒業

■加計学園グループ(かけがくえんグループ)は日本の学校グループ。グループ内で最初に設立された学園である岡山市北区理大町の加計学園(設立者:加計勉)に端を発する事から、このように呼称される

小室圭 家族

小室圭(奥野総合法律事務所)家系


父親: 故人(小室が幼い頃に病死)
母親
兄弟
姉妹

妻:眞子さま(秋篠宮様の長女)と結婚予定


■自宅:神奈川県横浜市港北区に在住

■TOEIC:950点

■2014年6月 国際基督教大学卒業

■大学在学中にアメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ留学している

■また都内の塾で講師のアルバイトをし、中高生に英語を教える他、自宅近くのフランス料理店でアルバイトをした

■大学卒業後、都市銀行に勤務

■奥野総合法律事務所・外国法共同事業(東京・中央)に勤務する傍ら、一橋大大学院の国際企業戦略研究科に在学し、経営法務を専攻

■趣味:料理、バイオリン、スキー

■将来の夢:『外交に携わる』


略歴
■小室圭(こむろ・けい)
高校時代までインターナショナルスクールに通う。大学時代には、神奈川県の藤沢市観光協会が主催する2010年度の「湘南江の島 海の王子」として各地で行われる観光キャンペーンなどで活躍した

■株式会社三菱東京UFJ銀行(みつびしとうきょうユーエフジェイぎんこう)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の完全子会社で都市銀行である。2017年5月、銀行名を2018年4月1日を目途に、現在の「三菱東京UFJ銀行」から「三菱UFJ銀行」に変更することを発表した

ネルソン・マンデラ 家族

ネルソン・マンデラ 家系・子供
(南アフリカ共和国の政治家)



曽祖父:土地を寄付

実父:ヘンリー(テンブ族族長)
実母:ノンクアフィ


・エブリン・メイス(1944–1957 離婚)
・ウィニー・マンデラ1958–1996 離婚)
・グラサ・マシェル(1998–2013)

子共
・テンビ
・マクガト
・マカジウェ
・ゼニ(ソブフザ王の息子と結婚)
・ジンジ


■1918年7月18日、コサ系のテンブ族族長、ヘンリー・ガドラ・マンデラと、その妻・ノンクアフィの間に生まれた。姉が3人いる

■両親は、ロリササというコサ語の名前をつけた上に、イギリスの海軍提督ネルソンから名前をつけた

■曽祖父はキリスト教の学校をたてるために土地を寄付しており、そのことをマンデラは誇りにした

■娘のゼニはスワジランドのソブフザ王の息子であるツンブムジ・ドラミニ王子と結婚する。この2人の間に3人の子供が生まれる

■テンビ、マクガト、マカジウェの子供たちも加えると、マンデラは孫が沢山いる


※参考文献『ネルソン・マンデラ』(佑学社)著者:メアリー・ベンソン


略歴
■ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ
【1918年~2013年】南アフリカ共和国の政治家、弁護士。大統領(第8代)、南アフリカ共産党中央委員、アフリカ民族会議議長(第11代)、下院議員(1期)などを歴任

エジソン 子孫

トーマス・エジソン 家族・子供
(世界の発明王)



父:サミュエル・オグデンJr.
母:ナンシー・エリオット



・メアリー・スティルウェル(1871- 1884)
・ミナ・ミラー(1886-1931)

子共
・トーマス・エジソン・ジュニア
・ウィリアム
・マリオン
・チャールズ(政治家)
・セオドア(発明家、環境活動家)


■1847年2月11日、アメリカのオハイオ州ミランで7番目の子供として生まれた。ミランはアメリカの東北部、カナダとの国境にある五大湖の一つ、エリー湖の近くの町である

■6歳の時に、父親の小屋を焼いてしまい、その罰として父親に広場で、鞭で打たれたことがある

■息子のチャールズは、1940年にアメリカ合衆国海軍長官代行を、1941年から1944年まで第42代ニュージャージー州知事を務めた


※参考文献『エジソン』(小学館)文:西沢正太郎


略歴
■トーマス・アルバ・エジソン
【1847年~1931年】世界の発明王。アメリカの発明家、起業家。生涯におよそ1300もの発明と技術革新を行った人物である。蓄音器、電灯、映画の撮影機、レコード、電気ペン、四重電信機、タイプライターなどを発明した
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる