fc2ブログ

土光敏夫 子孫

土光敏夫 家系・家族・子供
(経団連第4代会長)



父:菊次郎(岡山で農業、肥料仲買商を営む)
母:登美(日蓮宗に信仰が厚かった。横浜市鶴見区に橘学苑を開校した)

妻: 直子(石川島時代の上司・栗田金太郎常務の長女で佐賀藩士の家系)

子供は二男三女
長男:陽一郎(石川島に勤務)
長女:満寿子
三女:立子

従兄弟:舩橋求己(3期10年にわたり京都市長を務める。岡山市出身)
従兄弟:伏見格之助(2代目東大阪市長(在任:1970年- 1982年。3期)

甥:土光文夫


※明治29年9月15日、岡山県の大野村(現・岡山市北区)で三男三女の次男として生まれた。長男の英太が一歳で病死したので敏夫が実際上の長男となった。

※父・菊次郎は中の下ぐらいの農家であったが、腕を痛めたことから農業をやめ、米、肥料などの商いをはじめた。

※母・登美の実家の伏見家は、もともと京都の神官の出であったが、岡山へ来て池田藩の家臣となった。母の父・義三郎は池田の殿様について、参勤交代でよく江戸へ上がったり、下がったりしていたという。


参考文献
・『わが心を語る 日々に新た(東洋経済)』
・『私の履歴書』


関連サイト
土光敏夫語録集(経営編)http://bit.ly/ArNdyD


略歴
■土光敏夫(どこう・としお)
【1896年~1988年】東芝元社長。石川島重工業(現IHI)元社長。経団連第4代会長。岡山県生まれ。東京高等工業(現・東京工業大学)卒。同年東京石川島造船所に入社。昭和25年石川島重工業社長。昭和40年東京芝浦電気(現・東芝)社長。昭和49年経団連第4代会長に就任。昭和56年第二次臨時行政調査会会長。昭和58年行革審会長。横浜市鶴見区の自宅から社長時代もバスと電車で通勤していたといわれる。91歳で没。著書に「経営の行動指針」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

舩橋求巳、伏見格之助は甥ではなく、従兄弟です。僕の父も従兄弟なので本当です。

Re: No title

> 舩橋求巳、伏見格之助は甥ではなく、従兄弟です。僕の父も従兄弟なので本当です。


貴重な情報を頂きまして有難うございます!「私の履歴書」を参考にしたので間違いはないかと思いましたが、速やかに修正いたします。今まで間違って掲載しており失礼いたしました。

ブログ運営者
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる